Mars Mechanical Drop Seat Post

Cannondale Prophet 2000の状態が良いために、このバイクへの可変シートポストの導入を検討しました。

Cannondale Prophet 2000
Cannondale Prophet 2000

当初、X-Fusion Hiloを探していたのですが、海外ショップも在庫がない上に為替レートの問題で高くなっています。オクでも未使用品を見かけたのですが、あれよあれよの間に価格が上がってしまい手が出ない状態に。

そんな中で見つけたのがこれ。

MARS Mechanical Drop Seat Post
MARS Mechanical Drop Seat Post

http://www.tmars.com.tw/pro.php?m=d&pid=87&cid=11&f=11

ここで紹介されているSD-419Lに近いと思うのですが、これが400mm、ストローク90mmなのに対して入手したのは420mm, ストローク100mmのプロダクトです。

ずしっとくる重量感です
ずしっとくる重量感です

アウターはアルミ、インナーはクロモリのようですが、500gオーバーということで、結構ズシッとくる重量でした。

ケーブルはインナーではなくアウターに付きます
ケーブルはインナーではなくアウターに付きます

ケーブルは、手持ちのcrank brothers joplin 4rとは異なり、インナーチューブではなくアウターチューブに付きます。なので、シートポストを下げてもワイヤーケーブルがたるむことはありません。

やぐら部分
やぐら部分
リモートレバー
リモートレバー
アウターチューブ
アウターチューブ
インナーチューブ 孔三つ
インナーチューブ 孔三つ

さすがに、5000円未満の商品なので、crank brothers joplin 4rのような期待はしておらず、価格帯の近いKindshock KSP-850とにより近い感じなのではないかと思っていました。

まだ、フレームにワイヤーを固定していませんけど、仕上がりはこんな感じです。

Cannondale Prophet 2000 + MARS Mechanical Drop Seat Post
Cannondale Prophet 2000 + MARS Mechanical Drop Seat Post

Prophet 2000はシンプルな感じに仕上がっているのが良かったので、ちょっとメカニカルな感じになっているのには抵抗がありますね。

また、100g台の軽量シートポストからいきなり500g台のポストに換えてしまったので、Prophetを持ったときのずっしり感がハンパではない。車体バランスが取れていたのですが、若干重心が後ろ寄りになった感じで、気になっています。

突き出しはこの程度
突き出しはこの程度

27.2ということで細いので、フィールドで走った時の剛性は若干心配ですね。

インナーの孔に、アウターからピンを差し込んで停める感じなのでしょうか? 当初レバーが緩すぎたので、ワイヤーについたアジャスターで張りを強くしてみました。

レバーの仕組みはjoplin 4rと同じ
レバーの仕組みはjoplin 4rと同じ

レバーの仕組みはcrank brothers joplin 4rと同じですね。でも、操作性はjoplinには及ばない感じです。

同じ価格帯のKSP-850はインナーを沈めるのに大変微妙なコツが必要で、私はリモートセットも持っていなかったのでほとんど実用的な使用ができませんでした。今回のMARSのポストは、KSP-850と比べるとスムースで、下げるのにコツがいる、というようなことはなさそうです。しかし、反発が強く、コツをつかむ前にサドルから荷重を抜いたら、ものすごい勢いで、サドルが股間を直撃してきました。これは、ちょっと気をつけねばならんですよ…。

また、なぜか私の個体は今のところ、一番下の位置に固定できません。価格帯的に、精度を求めるのも酷かなあ、と思います。

実はこれ、先週末のライドには間に合わせる予定でいたのですが、運送会社は選ぶべきだと思いました。6日には世田谷に届いていたものがなかなか配達に出ず、最初に配達が来たのが8日です。すでに私はポタリングに出ていたので受け取れず、連絡をしてみたら、まだそんなに遅い時間帯ではないのに当日の再配達は受け付けていないという…。9日も受けとれず、10日は配達に持って出ていないという返事で11日になってしまったんですよね。配達指定可能時間も短いし、某ネコ科系業者を使う機会が多いので、ここ以外の運送会社を使用すると、大変苦労します。

少し配送料が上がっても、ネコ科さんを指定できればいいのですが…。

とりあえず、まだ乗ったわけではないけど、一番下まで下りない不具合なども含めて精度的にちょっとどうかと思っています。戻りのダンパーもないし。

しばらくは使ってみようと思いますが、重さが変わりすぎたのと、精度の悪さに、かなり不満モードです。

重さはどのドロッパーを使ってもおそらく解決は難しいと思いますが、精度はもっと良さそうなものがあるので、また探してみようと思います。あるいは、素直にProphet号にはドロッパーを使わず、シンプルなバイクにするかもしれません。

とりあえず、ワイヤーを固定していなくて乗れない状態になっているので、久々にRize号を復活させています。今週末はRizeかな?

2件のコメント

  1. あらら・・新型可変ポストですか。こんにちは。
    お書きのように、やはり”お値段なり〜”っぽいですが(苦笑)、さくっと試す分には良いかも?
    確かに、円安でオクの出物も減りましたよねぇ・・ちょっと寂しい限りですが、まぁ散財対象が減って好都合だと解釈しておる次第です(言い訳?)。

    ずいぶん寒くなって来たので、早朝ポタが辛い・・(沈)風邪を引かない程度にご自愛くださいませ…。

  2. sadaさん。おはようございます。
    とりあえず、今回は「さくっと試したが安物買いの銭失い」に終わってしまいそうな気がします。普通のシートポストに戻すかも。
    重さだけでなく、きちんと機能しないってのは…。
    27.2しか選べないというのは古いバイクの弱点ですね。31.6だったら、FOXもRockShoxも、crankbrothersもThomsonも選べるのに…。
    KowaのSpeed Dropperが出たとき、買っておけば良かった…。

    > 円安
    確かに、手が届きそうな商品が減りましたよねぇ。海外ショップを使う機会もほとんどなくなりました。昔はブレーキパッドなどの消耗品まで、UKで買っていたのですが、最近はAmazon.co.jpだったりしますね。
    散財はしにくくなったので、ポジティブに捉えましょう(笑。

    風邪引かないよう、お互いに気をつけましょうね。

ただいまコメントは受け付けていません。