一通り完了

先日、Cannondale Prophetに装着したMagura Marta SLの左右のアソビを調整しました。2005年に購入後、昨年くらいから徐々にパーツ交換をしてきましたが、これでオリジナルパーツの大部分が別のパーツに置き換わったことになります。

フロントブレーキのホースが、以前ついていたLouiseより若干長いようで、写真のようにちょっとたわみが大きくなっていますが、とりあえずオイル交換が必要になった場合にでも調整したいと考えます。

今日はあまり時間がなかったので、自宅周囲を乗ったくらいです。まだ全くブレーキの当たりが出ていないため、そんなに効きません。ただ、ブレーキタッチは秀逸でさすがにMaguraだと思います。

先週は、ロードバイクのCR1にばかり乗っていたので、Prophetにはすごく「がっちりした印象」を受けました。特にブレーキまわりにしっかり感があります。それでいて走行感は軽くて、本当に何にでも使えるバイクだな、と感心します。

近くの和田堀公園とかに乗りに行きたいのですけど、日曜日はあいにく雨になりそうですね。次に乗るのは来週末になるのかな。

しかし、スポーツバイクはブームのようですね。昨日立ち寄った知り合いのラーメン屋さんのお客さんの間でスポーツバイクがブームらしく、皆さん30-40万円クラスのバイクを買って乗っているそうです。その中で、Cannondale F2をつい最近購入した方がいらっしゃるそうで、店のご主人に写真を見せていただきました。F2とProphetというと、共通の話題は”Lefty”です。しばらくはそのネタで盛り上がっていました。基本的に皆さんは町乗りされるということなので、お会いする機会があれば山へのお誘いなどしてみようかな、と思いました。

Scott CR1 Teamのほうにも慣れてきました。Bianchiのときは、首の後側が痛くなることが多かったのですが、CR1では痛みがだいぶ軽減される感じですね。少し痛みを感じたのは、MET Parachuteのフェイスガードを外さず、重いまま乗ったことが大きな原因のような気がします。フェイスガードを外してみたら、首の痛みはありませんでした。カーボンフレームの恩恵か、Bianchiよりステムの位置が高いためか。

ただ、ブラケットまわりの握りがなんだかまだしっくり来ません。形状の違いもあるとは思いますが、Bianchiとの微妙なジオメトリの違いに原因があるかもしれません。現在、CR1にはBianchiのときと同じ110mmのステムが付いていますが、この当たりを調整したり、若干ブラケット取り付け位置を変更するか、工夫が必要となりそうです。変更する場合は、ついでにブレーキの左右を交換しようと思います。