今日も走った里山トレイル

里山トレイル

今日から3度目の緊急事態宣言。といっても、国民の反応は鈍いように見え、緊迫感が無くなった感じは否めない。

1回目の緊急事態宣言のときは私も自粛しすぎて体重が一気に増えてしまったので、外に出ての運動は引き続き行う予定だ。今日は軽めの運動にするか、トレイルを走るかで迷った。後者の場合は、県をまたいだ不要不急の移動は行うべきではないことを考慮すれば、昨日と同じ最寄りのトレイルが選択肢になる。

思い切って後者を選んだ。

緊急事態宣言の影響でデリバリーサービスが増えていると思うが、今日「も」Uber Eatsの信号無視を複数回目撃した。私が赤信号で止まっている横を、Uber Eatsの自転車が追い抜いていく。私を抜いたあと、右側車線に移ってそのまま走っていたしね。

私もミスって運転を誤ることはあるので、偉そうなことは言えないが…。確信犯的に多すぎるUber Eatsの交通違反。

それでも、Uber Eatsもモーターバイクの人は当然ながら、きちんと交通ルールを守って走っている。私も利用させていただく身なので、こういう人に当たるといいな。

cannondale rize carbon one

今日のライドがYETI SB66Cではさすがに疲れるだろうからCannondale Rize号を投入した。どうやら正解だったようで、昨日あれだけ疲労していたのに今日は全く問題なく、楽に里山までアクセスできた。

どんより

昨日とは違って今日はどんよりした天候。

トレイルの中

昨日の2.8サイズのタイヤから一気に2.1サイズのタイヤへ。さすがに砂利道でのターンはYETI SB66Cのほうが不安が無かったけれど、細いタイヤを装着したRize号もかなり優秀である。

この里山で一番好きな景色

この里山で一番好きな景色。奧のほうへ下ったところに北辰妙見尊・妙見宮がある。

北辰妙見尊・妙見宮

昨日のライドの安全についてのお礼と、本日のライドの安全についてお祈りを。

少し雨が降り始めた。空模様もちょっとマズそう。

居住地の杉並区の予報では大丈夫だったが、北辰妙見尊・妙見宮のあたりは雨マークが付いているではないか。本降りになったら、北振妙見尊さまで雨宿り…も考えたが、雨はポツポツ落ちるレベル。やっぱりもう少し走ろう。

ふたたび登る

一度里山を下りて、ふたたび頂上まで登ったあたりで雷が鳴り始めた。そして、となりにある施設のほうから「落雷注意報が発令されました」というアナウンスが。ちょっと怖くなったのでそのまま林道を下って山を下りることにした。

今日の里山ライドの記録はこちら。

Rizeは本当にスムースだよね。

山を下りたあとはもう、雷は鳴っていなかった。なので、帰り道に今まで立ち寄ったことがなかった「ありがた山石仏群」に寄ってみることにした。

お地蔵さん

ありがた山の麓にあったお地蔵さん。この少し先らしい。

しかし…。Google Mapに示された場所には、石仏群は見当たらなかった。Wikiページにあるように、開発で消滅してしまったのか。

あれ、Wikiページの地図を見ると、Google Mapが示した場所よりもっと奥のほうにありそうだぞ…。お墓がある場所に工事の柵が張られていて、新しい通路、という案内があったが、あの狭い道から行けるのだろうか。次回にでももう一度、探してみようかと思う。

多摩川サイクリングロード

今日の帰り道も多摩川経由。品川通り〜甲州街道に戻るコースを少し変えたので、間食を食べ損ねた。

古い小さなアーケード街

昨日気づいた古い小さなアーケード街に入ってみた。シャッターが下りている店も多い。肝心のアーケードの名前を確認するのを忘れてしまった。

ライドを終えて、武蔵野園さんのところで休んでいると、Gemini-Sさんにお目にかかった。私の住む近所のストアに、「フルサスの29erフレームが置いてあったよ」と伺ったので、一緒にお店に行ってみることに。

I.D.E Store

I.D.E Storeさん。確か一度連れて行っていただいたことがある。

Gemini-Sさんに教えていただいた29erはNinerの古いモデルで、私の場合はもう少しロングストロークのトレイルバイクを欲しいと思っているのでマッチング、とはならなかった。でも、Schwalbeの26erのタイヤの前後セットを見つけてすかさずGET。

Schwalbeタイヤセット

前輪用は久々のSchwalbe Nobby Nic! 後輪用のThunder Burtは初めて使うがこれはこぎが軽くなりそうだ。

2つとも2.1サイズなので、Rize号向けかな。両者ともTUBELESS EASYタイプなので、おそらくは私の腕でも問題なく装着できるだろう。これは助かった。

あと、I.D.Eさんに、「余所で買ったバイクでもオーバーホール可能かどうか」の話をしたところ、OKとのことだった。Rizeのギシギシも今日はもう限界で、プロに診てもらったほうがいいかと思ったのだ。Leftyのオーバーホールは難しいらしいが、リンクや組み付けなどは見ていただけるかも。また、YETIのほうも自分では分解する自信がないため、こちらもお願いしようかな、と思っていたりする。

でも、I.D.EさんがRizeを軽く持ち上げてみて「ガタつきがありますね。最初からこうでした?」と指摘。あれ、ガタつきなんかあったかな? ドロッパーのガタつきでは…?

違った。確かに少しリンクのところでガタついている。さすプロ! 一撃であたりをつけるとは…。

I.D.Eさんにお礼を言って、自宅に戻り、確認してみる。

…リンクどころか、リアサスマウント部のボルトが取れかかっていた…。危うく稀少なボルトを逸失してしまうところであった。

前にギシギシが発生したとき、リアサスを外してグリスアップしたことがある。このときの締め方が不十分で徐々に緩んできて再発したんだな。他のリンクには問題がなかったので、リアサスのボルトを締め込んで、試走してみた。

…音が消えている(苦笑)。

実は、Gemini-Sさんからも、「リンク周りっぽいね」と言われていて、おふたりの予想通りだったことになる。

I.D.Eさん、Gemini-Sさん。本当にありがとうございました。音は消えたけど、近日中に手持ちのバイクのオーバーホールについて相談をさせていただきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる