公共施設も

私がはじめて専門施設で筋力トレーニングを行ったのは、商業施設ではなく公共の体育館でした。当時、日本大学三島キャンパスに通学していたのですが、確か下宿先の家族に「三島体育館にいいトレーニング施設があるよ」と聞いて、行くようになったのだと思います。もう25年近くも前の話なので、今はどうかわかりませんが、当時はセノー製のコンビネーションマシンが置いてあり、フリーウエイトコーナーもありました。1回200円で使えるということもあり、ほぼ1年間きっちりとこのジムに通って体作りをしたのでした。

東京に来てからは、三島体育館のような充実した公共の施設がないこと、自分自身の職場が商業施設になったこともあり、公共施設を使う機会は皆無になりました。商業施設の常駐(社員)インストラクターを引退してから、一度近くの杉並区立の施設を訪ねて使ったことがありますが、建物は三島体育館より立派なのに、ジムが…。家庭用のマシンみたいなのしかないのです。当然、わざわざそこまで行ってトレーニングをする、という気持ちにならないわけです。筋トレが中心?のジム施設なのに、初回インストラクションの先生も筋トレではなくエアロビクスが専門の方だったのも、多少違和感がありましたね。

今は商業施設の会員になっていますけど、今の自分に必要なトレーニングがある意味「どこでも」できるような状況になっていますので、通っていないなあ。

今日は、公共施設でパーソナルトレーニングを担当させていただいたのですが、そこは商業施設並で感心しました。トレーニングマシンは旧式のサイベックスが中心で、持久力トレーニング用のバイクやトレッドミルも何種類か並んでいます。フリーウエイトコーナーにはダンベルセットがあります。ベンチプレスラックやスクワットラックなどはないけれど、スミスマシンは設置してありました。一昔前の商業施設みたいな感じの構成です。

運営を大手のフィットネスクラブに委託しているためかな、と思ったのですが、施設そのものは委託以前から充実していたようです。もちろん、委託によってプログラムが魅力的になっているためか、利用者も多かったですね。

こういう施設を作れるのであれば、私の居住区の周辺のジムももう少し充実させることができるのではないかな? 要望出してみよう。私の周辺でできるようになれば、出張パーソナルトレーニング以外のアプローチもしやすくなるし。