危うく吹っ飛びそうになる

昨年度分の有給休暇が余っている関係で、今日は消化に充てました。

昨日のトレイルライドは脚がフレッシュな分、トレイルで過ごす時間がとても長かったので、いつもより局所的な疲れが残っています。こういうときは軽く脚を回してリカバリーのライドを行うのです。

通常のご近所ライドでは、カスクを着用することが多いです。若い頃の格闘技が堪えたのか、MTBによる転倒が影響しているのか、それともその両方か、私は現在首の状態があまり良くなく、常に寝違えをしているかのような痛みがあります。トレイルに行くにもライドの早い段階で首が痛くなってしまうので、良くないと思いつつカスクで行くことも多い状況でした。

でも、YETI SB5cにバイクを変えてからですかね。結構、ライド中の首の痛みが出にくくなりました。もしかしたら、このバイクで取るポジションが私に合っているのかもしれません。そんなわけで最近はOGK Kabutoを被ることが多くなっていたように思います。

しかし、昨日Kさんに譲っていただいたENDURAのヘルメットがとても具合がいい感じです。少し大きめではありますが、そのおかげで間に帽子を被ったりしても問題ない感じになります。しかも軽いので調べてみると、このヘルメットはカタログ値250g、実測が245gでした! とても軽いと思っていたOGK Kabutoが実測295gですので、50gも軽量化されます。さすがにカスクの130gには敵いませんが、ヘルメットとしては十分な軽さであるように思います。

長距離の自走に伴うトレイルライドをする私にとっては、軽さは正義(SB5cはどんどん重くなっていってますけど…)。しばらくはこのENDURAヘルメットを試してみたいと思います。

昨日夕方から今日にかけての関東地方は、断続的に雨が降り続いています。その合間を縫ってご近所ライドしてきました。毎年楽しむ紅葉ポイントはあと10日くらいといった感じかな。

ところで、換装したMAGURA マグラ ディスクブレーキ MT5 Carbotecture® SLを今日も試してみました。MTBを始めた頃によく練習した急制動を行ってみると、吹っ飛びそうになりました。先日乗ったRizeと同じような感じです。フロントはRizeのXTR BL-M9000のほうが効きが強く、リア側はMT5のほうが効く感じで、前後のバランスによって両者同じような効きになっている感じ。というか、XTR BL-M9000は制動力の立ち上がりが速くてガツンと効く感じで、MAGURA MT5のほうは制動力のコントロールの範囲が広い感じがします。両者とも制動力は申し分なく、あとは効き方の好みと言えるかもしれません。しかし、2ピストンのXTRがあんなに効くんじゃ、SAINTなんかどんな効き方をするんだろう?

帰りの残り1kmのところで小雨が降り始めました。ENDURAの写真をよく見ると、雨の跡が点々と残っていたりします。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる