楽しく走れるバイク

Monkey

昨日のM山は46km程度の走行距離だったのですが、より疲労が強く残っている感じでもあったので、十分に休んだ後、午後に軽く脚回ししました。

SB山で一休み
SB山で一休み

SB山で一休み。この場所、とても明るくなりましたね。左奥にあった木々を伐採した影響でしょうか。

この写真を撮っていたら、Mさんがお越しになりました。この場所でお目にかかるのは初めてかもしれません。

日本のMTBerが憧れる「Monkey」
日本のMTBerが憧れる「Monkey」

今日のバイクはこちら。日本のMTBerの憧れである「Monkey」号です。

そう。昨日、鳴木屋の店長さんの26+仕様のMonkey号(店長さんは「台湾坊主」と呼んでいました)を試乗させていただいたこともあり、Trail-Sさんとその「不思議なコギの軽さ」に驚いたのですが、こちらはスタンダードな27.5仕様です。

タイヤは、私がどうしてもエア入れできなかったSchwalbe Racing Ralph 27.5を引き取っていただいたものだったりします。これによるものなのか、以前よりさらにコギが軽くなった印象ですが、かといってグリップが悪くなったとか、そういう印象はありません。

SB山には急坂も根っこもあるので、試乗させていただきました。サドル高やハンドル位置など、Mさんと私はほとんど一緒なので、いつもベストに近い状態で試せるのがありがたいですね。

Monkey号は「リアが無駄に動かないフルサス」という感じの乗り味で、接地感が十分に維持されるのがすごい。私が過去に所有したハードテールは29インチも含めて、下りやペダリングでリアから加重が抜けることが多かったのですが、それがありません。

リアから加重が抜けるのはもちろん私のテクニック不足なんですが、その私でも急坂の登り、下りを滑らかにこなせるのですよ。

「バイクがライダーのポジションを正しく導いている」

のではないかと思うようなバランスと快適さです。

このあと、武蔵野園さんのほうに移動して、そこの急坂、凹凸、下りなども試させていただきました。

“楽しく走れるバイク”の続きを読む

平日休暇

叫んでいる…わけではなく、サカナを呑み込む瞬間です

先週末に仕事をしたので、今日は代休を取りました。体力的に問題がなければM山行きだったのですけど、腰痛が芳しくない状態で、ご近所ポタリングだけにしました。

ご近所も未舗装路はまだ結構ぬかるんでいたりもしたので、そういう意味でもM山行きにしなかったのは正解かも。

ご近所の公園は、もしかしたらカワセミがいるかも、と考え、久々のCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II + Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMの組み合わせです。

Carbineが少し不調だった
Carbineが少し不調だった

今週、Intence Carbineが、ブレーキの引きずり音がひどかったり、変速が決まりにくかったりで、調子悪いなあ…と思っていたのですが…。リアの12mmアクスルが緩んでいました(苦笑。9mmクイックとかだと「ギュッ」と締め込むけど、12mm thruは回すだけ。若干心配になりました。乗車前チェックは必要ですね。

リアを久々に150mmに設定してみた
リアを久々に150mmに設定してみた

併せて、今日はリアサスペンションの取り付け位置を久々に150mmのところに変えてみました。エアが多めでサグはかなり小さいのですが、動作感が豊富になります。ペダリングへの反応も大きくなりますので、M山への往復などを考えると135mmの設定がいいのかも。でも、しばらくの間、この150mmを試してみようかと思います。

飛びすぎた
飛びすぎた

この150mmの設定で段差を試しましたが、斜面にランディングするつもりが斜面の一番下に茂っている草に着地してしまいました。なので、150mmとはいえ、前回のProphetのときより衝撃を感じてしまいました。

“平日休暇”の続きを読む

住環境

今週末も腰痛が残ってしまったため、里山行きなどの活動は諦めてご近所ポタリングへ。

ヒヨドリ
ヒヨドリ

SB山付近の緑地にいたヒヨドリくん。

とことこ寄ってくるドバト
とことこ寄ってくるドバト

ヒヨドリを追っていると、とことこと近くまで寄ってきたドバト。あまりに近づきすぎたので、少し離れて撮影。

“住環境”の続きを読む

生態系

先週末に痛めた腰。金曜日には快方に向かっているのかな、と思っていたのですが、今朝起きるとまた痛みが強くなっている。

いったいどういう痛め方をしたのか。

もともと腰痛持ちではあるけれど、いつもはじわじわ痛くなるパターンなのに対し、今回はライド中の姿勢の崩れによって「ズキッ」ときたもの。これまでとは勝手が違う感じです。

それでも腰にコルセットを巻いて、今日も近所にポタリングするのです。

生態系が変わっている
生態系が変わっている
まだ水を抜いて二週間程度と思いますが
まだ水を抜いて二週間程度と思いますが

水を抜いて浅瀬になった影響か、池や中の島の生態系が変わっているような気がします。

アオサギ
アオサギ
ダイサギ
ダイサギ

立入禁止になっているカワセミ島のところはカラスの巣窟になっていましたし、池は普段はいないたくさんのコサギの姿も見られました。

普段はこの池では見かけないコサギの姿も多数
普段はこの池では見かけないコサギの姿も多数

“生態系”の続きを読む

離 その2

三連休といっても弊社決算なので、何かとバタバタした3日間でした。

私はCannondale Judge号のメンテナンスもあって、腰などに疲れが残っています。

さて、今日もJudge号の細かい部分の清掃などを行っていましたが、昼過ぎからなんか晴れ間がのぞき始めたのに気づき、ポタリングをすることにしました。

もちろん、これから逢えなくなると予想されるカワセミにも逢いたかったし。

右下にカワセミ島
右下にカワセミ島

iPhone 7のカメラ機能はなかなかいいので、一眼は望遠を持って来て広角側はiPhone 7で撮る、という切り分けもできそうな気がしてきた今日この頃。右下に小さく、カワセミ島が見えます。

