LIFEBOOKの親指シフト設定を変更

ここのところ少々無理が続いたことによってか、体調を崩して2日間横になっていました。

結構睡眠を取ったことによって、だいぶ疲労が取れてきた感じで、夜になってから日常生活に戻ってきました。

少し前に、久しぶりに導入したWindows Note PC。Windows Noteの導入をいまだに考える理由は、親指シフトキーボードを搭載するNoteは今のところFujitsu社しか出しておらず、今はWindows OSしか搭載していないから。

FUJITSU LIFEBOOK S762-F 親指シフトキーボードモデル
FUJITSU LIFEBOOK S762-F 親指シフトキーボードモデル

今回は面倒を避けるため、標準の親指シフトドライバ + FUJITSU Japanist 2003(IME)の組み合わせにしています。この組み合わせは入力や変換のトラブルはほとんどないのですけど、変換の性能が現代のソフトウエアと比べてかなり低いといえます。ATOK 2014やGoogle日本語入力だと、最近の人名や時事ネタなども変換してくれますが、Japanist 2003ではさすがに無理。

ということで、今回はATOK 2014を標準の組み合わせと同等に使うべく、構成を変えました。

まず、ドライバを親指シフトキーボード用から、標準の日本語キーボード用に変更します。これで、私のS762/FもただのWindows NOTE PCとなり、このままでは親指シフト入力はできません。

そこに、現在フリーソフトとして公開されているやまぶきをインストールします。配列の定義として、NICOLA-F.yabを選択すると、この状態で親指シフト入力が可能となります。この方式であれば、Japanist 2003同様、~や「」も普通に入力できるようになります。あとは英文への切り替えや変換の仕方、Backspaceキーの挙動などをATOK 2014のツールで定義し直せば、使い勝手が標準のドライバ + Japanist 2003とさほど変わりない上に、最新の変換能力を手にすることができます。Macではすでに実現できていることですが、ノートPCのキーボードでそのまま快適に親指シフト入力ができるところが、S762Fのいいところですね。

せっかく導入してもS762/Fを使う機会はほとんどなかったのですが、今回のカスタマイズで日本語入力のスペックがMacと同等となったので、各サイトのコンテンツ管理に投入できるようになったと思います。

しかし、有志の方々の情熱は大変すばらしいです。おかげで私もその恩恵に預かれて、快適な日本語入力を続けることができているのですから。本当に感謝の言葉しかありません。

こちらはうまく行きました。が、もう一つ私を悩ませていること。Trek Émondaの前後ホイールです。今日17mmのハブスパナが届いていたので調整してみたのですが、片側は分解できるものの、片側が固着していて、ベアリングへのグリスアップができません。なので、それを諦め、締め込んでみたのですが、がたつきは取れず。

フロントのがたつきはとれませんでしたね
フロントのがたつきはとれませんでしたね

リアはベアリングがガラガラいってますが、まだ体調が万全ではないので、今日は諦め。というか、専門家に頼まないと解決できないレベルのようです。パーツ交換が必要とかになれば、もしかしたら安価でも新品のホイールを探した方がいいかもしれません。

しかし…。やっぱりS762/Fのキーボードは打ちやすいです。変換精度も各段に上ですし、不便さがありません。最近iPadを入れたので、mac/pcを起動する機会自体もだいぶ減っている気がするんですが、まとまった日本語を入力するのはiPadでは無理。やはり貴重な存在となってくれそうです。

2件のコメント

  1. こんばんは。日々の激務お疲れさまです。

    うーむ…やはり道具は馴染むのが難しい>と言いますか。
    何でもそうですけど、手をかけるほどに愛着も増すわけですよねぇ。

    キーボードの方はさっぱり(?)なんですが、少数派にも救い主はいらっしゃるわけで(笑。

    Émondaの前後ホイール>まだ本調子では無さそうですねぇ。
    ベアリングのガタはあまり経験が無いんですが、最近は安いホィールセットも出ているし、先の事を考えると新品の方に行くかも…。

    コレまた、悩ましい事案でもありますね。コストとのバランスって難しいです。

    1. sadaさん。こんばんは。
      この1年は結構ハードワークが続いていたこともあって、ちょっと体調的に破綻をきたしているところがあります。何ごともバランスが必要ですね。

      キーボードで親指シフトキーボードを使っている人の割合は非常に少ないとは思いますが、SNSも普及してきて、私が思っていたよりははるかに多くの人が親指シフトキーボードを使っているのだということが分かってきました。Facebookなどの集まりを見ると、最近参入してきた方も多いようです。
      製品自体まだ作られていますし、本当に助かっています。
      今日、新宿の自転車屋さんで新品のホイールも見てきましたが、かなり低価格のものからありますね。私が使うものではないので(笑、安いホイールに交換、という形になるかもしれません。
      自分用にもう少しいいのを買って、自分の使っていたのを回す…というのも考えたのですが、ほかにもほしいものがあるし、なかなか難しいところです(苦笑。

ただいまコメントは受け付けていません。