時間を見つけて公園走

今月に入ってMTBで走ったのは、おそらく今月3日の、幕張海浜公園以来だと思います。来月のa.b.c. cupにエントリーしているので、もうちょっと走っておきたかったところですが、今月はいろいろとあって、なかなか出かけることができませんでした。神社の裏の急斜面なんか、おそらく1ヶ月ほど行ってないです。

本日などは暗くなりかけてからようやく出かけられる状態になったのですが、明日は雨になるというので、出かけることにしました。ProphetはブレーキをMagura Martaに変更したばかりなので、ちょっとだけでも走っておきたいと思ったし。

和田堀公園周辺はきっと、雑草の剪定作業が最近行われたのでしょう。いろんな公園を通過しましたが、かなりきれいでした。よく走る神社の裏あたりまで来ると、周囲はかなり暗くなっています。前照灯を点灯して、急斜面の前までいきましたが、かなり暗くて下のほうがあまり見えません。ただ、和田堀公園全体をメンテナンスしたのか、下部の方の草は刈られてすっきりしているように見えます。

多少暗いのですが、この斜面は間が開けば開くほど怖くなるし、土そのものは柔らかいので、転倒時のリスクは小さいと判断し、前照灯を点灯したまま進入してみることにしました。

一番急なポイントは入り口に根っこが左右にあって、真ん中だけ途切れている感じになっています。MTBのタイヤ2本分くらいの隙間かな。通常はこの根っこと根っこの間から下りていくのですが、今日は下が見えなかったためここを通ることができずに、根っこの上を超えてしまいました。こうなるとよりバイクの進入が不安定になり、バイクの傾きも大きくなるのですが、その分スリルもあっておもしろかったです。

そして、次はより長い下りの部分。ここは前回走ったとき、ゴミの不法投棄の犠牲になっていた場所だし、暗いので慎重に走ったつもりですが、後輪がMibro 1.95と細くなっていること、ブレーキの当たりがまだ出ていないこともあり、スピードのコントロールが難しかったです。一番下まで下りきったのですが、小さいゴミ類は片づけられていたように感じました。ただ、粗大ゴミは残っていたけど。

本日感じたのは、やはり毎週のように乗っているのと、数週間も開くのとでは感覚が鈍ってしまう、ということ。今日はちょっとした路面の悪さに反応できずに何回かバランスを崩したりヒヤッとすることがありました(暗いせいもあると思いますけど)。和田堀公園についてはProphetのFRポジションやRansomで乗ることが多かったため、XCポジションに慣れていなかったこともあるかもしれません。ただ、たぶんに反応が遅いな、という気はしました。

Prophetにも乗っておくべきですね。