でも、今までのようにはカワセミはやってこないのです。餌桶がないため、来ても短時間止まるのみ。

カワセミ待ちの間、別の鳥を追いかけてみたりしました。

シジュウカラ
シジュウカラ

とってもに遠くにいるので、これが限界です。シジュウカラ。可愛く動き回っていましたよ。 “離 その2″の続きを読む

しばらくは逢えないでしょう

今日は久しぶりに悪天候ということで、雨が降り出すまでのつかの間、ポタリングすることにしました。出発時にはもうポツポツときていましたが、行けないことはなさそうということで。

池に着いてみると池の周りがなんだか寂しい雰囲気です。

カワセミ島が浮上
カワセミ島が浮上

…本当に浮上したわけではないのですけど、カワセミが止まる枝を植えた島が、水位の低下で土台が見えています。

また、昨日まであった餌桶が見当たりません。おそらく工事に備えて撤去されたのでしょう。当然、カワセミもカメラマンもいないわけです。

工事が始まります
工事が始まります

1月上旬に工事開始で、池の水を10cmまで排水するとのこと。3月上旬まで、カワセミ島のポイントに行く道はすべて遮断されるので、カワセミたちとはしばしのお別れ…となるかもしれません。

それを察してか、カワセミママが来てくれました。

池の岸のところに止まる
池の岸のところに止まる
しばしのお別れか
しばしのお別れか

なんと今日は池の岸のところに止まってくれました。枝に止まってもいつもの場所に「桶」がないからかもしれませんが。

顔のところに枝がかぶってしまいましたが、出てきてくれていつもより近くに止まってくれたのは嬉しいですね。

Canon EOS 7D Mark II + Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMを持って来て良かった。

“離”の続きを読む

酉年初鳥撮り

年末年始休暇も明日までなので、今日は遠出したかったのですが、グズグズしていたため無理な時間帯となりました。

そういうことなので、今日は酉年の鳥の撮り初めです。

酉年の鳥の撮り初め
酉年の鳥の撮り初め

今日はカメラマンさんがどれだけいらっしゃいましたかね。そんな中に姿を現すカワセミ姫。

カメラマンさんよりカラスが気になる
カメラマンさんよりカラスが気になる

“酉年初鳥撮り”の続きを読む

Action

カワセミ

本日より年末年始休暇。朝早く目覚めたので里山に行こうかとも思ったのですが、平日ではあるのでお仕事の邪魔になってもいけないと思い、昼過ぎまで休養をとることにしました。

今週は長男も体調が悪く、今日病院に行ったらインフルエンザA型であることが判明。予防接種を受けていたことで重症化していないとの診断だったようですが、久しぶりに寝込んでおり、とても軽症には見えません。まあ、年末年始は大事にしてほしいと思います。家庭内パンデミックにも注意だな。

私は15:00を過ぎてから、近くの公園へ。

定位置
定位置

今日も定位置に居てくれましたよ。カワセミ姫。

サカナ獲り失敗
サカナ獲り失敗

“Action”の続きを読む

活かしたいが

Intense Carbine 275
実にやっかい
実にやっかい

Cannondale Lefty Max 140 Carbon RLC 2010。以前から入手したいとは思っていたものの、メンテナンスは実にやっかい。

例えば、上の写真に見えている黒いカラーを外すためには、2mmレンチでリバウンドノブを外し、1.5mmレンチで3つのボルトを緩めて、ロックアウトレバー、コンプレッションノブを外さなければなりません。ずれたニードルベアリングを戻すのには必須の工程で、比較的頻度の高い作業となります。

リバウンドピンが折れていることでリバウンド調整が出来ないことは諦めてます(補修パーツを海外で決済したのですが、返金され…)。でも、せめて硬すぎるコイルは換えたい。これが、マニュアル通りに進めても現状無理なんです。

KH026 Compression Ringを外すところまでは今日進みました(手順書ではこの手順は省略されている)。しかし、次の工程のKH027 Retaining Ringを外せません。KH027がPreload Tubeの中から出てきてくれないため、外しようがないのです。

マニュアルの説明ではPreload Tubeを圧迫せよ、と書かれていますが、どうやってやればいいのか全く分かりません。

英国からの中古品の購入です。カスタムなどが行われている可能性もあるので、これ以上は難しいかもしれません。

ガワだけでも入手できたことを喜ぶことにします。中身をPBRに換えれば、Rize OneにつけていたLefty Max 140 Carbon XLRと同等の性能になるはずなので、それを目指そうかと思います。高く付きましたが、この個体を活かすことはできると思います。

それまでに、別にPBRの個体が見つかれば、そっちに乗り換えるかもしれませんが。

でも、結局また、2台主力を持つとかかるコストも分散して2倍になってしまう…。

“活かしたいが”の続きを読む