Marzocchi 55 Micro Switch TA 2012

Marzocchi 55 ATA 2008の調子がなにをやってもダメで、とってもガッカリしていた土曜日。

しかし、その直後にこんなものを見つけてしまった…。

Marzocchi 55 Micro Switch TA 2012
Marzocchi 55 Micro Switch TA 2012

新品未使用品をオクで見つけてしまったのです。

思えばですよ。2006年秋に購入したScott Ransom 40 に付属していたのが、Marzocchi All Mountain 4 2007(?)でした。自転車専門サイトのレビューでは、永田隼也選手によれば、もっと剛性の高いフォークに変えたほうが良さそうとのこと。ただ、自分の乗り方だと全然問題ないレベル。なので、翌年夏まで使っていました。

ただ、その年の野沢DHを走る先輩が、「フォークは絶対変えたほうがいい」とのことで、FOX FORX 36 TALAS 2008 に換装することになりました。さすがにFOXは良かったけど、AM4が著しく劣っていたわけではありません。

SCOTT RANSOM 40 + FOX FORX TARAS 36 R
SCOTT RANSOM 40 + FOX FORX TARAS 36 R

その後、Ransom 弐号機を入手したことによって、改めてAll Mountain 4に乗る機会を得ました。富士見のCを走った時、意外に早く走ることができました。でも、フロントをFOXに変えればより早く走れるのではないかと考え、FOX 36 VAN 2006に換装したわけですが、意外や意外。AM4のようには走れず、その振動にはかなり参りました。VANがコイルタイプということで、Vividな反応にやられてしまったのかもしれません。

その後、Lapierre Spicyに36 VAN 2009を付けてみたりしましたけど、AM4と比べて良かったか、というとそうでもない感じで、やっぱりAM4は悪くはなかったんじゃないかと、あとから思ったりもして。

あと、Marzocchiといえば、2006年モデルのJudgeです。こちらはフロントが888で、リアがROCOで、私の中では富士見Aでの最強マシンでした。状態に差があったのかもしれないけど、Boxxer Team 2007や Boxxer CR 2011より自分には相性が良かったと思います。

こういったことが例の、Marzocchi 55 ATA 2008の購入につながったんじゃないかと思います。

Lapierre Spicy + Marzocchi 55 ATA
Lapierre Spicy + Marzocchi 55 ATA

最初から動きは渋めだな、と思いました。AM4はかなりスムースだったのですけど…。2回目のライドからは「ちょっとこいつはおかしいんじゃないか?」という感じでしたね。

それでももったいないのでいろいろなことを試みて使ったり休ませたりしたわけですが…。メンテして改善はされたものの、動きは普通のフォークにすら及びません。

そんな土曜日に見つけたのが、冒頭の55です。その段階では入札もなく、価格も低く抑えられていました。

これだけ苦労したMarzocchiにまた手を出すのか…といろいろ迷いました。でも、今回はオーナーも代わり台湾製になった2012年モデルの新品未使用品です。興味は尽きず、久々にオクに参加してみることにしました。

そして。

外箱
外箱

すごく丁寧に梱包してありました。

新品フォークは本当に久々。とはいえ、ショップではとても買えない金額。海外通販も同じです。それが半額を大きく下回る金額で入手できるのは、オクの素晴らしいところですね。

フォークの動きは、36VANと比べるとやはりスムースとはいえず、55 ATA 2008とちょっと似た感じのギシギシ感があります。AM4はこんな感じじゃなかったかと思うのですが、OEMとそれ以外のラインナップでは特徴が異なるのかもしれませんね。

実際に乗ったときに、「変なロック状態」にならないことを祈りたい(苦笑。いや、ならないはず。

さて。

TST Micro / Switch TA
TST Micro / Switch TA

左がTST Microというダンパー。これは、55 ATA 2008にもありました。右はSTA(Switch TA)で、ATAに相当するトラベルマネジメントを可能にするノブのようです。まだ使い方がよく分かりませんよ。あ、私のものはテーパーコラムではなく1-1/8のオーバーサイズコラムです。

リバウンドノブ
リバウンドノブ
エアバルブ
エアバルブ

今回、エアバルブは一つだけのようです。面倒くさくなくていいですね。現在、クラウンレースリムーバーも別途発注していますが、在庫がないのか、まだ発送されていない様子です。

早くためしてみたいのですが、取り付けは早くて今週末、遅いと来月になるかもですよ。ここのところ週末、仕事に出ていて走れていませんから。

4件のコメント

  1. ちょっと早すぎですが)お早うございまs・・あ、新型フォーク買ってる!(笑。

    なるほど・・『疲れた体に、この一本!』 って事ですね。ふむふむ・・(納得。
    各パーツの造り込みも良さそうですし、コレで一気に解決! だと嬉しいですよね。
    ただ綺麗すぎて汚すのが、ちょっと…ですが(苦笑。

    クラウンレースリムーバー、あったら凄く便利なんですが・・
    そうすると、またフォーク逝っちゃいそうで(沈。 ムダ買いは避けねば…)

    そう言えば・・ローターがフォーミュラ製ですか? 今頃気が付きましたが・・。
    ここは思い切って、フローティング化するとか、何とか・・ブツブツ・・。

  2. sadaさん。おはようございます。
    55 ATAで意気消沈した直後にこれを見てしまいました。
    ただ、Marzocchi 55はリスキーだと思っているので、すぐに入札したわけではなく、数時間前に別の入札が入ったのを確認してからの参加となりました。2名での争いだったみたいです(笑。
    Marzocchiはやっぱりかっこ良くて、ものすごくきれいなので、コラムを切って装着するのがもったいない感じです。ヘッドパーツが現在インテグラルですが、他のヘッドパーツに付け替える可能性も考慮し、今回は少し長めに残したいと思っています。
    今まで、クラウンレースはカッターとドライバーで無理矢理外していました。FOXだとかんたんに外れるのですが、他のメーカーのフォークは大変です。今回専用品を導入してみることにしました。さて、これで作業はラクになるのか…?
    ローターは、Hayes純正にしようと思っていたのですが、フローティングも良さそうですね。ためしてみようかな?

  3. なんだか”ゾッキー”なヒトたちみたく、まにあ♪っぽくてイイですね、Lefty愛と同じように nakaharaさんらしくてカッコいいと思います

  4. 赤が好きさん。こんにちは。
    土曜日まで次のフォークがゾッキになるとは、自分でも思っていなかった…けどこうなりました。
    完全にゾッキーですよ。
    なんか、2012 Leftyも調子が悪くて、トップアウトノイズがカッコン状態です。
    なんでみんな一度に不調になるのでしょう…?

ただいまコメントは受け付けていません。