雷雨

今日は比較的早く起きてはいたのですが、日中があまりに暑すぎてタイミングを見ていたら、いきなりの雷鳴。

落雷
落雷

SONY NEX-VG20で捉えた落雷の瞬間です。CMOSのローリングシャッターにより、途中で画像がくっきり分かれた感じになっていますが(上から走査している途中でピカッと来たんですね)、しばらくの間ずっとこんな感じで落雷が続いていましたよ。

ちょっとした雨が上がったあと、出かけることにしましたが、今日は次男も付いてくるといます。彼は午前中もサッカーの試合だったので無理はさせたくなかったのですが、大丈夫、とのことで。

川が増水中
川が増水中

しかし、昼過ぎにほんの少しまとまった雨が降っただけでも、あっという間に増水していました。あの雨があと2-3時間続いたら、と思うと怖いですね。治水工事を急ぐわけです。

だいぶ川幅広げているのにこれだもの…
だいぶ川幅広げているのにこれだもの…

でも、至る所で川幅を広げ、深くなってもいるのにあっという間に増水するものですね。もちろん、もう少し降ると、スポーツ競技場のほうに流れ込んだり、取水施設のほうへ取り込まれたりもするのですぐには溢水には至らないのだと思いますが。

さて、舗装路はもわっとした感じになっていましたけど、公園の土の上を走行するときは少々涼しさを感じました。都市部の暑さはやはり開発のしすぎ、舗装しすぎによるところが大きいのではないでしょうか?

交通量が多い幹線道路は舗装せざるを得ないとは思うのですが、ちょっと入った小路とかは、舗装せず、砂利道とかを残してもいいんじゃないでしょうかね? メンテナンスは大変にはなるけど、そこに住む市民が打ち水をしたり、みんなで草を刈ったり、砂利を整えたりする風景が見られたりするのも風情があっていいのではないかと。過ごしやすい東京というのも経験してみたい。

土の上は若干涼しかったです
土の上は若干涼しかったです

公園の途中まで走ったところで、次男がまた西荻のオフィスまで行きたいと言ってきました。確かにオフィスは24時間空調が整っているので、それもいいかな、と。

いや、室内もじめっとしてて…
いや、室内もじめっとしてて…

オフィスの中は、空調は効いてはいるのですけど、やはりなかなか能力が追いつかないのか、じめっとした感じはありましたね。日曜日で館内に人がほとんどいないにも関わらず、若干不快指数が高い感じがしましたよ。

帰り道も公園を経由したので、本日の走行距離は約18km。昨日の25kmと併せて43kmですので、最近にしては走りました。半年前までは、通勤で1日平均23kmくらい走っていたので、もうちょっと頑張らないと以前の運動水準には戻せませんな…。

2件のコメント

  1. 親子でライド、お疲れ様です。
    次男坊さん、こんがりとイイ色に焼けてますね〜。(ちょっと美味しそうな…)

    落雷写真(?)ビデオ撮影してから写真出しされたのですか? コレは面白いですよ。
    (なかなか瞬間って撮れませんから・・そういえば、花火と雷は撮った事無いなぁ?)

    川の増水、まだ余裕はあるのでしょうが、ちょっと怖いですね。降水量の基準値がドレくらいかは判りませんが、常に想定外は起こりうるわけで・・・こっち(いつもの河川敷)も結構凄かったみたいですし。

  2. sadaさん。こんばんは。
    次男はかなりの高頻度でサッカーをやっているので、本当に真っ黒になってきましたよ。
    落雷の瞬間は、おっしゃる通りビデオ撮影を切り出したものですが、わずか1分の映像の間に何発落雷していたのか…。キレイに撮れていたのは↑と、もう少し上空でひび割れのように写っていたものがありましたが、やはりローリングシャッターの影響で、縦1/4くらいの範囲しか写っていませんでしたよ。24p、SS 1/50では限界があるのでしょうか?
    川の増水はそれこそ、多分数十分程度しか降っていなかったと思うのですが、あと1時間降ったら警報が発報されたかもしれません。
    なんかいくら何でもオカシイ天気ですけど、人間は自然の猛威には逆らえませんね。

コメントは受け付けていません。