異次元

先週末は仕事が入り、今日も明け方までの仕事でしたので、日内リズムが若干崩れ気味です。

このような状態ですので、遠出はせず、軽くポタリングのみ行うことにしました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

“異次元”の続きを読む

5連休終了!

井の頭恩賜公園

Intense Carbine 275に装着した、Magura MT 8の前側がちょっとエア噛み気味な気がしていたので、今回は簡易方式ではなく、キャリパーからオイルを注入する方式を試しました。

キャリパー側に合うアダプタがなかなかなくて、ROCKSHOXリモートコントロール用の注射器を分解して使うことにしました。

いざ、作業に入ったのですが、エアが抜けたと思っても、レバーを弾くとすぐにエアが出てきて、それが永遠に続きます。結局、途中でレバーを弾くのはやめ、オイルを入れたり出したり、を繰り返す作業に終始して、エアが出てこなくなったところでやめました。多分、レバーを弾いたらまたエアが出てきたはずです。

結果、このインストラクションビデオのようにはきれいには行きませんでしたが、まあ、改善されたような気がします。

しばらくはこれで持つんじゃないかと思いました。

ということで、今日はブレーキを試すために(笑、玉川上水を登ることにしました。昨日とは打って変わって、今日は空気が冷たく感じられました。

玉川上水コース
玉川上水コース

このコース、都心に近い方はだいぶ舗装が進みましたね。それでもまだ、都内にこれだけ長い未舗装部分が残っているのはありがたいことかもしれません。

勾配はないですけど、まっすぐにしたSIX Trailのような感じかもしれません。むしろ、路面そのものはSIX Trailより粗いところもあるかもしれませんが…。

“5連休終了!”の続きを読む

Intense Carbine復活

Intense Carbine 275復活

今朝は少し早起きしたので、ちょっとだけどこかに走りに行こうか…と思ったのもつかの間、カラダのあちこちが痛いようなので、ご近所ポタリングに変更(泣。

先日よりリアサスが不調のIntense Carbine 275号。いよいよメンテナンスに出すか…と考えていたところなのですが、以前持っていたMarzocchi Rocoが同じような状態になったことがあることを思い出しました。

そのときは、リバウンドノブの押し回しを試みて復活したんたですが、Intense Carbineにも「ダメ元」で同じことをやってみることにしました。

すると、押し回しをした瞬間に「カチッ」と大きめな音がして、その後カチカチカチと、極めて普通の動きに。その結果、リバウンドがきちんと効くようになりました。併せて、CTDの設定も効くようになった気がします。

どうやら復活したらしい、Intense Carbine 275
どうやら復活したらしい、Intense Carbine 275

走行中に頻繁にCTDレバーを変更したりしていたので、ノブやレバーが浮いて緩んだりしていたのでしょうか…?

これでとりあえずは修理に出さなくて良くなりました。いずれにしても良かった…ということで、新しいセッティングを試します。

リアサスは200 x 57mmだそうなので、25-30%に設定する場合は14.25mm−17.1mmとなります。今まで5mmくらいでしたから、サグが小さすぎたといえますね。

サグ25%
サグ25%

そして、フロントを20%に設定します。

フロントは20%
フロントは20%

ペダルに立ち、バイクの「中心」に乗るイメージで測定しました。

続けてタイヤのエア圧。

昨日のCannondale Prophetは、SIX TrailがM山と比べて荒れておらずフラットであることを想定して、タイヤのエア圧を2barに設定しました。普段のM山とかは1.5bar前後だったりするので、私にとってはかなり硬め。これがとても調子が良かったことで、今日のCarbineも2.0barを試すことにしましたよ。

