日本初の世界チャンピオン

日本初のボクシング世界チャンピオン、白井義男さんが26日、80歳で亡くなられたそうだ。
私は運動神経が鈍かったためもあって、格闘技に関しては人一倍興味が強かった。

白井さんについて私が知ったのは、1980年に私が購入した『ものしりクイズ 大事典』に「日本のボクシング史にのこる初の世界王者!!」と紹介されているのを見たときだった。タイトルを奪取したのが昭和27年とのことなので、戦後の日本を元気づけた代表的な日本人の一人だということができるだろう。
白井義男さんのご冥福をお祈りいたします。