PowerBook G4

来週までに大量のHTMLコンテンツを作ることになり、毎晩遅くまで作業を行っています。しかし、どうしても間に合わないような状況です。そのため、妻に手伝ってもらおうと考えたのですが、彼女のiBookは2002年の春頃に中古で購入したものでかなり非力です。私のWindowsノートを使わせたくても、実用的なスピードで動くのはすべて親指シフトキーボード。
しかたなく、彼女のノートを新しくすることにしました。これを購入してしまうと、HTMLコンテンツ作成でいただく額を上回る可能性があるのですが、今後何年間も使うことを考えれば決して無駄にはならないと言い聞かせました。

最近自宅では私も妻もMacしか使わないので、候補は最も安価なiBookです。最初、ヨドバシカメラの新宿店で見ましたが、iBookは標準256MBで、グラフィック描画もかなり遅い感じです。さらに、ちょっと画面がくらいのは気のせいなのでしょうか。

そして今日、Apple Store Ginzaに行って参りました。かなりの数の人です。Macはかなり少数派だと思うのですが、意外に人気があるのにびっくり。そして安心したりして…。
私がiBook 12inchとPowerBook 12inchを見比べていると、スタッフの方が声をかけてきました。私が、「iBook 12inchとPowerBook 12inchはかなり価格差がありますが、それなりの性能差はあるんでしょうか?」と一番聞きたいことを尋ねてみました。すると、CPUのスピードだけでなく、グラフィックチップの性能、グラフィックメモリの大きさ、標準のメインメモリの大きさにかなり差があることが分かりました。そして、両方の画面で、重い処理をデモンストレーションしてもらうと、グラフィックや3D的な描画には圧倒的な差があることが見て取れたのです。また、一見して PowerBook G4 12inchのほうが画面がきれいなことが分かります。特にグラフィック系の加工を手伝ってもらうことになるので、画面がきれいで速いことは重要になります。
そこで私はPowerBook G4の購入を決めました。combo driveとsuper driveには迷いましたが、予算を抑えるためcombo driveを選択。それにしてもスタッフの方の売り込みが非常に上手です。本体価格を根引いてくれるから、ということで結局、Apple Care、.mac(ドットマック:もう持ってるのに、安いから)、そしてProCareカード。予算をはるかにオーバーし、完全に赤字です。

しかし、家に帰って使ってみると、かなり速い! 私のiMac G5と比べて画面が狭いのはしかたがないですが、普通に作業する分には遜色なく動きます。
早速妻には働いてもらいます。