サグは正確に

YETI SB5c

今日は1日だらだらと過ごした印象です。年末年始休で頑張りすぎた反動が来たかも。まあ、たまにはゆっくりな週末もよし。

横浜家系ラーメン
横浜家系ラーメン

お昼は妻が「行列のできる店のラーメン 横浜家系」を作ってくれました。なかなかの再現度です。でも、味は家系というより「行列のできる店のラーメン こってり醤油」に近い感じでした。私はこってり醤油が一番好きなので、問題なし。

午後までゆっくりしたあと、夕方ライドへ。

YETI SB5c
YETI SB5c

今日はCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II + Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM にて。焦点距離が長いのでちょっと下がって撮影しなければいけないけど…。やっぱりAFターゲットの選び方が秀逸。このストレスのなさ。もっとも、カメラ本体が大きいので、さすがに普段使いには厳しいところはありますが。

YETI SB5cは今回、前後のサグを正確に合わせています。最近、Facebookのマムアンドポップスさんの記事で、「まずはサグを正確に合わせることから」と書いてあったので基本に立ち返ってみたわけです。サグが正確でないと他の設定も正しく出せないらしいので。

安定する
安定する

そうするとやっぱり乗りやすい。走りは軽いし、階段のような場所でも安定します。やはり基本は大切ですね。

私も、もうちょっと早く行動できていればいいのですけれど、折り返し地点くらいまでに日没間近となって、だいぶ日が傾いています。Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIは光学ファインダーなので、暗くなってくると水平器や露出設定ゲージなどが見づらくなってきますね。

根っこセクション
根っこセクション

これはおそらく日没後。写真のタイムスタンプをみると日没前なので、おかしいな、と思ったらiPhone 12 Proで撮った写真と比べてEOS 7D Mark IIの時計が20分くらい遅れていました。何年も時刻合わせをせず放置してますからね…。先ほどから時間合わせをしようとしているんですけれども、やり方が全く分からず。こりゃ、説明書が必要ですね。→ ネットからダウンロードして無事に合わせました。なぜか地域もロンドンのままだった…。

このシーンでも、EOS 7D Mark IIだとYETI SB5cを覆うようにAFターゲットを持って来てくれますOLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkIIの場合は、まず左上の明るいところにAFターゲットがいって、何度シャッターを半押ししても絶対に右のバイクには合わせてくれないはずです。

最近は公園でもなかなかバイク仲間に会わなくなってきました。昔はよくこのあたりの公園で一緒に練習していたんですけれども。それにしても、私もよく続くものだなあと思います。

EOS 7D Mark IIはフラッシュ内蔵なのもありがたいですね。フラッシュを焚かないと、ISO16000でもシャッタースピードが遅くなり、ブレます。こういうシーンではiPhone 12 Proの独擅場ですね。ただ、EOS 7D Mark IIのフラッシュは比較的自然だし、センサーサイズも大きいので、iPhone 12 Proよりきれいに撮れる写真も多いですけど。

ビビンバ
ビビンバ

今日の夕食はビビンバ。久しぶりに、OM-D E-M1 MarkIIパナソニック 単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G 20mm/F1.7 II ASPH. を組み合わせて撮影してみました。ピントが合うのは遅いけど、G 20mm/F1.7 II ASPH.は透明に写る感じがしますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる