Mac OS X 10.5 Leopardにしてから…

なんか、全体的にMacBook Proの動作が遅くなったような気がします。
PowerBook G4なんか不安定になって、Macの電源を落とせなくなったりしているし、妻のMacBookも「なんか動きがおかしい」と不評です。
アップグレードインストールより、クリーンインストールして改めてアプリケーションを入れ直したほうが良かったのかもしれません。ATOK 2007も多少の制限があるようですが、各ソフトウエアが完全にLeopardに対応すれば状況は変わるのかもしれません。
しかし、Mac OS Xはアップグレードのたびに常駐ユーティリティのたぐいがおかしくなるんですよね。SymantecがNorton Utilitiesを最新版に毎回対応するのをあきらめた理由がわかるような気がします。
ただ、特注した親指シフトキーボードFMV-KB611のドライバで親指シフトがきちんと動いているのはすごいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる