Manitou Swinger 3-Way Air (2005)

風が強い一日でしたが、昨日リアサスをManitou Swinger 3-Way Air (2005)に戻したCannondale Prophet号で日没寸前に出走。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

Manitou Swinger 3-Way Air(2005)
Manitou Swinger 3-Way Air(2005)

リアサスがやたらと小さく見えます。かなりエアを入れていて、手で押してもあまり沈みません。Sサイズのときはこの圧だと固くて後輪が跳ねまくっていたのに、Mサイズの場合はかなりしっとりとしています。

ただ、やはりこの個体は、ストロークの際に妙なクリックという違和感があります。すでに9年も前の製品ですし、ほとんど使われないまま放置されてきた感があるフレームだったので、正常動作を期待するのは難しいかも。でも、そのクリック感を除けば、動きはとてもスムースで、コブなんかのセクションでの加速がかなりいい感じです。

Manitou Swinger 3-Way Air(2005)
Manitou Swinger 3-Way Air(2005)

今、Leftyもリアサスも、Cannondale Prophetが2005年に販売されたときと同じパーツを組み合わせているので、その分バランスがいいのかもしれません。ただ、2008モデルのように、SPV+の圧を1レバーで切り替えられるような仕組みだともっと良かったですね。またRock Shox Monarch Plus 2011にするか、しばらくこの状態をキープするか、絶賛考え中です。

Cannondale Lefty Max 140 Carbon SPV+(2005)
Cannondale Lefty Max 140 Carbon SPV+(2005)