気をつけねば

先日、新宿区で路面に埋まった、道路の分岐を示す反射板に突っ込んで、転倒したことを書きました。

事故後10日を経たところですけれど、症状が重かった左肩、右手首は未だ癒えません。特に左肩の症状は、日常生活にかなり影響を与えています。着替えも、リュックを背負うのも大変です。反省することしきりです。

以前、右肩の肩鎖関節損傷を起こしたときと同様の「肩鎖関節が緩いような」感触はありますが、以前が肩の真横から落ちたのに対し、今回は背中側を着地したこともあってか、若干後方に痛みがあるようにも感じられます。その後も自転車での移動を続けていますが、障害物を乗り越えようと前輪を持ち上げるだけで激痛がしますので、しばらくはのんびり走りたいと思います。

事故の翌日はProphetに乗り換えて走りましたけど、この日は迂回をしました。しかし、どういうものにどうひっかかったのか、よく確認していなかったので、迂回路から事故現場に戻って確認することにしました。

連続する尖った突起に…
連続する尖った突起に…

この場所を撮影する直前、速度こそ遅かったもののシティサイクルの女性が乗り上げてバランスを崩していました。これ、意外に見えないのですよ。特に高速で走るロードバイクだと、一瞬でも意識がほかのことに向くと命取りです。この日は、前の交差点と信号をチラッと観たのが失敗の原因でした。ロードバイクは前傾が強いこともあります。カスクが視界を遮らないよう、少し頭を上げたのかと思います。

こういうものはきっと普通に路面に設置されているのでしょうが、かなり危ないものだな、と思いました。

その後も、その日の気分にはよりますが、ここは数回通過しています。当然ですが、あんなことがあったのでこの場所に対しては強い意識を持っているのですけど…。土曜日の夜もここをProphetで通過しましたが、その後まもなくこの場所で大きな事件があったことをニュースで知りました。まさか、交通トラブルで人を轢くなんて。

昔からこの場所、道の分岐が複雑で、自転車で走っているとよくほかの車両からクラクションなどを鳴らされていました。本当は右に大きく曲がると青梅街道をまっすぐ行けていいのですけど、自転車は二段階右折が必要です。このため私の場合は直進して方南通りに進むようにしています。人によっては車と一緒にそのまま右折したりする人もいますが、車からみたら危なくてしようがないと思います。

それに加えて、今はこの場所で工事をしていることもあり、大ガードの交差点から車道を歩いてくる人もいたりすると思います。左側に分岐する道にはたまに人がいたりしますね。

私のような自転車はもちろん、今回は歩行者対トラックだったということで、結構トラブルになりやすい要素がいっぱいある交差点だと思います。

現在の都知事は自転車を活用できる都市を目指されていると思いますが、都内は自転車が走るには危ないところだらけです。今後もこの交差点は通らねばなりませんが、気をつけて、気を遣って走らねば…と思います。

その後Addictは購入後初めてフレームを掃除しましたが、チェーンステーは結構傷がありますね。今回付いたものか、元からついているものかわかりませんが、今後走って問題がありそうな大きな傷はありませんでした。掃除した次回の走行でまた雨が降って汚れたんですけどね(笑。

4件のコメント

  1. こんにちは・・なるほど、道路の埋め込み反射板だったんですね、転倒の原因は。
    確かにココ、転倒すると危険極まりないですね。よくぞご無事で・・。
    でも、大きな事故もあったということで。ホント、危ないですねぇ・・。

    仰るとおり、MTBをだと転倒まではいかない気もしますが、ロードだとひとたまりも無いですね。
    日本の道路は昔から”車ありき”で突っ走ってますので・・。
    今後、自転車ゾーンの整備はあると思いますが、さて・・・(悩。

    お体、回復はまだ先のようですが・・ご自愛なさいますように。

    1. sadaさん。お返事遅くなりました。
      そう、事故の原因は入口から末広がりになっていくこの反射板でした。
      入口からとがっているんで、気がついたら進入してた…っていう感じでしたよ。
      その後、嫌な事件があったあと1回だけ走り抜けてみましたが、さすがに意識してしまいましたね。
      実際にたんこぶができていたのが、カスクの位置より下にあったので、今回の事故ではカスクはほとんど役に立たなかったような感じですが、カスクの下に帽子をかぶっていて、バイザー側を後ろに向けていたので、完全に直接ぶつけたわけではなさそうです。
      この頭のたんこぶもなかなか治りませんでしたが、左肩鎖関節部分は未だに横になるのもきつい感じです。
      しばらくは自転車を完全に楽しむことも難しそう…。

  2. こんばんは。
    この反射板では、ロードは厳しいですね。
    私はラバーポールに足を引っかけて救急車で運ばれました….
    怖くて7年ぐらいその道は通らなかったです(笑)
    車道には危険が一杯ありますので、お互い気をつけましょう〜。

    回復が長引いている様ですが、ご自愛くださいませ。

    1. Paraさん。こんばんは。お返事が遅れました。
      もう気がついたらバランスを崩していましたね。

      ラバーボール、危ないですねぇ。2013年の頭だったか、Rize号で車止めに突っ込んで怪我をしたことがありますが、ロードはスピードが速いですからねぇ。

      本当に、車道には危険がいっぱいのようです。より注意深くなりました。

ただいまコメントは受け付けていません。