やっぱりコレですよねぇ

久々にCannondale Prophet号で通勤移動をしてみたら、粉太郎より10分以上早く着いたじゃないですか…。今回だって信号にいちいち捕まるし少しイライラしていたんですが、それでも速い。粉太郎よ、悔しくないか?(泣

ProphetのLeftyの空気圧を10psi上げただけなんですが、舗装路ではベストな感じです。サグ20-25%だからトレイルでも十分だろうな。前回のトレイルはロックアウトしてもほぼ問題なく走れたし。ちなみにリアはもともと硬めに設定していてPropedalを効かした状態で10%程度、効かさないと15%程度になります。それでも、Sサイズと比べるとMサイズProphetのリアはなぜかよく反応するので、前回のトレイルも同じ設定でした。

ところで、先日はScott Genius LTが「DH」のワールドカップコースを難なく走っている映像を見て感動しましたが、そのあとにCannondaleバイクの爆走動画を見つけて、さらに感動しましたよ。

2013 Enduroのファイナルステージを制した(?)CannondaleのJerome Clementz選手が、2015年モデルのCannondale Jekyll 27.5 + Lefty Supermax で激走している動画です。

ホイールもMavicの完組に見えますが、EnduroのLefty版を出してくるのですかね? 動画で見る限り、Supermaxも150mm程度のストロークがあるように見えます。

いいなあ。これ。

と思いつつ、Supermaxが150mm対応で単体販売されるなら(今のところは一応130mmで出している)、またMavic Enduro Leftyが出るならば、これらをProphetに付けてみたいところですねぇ。ヘッドサイズはどうやって調整するんだろ?

普通のシングルクラウンフォーク+27.5ホイールを考えていたのですが、この動画を見たらやはりLeftyを付けるのが王道のような気がしてしまいます(苦笑。これ、前への突き出しが小さくなるので(代わりにアクスル部分が前に突き出ている)、ステムも短いものを選べますし。

Jerome選手はレースでは(多分)Leftyでは成績を残していませんので、おそらくは今まで通り普通のシングルクラウンフォークを使用し続ける気がします(沈。2009年、Jerome選手がCannondale 移籍後にRize + Lefty maxでEnduro系のレースに出ている動画を見たことはありますが、散々な感じでしたからね。翌年、RZ + FOX 32でメガバランチェを制しましたので、当時それが正解だったのだと思います。一度はLeftyで優勝するところを見てみたいものです。

ただ、メガバランチェのようなコースだと、途中でニードルベアリングのズレが悪化して、最後まで持たない気がする…。以前のような面倒くさいリセットの手続きはしなくて良くなったとも聞きますが、実際のところはどうなんだろう?2005 Lefty Maxは、ウィングヒルズ白鳥のDHマラソンコースでも1回走ると3cmずれていたので、予選や本戦前にリセットしていましたから。

もちろん、私はレーサーではなくただの愛好家なので、1日快適に走れればそれでいいかな。

2件のコメント

  1. う〜っむ・・やはり、トップ選手のライドは凄い! こんにちは。
    最近はこちらで紹介なさっているPVしか観ていないんですが(ダメじゃん)、それにしてもSPEEDが凄すぎ・・。
    しかも、画像のキレイなこと。スローでも解像度抜群ですよね。撮影機材も年々、進化してるってことですか・・。

    以前、オヤジ衆にレフティ見せたらこぞって『折れるだろ?』とか、『安定悪そう…』とか(苦笑。
    今度、こういったPV観せてやらねば・・と。

    ところで、アレコレ言ってもやはりProphet号ですか(笑。
    もぅ売却済みでしたけど、Sサイズのアレにロード・スリック履かせたら・・。
    けっこう凄いタイム、出せたとか? (今更…ですけど)。

    1. sadaさん。こんばんは。

      やはりこの方のライドはすごいですね。速いし、自由自在なバイク操作に感動します。
      Cannondale Jekyll 2015で検索して、出てきた動画を片っ端から見たのですが、これは本当に下りや、エンデューロレースに使えそうな仕上がりのバイクになっていると思いました。
      みんな速いし、激しい下りのライドにも対応している感じがしました。
      Supermaxは短いステムを選べない従来のLeftyの弱点も克服していますし、予算さえあれば絶対にほしいアイテムです。

      最近のネット動画、映像がキレイになりましたね。スローがこれだけ撮れるカメラも、だいぶ価格が落ち着いてきているようです。とはいえ、零細企業での採用はレンタルでも厳しいものがありますが(苦笑。

      Leftyは、確かにMTBに慣れている人ほど奇異に見えるかもしれません。でも、前のProphetも8年半も乗って、2008年にleftyを換装してからも何回もダウンヒルマラソンのレースに出たり、富士見のAコースを走っても平気で何も問題がなかったことを考えれば、普通に使えると思うのですが…。↑のクレメンツ選手のような乗り方をしたら1年持たないかもしれませんが(笑。
      でも、よく考えたら1−1/8のシングルクラウンも、一本のコラムが一つのクラウンを介しているだけなんですよね。そこから折れた動画や写真も見たことがあるんですが、あまり変わらなかったりして…? 最近はテーパードになっているから強いのかもしれませんけど。

      > スリックタイヤ
      なんか勇気が湧かないんですよ(苦笑。MTBと細身タイヤのアンマッチを見る勇気が…。でも、ウチにはまだより軽量なRizeが眠っています。これでためしてみるか…??

コメントは受け付けていません。