このまま居着くか

今年に入り、わがmac os x snow leopard serverの調子が悪く、何度もストップして困っていたのですけど、いったん外にクラウド型のVPSを借りて移設してみました。

さすがに単体のmac miniよりパフォーマンスがいいかというと微妙なところもありますが、あっさり立ち上がりました。もともとインターネットサーバとして利用するために設定されたものなので、macと比べると圧倒的に使いやすい、設定しやすいのは間違いありません。

しかし…。

やはりApache HTTP Serverのメモリ使用率が異常に上がって一日に何十回も警告が上がります。どうやら、このブログや本体、exfit TVなどで使用しているWordPressというブログウエア + プラグインが原因のようでした。慌ててサーバ移転せずとも、なにか方法があったかもしれないなあ、と反省。mac os x、4年間使い続けていますけど、HDDチェックなんかも一つもエラーもなく正常でしたし。

ともかく移行先で不要と思われるプラグインを消去し、機能を最低限にしたのですが(…このブログに使っていたMTB仲間のみなさんへのリンクが消えちゃった…。リンクモジュールを探さないと…。)、一時的に下がったものの、それでも警告が上がりまくります。

この現象に悩んでいるのは決して私だけではないようです。

いろいろと調べていると、Web機能が強いだけあり、PHP一つ動かすにしてもCGI/FastCGI/Apache Module/nginxが選べます。今まではApache  moduleを使ってきましたが、今回初めてnginxを選んでみました。資料がなくて、ちょっと苦戦しましたが…。

nginxは、標準で使えばいままでのWordPressのパーマネントリンクをそのまま使えないという弱点はありましたが、パーマリンクをシンプルな数字にすると問題ないようです。検索エンジンの評価は下がりそうですけど…。

単体のWeb閲覧のパフォーマンスが上がったかどうかは微妙ですけど、Apache http serverのメモリが全然上がらなくなりましたね。その分nginxがメモリを使うようになるわけですが、両者のメモリ使用量は桁違い。今でも300MB前後使っているApacheに対して、nginxはわずか6MBですよ。数日悩まされた警告に悩まされなくなりました。今後完全にmacからアクセスがこちらに移ってしまっても大丈夫そうな気がします。

とりあえず、まだお試し期間なので、その間に新しいmac mini serverの見積をお願いしているのですが、なかなか来ません(笑。快適なVPS環境ができ、月額あたりの費用が1/5程度、障害に強い、ということを考えれば、このままVPS側に居着いてもいい気がします。mac miniの購入がなければ、iMac 27 5K Retina Displayモデルも近づいて来そうですしね。

まだまだ使えるmac miniは送り返してもらえば、自宅内サーバにしたり、家族共用のmacにしたり、exfit TV製作用に使うことも可能になると思います。

ちょっと考えましょうかねぇ。

2件のコメント

  1. な・・なるほど!・・って、内容の1割以下しか理解できてません。こんにちは(恥。

    そう言えば、先だって何度か繋がらない(閲覧できない)状態があったようですが、ちょうどその時でしょうか?
    VPSですか・・なるほど、コッチはググって理解出来ましたが(苦笑)、こういうのもこの先どんどん進化しそうですね。もぅ着いて行けませんが・・。

    >mac mini
    あぁ、そう言えばソッチもありましたよねぇ(笑)私も次は候補に入れてみようかな・・っと。

  2. sadaさん。早速ありがとうございます!
    ここ最近、サーバが無応答になるのを何回も繰り返していて、もう限界かな、と思っていました。メモリも4GBだし、CPUもCore 2 Duoながら自社だけで占有できている状態なのに、CPUを食いつぶし、メモリを使いまくっている状態になり、応答できなくなるのです。
    現在、ほとんどのサービスが99.9%以上の稼働率を保証しているような状態のなか、いったい私のサーバの状況は決して褒められたものではありません…。
    VPSはmac mini以前に、かなり前から利用していました。今回試用中のサービスは、今までのVPSと比べてもかなり性能は高そうです。
    もうちょっと様子を見てみようかと…。
    しかし、実はα6000と迷った、アレ、ゲットなさるとは…。今後の作品が楽しみ。

コメントは受け付けていません。