自信つけるにはよいバイク

Cannonade Judge号も前回のプチ復活から5ヶ月。シフトケーブルもシートポストクランプもProphet号に奪われて、長らく放置状態になっていましたが、アウターケーブルの長さがちょうど残っていることが分かったし、crankbrothersのシートポストクランプも手に入ったので、乗れる状態に復活させました。

Cannonade Judge 2007 Team Replica
Cannonade Judge 2007 Team Replica

リアシフターが復活しているので、プチ復活のときよりはマシになりましたが、やはり町乗りには重い状態なわけです。何しろ、2.6インチのチューブレスタイヤがまた重くて。

2.6インチのチューブレスタイヤは重いです
2.6インチのチューブレスタイヤは重いです

でもまあ、せっかくJudge号で出てきたので、SpicyやProphetでは勇気が出なかった例の階段へ。

この階段は裏山より緊張する…
この階段は裏山より緊張する…

この階段、垂直に進入できればいいのですが、細い道から左に曲がって入ること、↑でSpicy号を立てかけている岩があることなどから、どうしても若干斜めに入る感じになります。どうしてもこれ、勇気が湧かなかったです。

その他の階段はロングストロークだけあって、非常に滑らかな感じで下りてしまいます。

武蔵野園さん前で、今年走り納めというTrail-Sさんにお目にかかったので、一緒に階段や坂道を練習しました。

一気に駆け下り
一気に駆け下り

この階段なんかは、振動が滑らかで速く抜けてしまいます。

御供米橋に続く階段
御供米橋に続く階段

この御供米橋に続く階段も久々に下りてみましたが、全く問題なさそう。Trail-Sさんもいるし、最初に諦めた、最も段差の大きい階段にもチャレンジしてみようかな、と思いました。

一番ゴツイ階段
一番ゴツイ階段

勇気を出して最初の一段を乗り越え、前輪を落としてみたら、無事に下まで行けました。もしかしたら(精神的に)このまま行けなくなってしまうのかな、とも思ったりしましたが、今年中に久々にクリアできて気分も上々です。まあ、バイクのおかげなんでしょうけど、自信復活できました。

以前はRize号とかでも下りていたので、できればProphetやSpicyでもクリアしたいところですが、まあ、ヨシとしたいと思います。

バイクのおかげですが、とりあえず自信復活
バイクのおかげですが、とりあえず自信復活

Trail-Sさん、走り納めで私のチャレンジに付き合っていただいてありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

“自信つけるにはよいバイク” への2件の返信

  1. おぉ、久しぶりにJudge号を見たような? こんにちは。
    やはり、(↑)のスペックは安心感が違いますね。確かに、ぶっといタイヤは移動がちょっと・・ですけど(笑。

    しかし、そちらの階段はヘビーですな(苦笑)。途中で滑ったらもぅ、リカバリーは無理そうで・・私だったらもぅ、あっさり骨折>病院通い>な、パターンかと。

    この時期、すっかり葉が落ちて見晴らしが良いんですが…早くも春の到来が待ち遠しい昨今でもあります。

    来季もまた、お互い気を付けてライドを楽しみましょね。良いお年を!

    1. sadaさん。こんばんは。

      一つ前の2006 Team Replicaのころは、Judgeを通勤に使っていたりもしたんですけど、Maxxis High Roller 2.5だと10kmもなんとか通勤圏内という感じでした(苦笑。

      でも、このMichelinの2.6はちょっとキビシイ(笑。Maxis High Roller 2.5に換えたい気がします。

      この階段はかなり怖いです。今日はProphet号でチャレンジしましたが、一瞬ヒヤッとする場面もあり…。この時期湿って滑る可能性もあるので(跳ねる上に滑る…)、注意が必要ですね。でも、Rize 2009ならリアの吸着感(?も抜群だし、大丈夫のような気がします。

      来期もお互いに無理なく楽しみましょう。良いお年を!

コメントは受け付けていません。