“Intense Carbine復活”の続きを読む

学習能力 Nothing

Schwalbe Racing Ralph 27.5 x 2.25 TLR PaceStar

週末の里山行きが待ち遠しくなっている今日この頃。わがバイクたちの消耗パーツなどを少しずつ交換しています。

以前の里山行きの途中でレールが折れてしまったfi’zi:k gobiに代わり…。

fi'zi:k gobi
fi’zi:k gobi

あまりお尻に合わないことは分かっていても、新品が通常価格より5,000円も安いので、同じものにしました。

微妙にデザインが変わっています
微妙にデザインが変わっています
裏から見たらほとんど同じ
裏から見たらほとんど同じ

折れてしまった古いサドルと同じカーボンレールですが、おシャカになったとはいえかなり長い間頑張ってくれましたからね。レールが折れる前にその付け根が割れたりもしたのですが、この付け根に関しては、新しいものはかなり分厚く、丈夫に接着されていました。

このサドル、里山でも早く試してみたかったのですが、Intense Carbine 275用の新タイヤが本日夜に届く予定だったし、昼過ぎは散髪の予定もあったので、明日に回すことにしました。

ということで、今日はIntense Carbine 275で軽いポタリングをするだけにしました。

“学習能力 Nothing”の続きを読む

よく走ります

シジュウカラ

今日は少しだけポタリングする時間が取れたので、チューブレス化したCannondale Prophet号を軽く走らせてみました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

舗装路はすでに通勤経路の移動で試してみていましたが、とにかくチューブがNoTube液に変わっただけで、走りの軽さが激変しています。ビードを上げるのに苦労したタイヤ、Schwalbe (シュワルベ) Racing Ralph レーシングラルフ / TL Ready (26×2.25)の軽さが活きました。

それだけではなく、空気圧を少し抑えていることもあってか、乗り心地が大変にいいということもやはりチューブレス化の最大のメリットといえます。

今日少しだけ走ってみた未舗装路も、グリップはするし軽いし、ジャンプの着地も問題なく行えます。ビードを上げられず散々悪口を言ったSchwalbe Racing Ralphですが、走行性能については満点を上げたいと思います。これならM山や6 Trailを走るくらいなら大丈夫なんじゃないかな?

ただ…。

“よく走ります”の続きを読む

バカ…

リカバリーライド

昨日散々「重い」と述べたHutchinson Python 2 27.5 x 2.25 Tubeless Ready Hard Skin。確かに重いんですが、昨日のStravaの記録を見たら、往復の2箇所で自己ベスト記録が出ていました。

HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25
HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25

トータルの時間が遅かったのは一回迷った(バカ…)ことによるもののようで、極端に遅い、ということではなく、場所によっては速かったともいえます。

自分の感じ方と実際のパフォーマンスが異なっていたケースですが、こういうのがあるから、スポーツは面白いのかも。

さて、今日はリカバリーライド。玉川上水経由で井の頭公園にでも行こうかな、と思って走っていたそのとき。昨日、イメージ通りにM山トレイルを走れなかったことを思い出しました。それで悪いイメージを直ちに解消したくなって、まさかの2日連続M山トレイルを目指すことに。

“バカ…”の続きを読む

住環境

今週末も腰痛が残ってしまったため、里山行きなどの活動は諦めてご近所ポタリングへ。

ヒヨドリ
ヒヨドリ

SB山付近の緑地にいたヒヨドリくん。

とことこ寄ってくるドバト
とことこ寄ってくるドバト

ヒヨドリを追っていると、とことこと近くまで寄ってきたドバト。あまりに近づきすぎたので、少し離れて撮影。

“住環境”の続きを読む

MTBに乗ってりゃ平気

リカバリーポタ

ロングライドの次の日はだいたい、リカバリーのためのポタリングをするんですが、今日は迷いました。寝ていても寝返りしようとすると腰に激痛が走って目が覚めてしまうので…。

でも、結局は外に出るのです。

ドブ池も凍る…
ドブ池も凍る…

ドブ池も凍る寒さ。

カワセミエリア
カワセミエリア

カワセミエリアもこの通り通せんぼされてしまいました。

カワセミ枝は無事
カワセミ枝は無事

中央右に見えるカワセミ島もまだ無事のようです…という報告をするためにNikon D600 + Nikon AF-S Micro 60mm f/2.8G EDで金網の隙間から撮影しました。が、自宅に帰ってmacbook proの画面で見てみると、なんとカワセミが枝に止まっているではありませんか。写真を1/2に縮小しているので微妙ですが、来てくれていたんですね。

