下り専用

現在、自宅のiMacおよびオフィスのiMacはともに、FMV-KB611を使っています。そのときに必要となるのが、KeyRemap4MacBook/PCKeyboadHackというキーマップ変更ユーティリティ。PCKeyboardHackで無変換キーを使用可能にして(私はF13を割り当てています)、そのキーにWindows的なトグル変換をATOK側で設定。KeyRemap4MacBookでCapsLockを「英数」に変換すると、最上段のキーこそ刻印通りにはならないものの、ほぼ快適な親指シフト入力環境を作ることができます。

そして、KeyRemap4MacBook 6.9.0は、なんとキーボードレイアウトに親指シフトを備えました!

KeyRemap4MacBook

KeyRemap4MacBook

これはすごい! これまでのTeslaや商用ドライバはIMEの設定をローマ字にして使用するのが前提でしたけど、このユーティリティだと、かなモード、しかもATOKにも対応しているようです。私は現状だと、FMV-KB232を使う予定ですが、PCKeyboardHack側で親指左に英数を割り当て、右シフトにかなを割り当てることで使えるようになるんじゃないかと思います。

昨日ちょっと試したときにはうまくできませんでしたが、どうやら再起動も必要となるようなので、あとでもう一回試してみたいと思います。また、新しく発売されたコンパクトキーボードのFKB7628-801もこれで試せることになります。

いやあ。でも、このような大変な機能を実走していただいた作者のTakayamaさんには感謝です。ありがとうございました!

さて、明日Tさんと富士見に行くことになりました。ナカダ〜!さんと1日ずれるのが残念ですが、10/16,17はありぱの2010なんですね。もしかしたら前日入りで金曜日も混んでいたりするのかな? 一度ご一緒しましょう。

富士見は前回の感じから、おそらく4本程度しか走れないので、今回もSCOTT RANSOM号のみ持っていくことにしました。当初、前回不調だったBコースへのリベンジでProphet号を持っていこうと思ったのですけど、FOX FORX 36 VAN Rをダウンヒルコースでも試してみたいですし、本数を重ねるとストロークが長い方が体に優しいと思うからです。Aコースの本数を増やせばもうちょっと回数を下りられるかもしれませんが、Aコースを走ることになれば多分ストロークが長いRansomのほうが有利になりそうです。

Prophet号が富士見のBコースやCコースの後半と比較的相性がいいのは、そのタイヤのおかげかもしれません。ダウンヒルコースに行くときは購入時についてきたMaxxis High Roller 2.35 USTに換装するのですけど、これらのコースでよくグリップするのです。以前hw875さんからコメントをいただいて気づいたのですが、当時の2.35 USTはSUPER TACKY(42A)仕様でコンパウンドが柔らかいことも良かったのではないかと思います。

Ransom号にはKENDA BLUE GROOVE 2.35 DTCが前後に付属していましたが、一号機も二号機も、富士見ではこのタイヤを使っていました。ただ、このタイヤはCコースの前半部分は素晴らしいものの、後半部分のグリップが心もとありません。特にB/Cの後半部分は常時湿っていますので、今回は異なるタイヤを使ってみたくなりました。

そこで、今日はY’s Road新宿店でタイヤを探してみました。そして一つだけあったKENDA NEVEGAL 2.35 STICK-Eをゲット。合わせて、2.35タイヤに対応したチューブを購入しました。本当は2.5サイズに興味があったのですが(富士見を走る先輩ライダーのみなさんがみなそうでしたので)、明日に間に合う最善のタイヤはこれしかありませんでした。

KENDA NEVEGAL 2.35 STICK-E & Y'sオリジナルチューブ

KENDA NEVEGAL 2.35 STICK-E & Y’sオリジナルチューブ

NEVEGALはSTICK-Eタイプなので、そのグリップ力に期待できます。チューブは先日入れたバナは2.35に対応していないので、今回手に入れたチューブに変更します。このチューブにはパウダーがついていて、これをまぶしてセットすると長持ちするんだそうです。チューブのブランドはKENDAでした。相性が良さそうなので、フロントにこのチューブとNEVEGAL、リアをオリジナルのチューブとBLUE GROOVEという組み合わせにしました。NEVEGALは新しいせいか、STICK-Eのせいなのか、ビードがなかなか上がってくれずにかなり高圧まで空気を入れなければなりませんでした。いずれ、Mavic Crossmax SXを手に入れて、Maxxis High Roller 2.5 UST Super Tackyなんかを入れてみたいと思います。

SCOTT RANSOM号 - 下り専用仕様

SCOTT RANSOM号 – 下り専用仕様

fi’zi:k gobiはレールが太すぎて、前上がりにするとオリジナルのシートポストでは固定できませんでした。なので、Vertex号からSelle Italia SLR XC Gel Flowを借りています。

このシートポストは前側からカバーを倒して、後ろで留める形式になっているのですが、レールの大きさによって、ボルトが挿入される角度が変わる仕様は危険だな、と思います。

サドルを白にしたらグリップも白にしたくなります。Scottオリジナルのグリップは中の金具が破損しているようなので、しばらくはこの仕様で行くかもしれません。Bコースは残念ながら最後のパートが閉鎖中のようですけど、そこまでをスムースに走りたいので、なるべく軽くしたいところ。サドルおよびペダルの変更で、前回の富士見より若干軽く仕上がっているのではないかと思います。あ、ビンディングペダル&シューズも持っていこうかな?

意外に白が似合う気がします

意外に白が似合う気がします

SCOTT RANSOM号は意外に白が似合う感じがします。

さて、そして明日はもう一つの武器がデビューします。

Contour HD 1080p

Contour HD 1080p

GoPro HDと迷ったのですが、かなり安かったのでこちらに決定。標準のゴーグルマウントを使用する予定でしたが、これじゃグラグラです。特にPara-chuteは表面が凸凹なので厳しい。以前使っていたBMX用のヘルメットにも装着してみましたが、やはりグラグラ。これじゃあダメでしょう。明日になれば、ヘルメットの上に固定するベンチレーション・キットが届くのですが…。とりあえずBMX用ヘルメットの上か横に貼り付ける形にしようかと思います。

さて、下り専用に仕上がったRansom号ですが、近所の舗装道路を試走してみると意外に走りが軽い感じです。リアはBLUE GROOVE DTCのままなのが幸いしているのかもしれません。

KENDA NEVEGAL 2.35 STICK-E

KENDA NEVEGAL 2.35 STICK-E

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (2件)

  • もぅお休みかも?) 明日の準備、お疲れ様でした。
    準備も万端のご様子なので、楽しんできてください。
    (あ・・ケガはお増やしにならぬよう。)

    しかし、カムコーダーまで揃えましたか・・気合い、十分ですね。
    ランサム号もばっちり決まってますよ。仰る通り、白パーツも似合ってますし。
    季節も天気も良さそうなので、Tさんと秋を満喫なさってくださいませ〜。

  • sadaさん。こんばんは。

    行ってきましたよ〜。今回は怪我もなく無事に帰ってきました。すでに全身筋肉痛ですが(苦笑。

    > カムコーダー/ランサム号
    カムコーダーは…。しくじりました(泣。
    ランサム号は7月のときと比べてちょっと乗りにくい感じがしました。
    あるいはちょっと体調が悪かったせいかもしれませんが…。

目次
閉じる