また、この瞬間には左側に飛ぶアオサギ、右上にはハトらしき鳥が写っています。

アオサギには気づいて写真を撮ってみたのですが、60mmではとても。

“MTBに乗ってりゃ平気”の続きを読む

グキリ

非常にすばらしいバイクの予感

今期最大の寒波の中、急遽Trail-SさんのMASI号のシェイクダウンに同伴させていただくことになりました。これが2017年の初トレイルになります。

今回は武蔵野園さん前で待ち合わせ。

カワセミの池が
カワセミの池が

いつもカワセミを撮っている側は予想通り進入禁止になっていましたが、反対側には柵などはありませんでした。ご覧のように池の水が抜かれていましたが、結構「ドブ臭」が…。

それでもカワセミは来てくれているようで、トレイルからの帰りにGemini-Sさんから今日は2羽、川を越えてやってきていたということを伺いました。しばらく逢えないかも、と思っていましたが少し期待できるかな…? でも池の水がこういう状態なので…。でかい鯉とかどうしたんだろう?

目的地のSIXトレイルまでは結構距離があるのですけど、Trail-SさんのMASI号は結構速くて、付いていくのが大変でした。交換パーツが間に合っていれば、もうちょっと楽だったかもしれないけど…。

MASI号とCarbine号
MASI号とCarbine号

こちらは多摩湖の近くの、自転車乗りには有名なサンクスの駐輪場。ここで軽く炭水化物を補給。ただ、店内が品薄でどうしたのかと思ったら、ファミリーマートに生まれ変わるんですね。

長丁場なのにNikon D600なんかを持って行っちゃって…。でも、久々にMicroレンズのNikon AF-S Micro 60mm f/2.8G EDを付けていたので、さすがに映りがいい感じでしたよ。

“グキリ”の続きを読む

諦めと決断

急降下

ちょっと公園に寄ってカワセミを撮ったあと、今年初の里山行きをしようとIntense Carbine 275を走らせました。

Intense Carbine 275
Intense Carbine 275

しかし、どうしたことかモチベーションが全然上がらない。ついに行程の半分くらいまで来たところで引き返すことにしました。

今日は体力的にも相当余裕がありますし、今までなら「どうせここまで来たんだから」と強行していたでしょう。昨年はサドルのレールが折れても行くことを優先しましたから。

途中でやめるという「諦め」は初めてかもしれません。

このような気持ちになった一つはこの日が義母の命日であったこと。特に年末から今年にかけてはいろいろと義母のことを思い出すこともあったので、無意識に私のモチベーションにブレーキをかけていたのかもしれません。

Cannondale Judge 2007 Team Replica
Cannondale Judge 2007 Team Replica

さらにもう一つ。これを手放す「決断」をしたことにも理由があるかもしれません。昨日仕事が終わったあと夜中まで磨いていたCannondale Judge DH 2007 Team Replica。

今まで見たことのあるバイクの中で一番好きな形状
今まで見たことのあるバイクの中で一番好きな形状

おそらく今まで見たことがあるバイクの中で一番好きな形状のバイクです。言うまでもなく、下り系では最強バイクでした。

下り系最強
下り系最強

本来ならIntense Carbine 275を入手した直後に手放す予定だったのに、パーツがないなど、なんやかやと理由を付けてずっと寝かせ続けてきました。

でも、2011、2012のシーズンに1回ずつダウンヒルしただけで、4年もフィールドに出していません。要するに置いているだけなのです。Judgeが可哀想。

「決断」しなければいつまでもそのまま。

今日撮影のために乗ったのが最後になるでしょう。

子離れしたらまたご報告します。

“諦めと決断”の続きを読む