Intense Carbine 275 VS Cannondale Prophet

今日、起きてみたらカラダがやたらとだるい。やはり2日連続の里山は効いたようで、こういう部分でやっぱり年を取っているということを実感します。

なので、今日はポタリング以外の目立った活動はせず、午前中はこんな動画を編集していました。

昨日、ポタリング仲間が集まったときに、26インチと27.5インチで差があるのかな、なんて話が出ていたからです。多くの場合は「日本のトレイルでは、そう大きな差が出ない」ようですけど。

“Intense Carbine 275 VS Cannondale Prophet”の続きを読む

今回は当たりでした

Schwalbe Racing Ralph

昨日までに仕様変更したCannondale ProphetとIntense Carbine 275。今日の里山行きはどちらに乗っていくか迷ったのですけど、Prophetは仕様変更前にすでにかなり満足な状態に仕上がっていたこともあって、今日はIntense Carbineを試すことにしました。

念願のSchwalbe Racing Ralphを装着したCarbine
念願のSchwalbe Racing Ralphを装着したCarbine

タイヤは、当初想定したものより少し丈夫なバージョンになりましたが、念願のRacing Ralphを装着してあります。

もともとCarbineは里山への自走がちょっと重めだったため、その往復を楽にすべく、いろいろなタイヤを試してきたわけですが、ここまではことごとく失敗していました。その往復改善プロジェクト(?)がようやくここに来て実現した感じです。

楽な往復を実現したSchwalbe Racing Ralph 27.5 x 2.25
楽な往復を実現したSchwalbe Racing Ralph 27.5 x 2.25

走りは劇的に軽くなり、今回往復の4区間で自己記録を更新していました。少し前にProphetで走って、しばらくは抜けないと思った記録もビッグダウンヒルとなる区間を除いてすべて更新し、登り区域では大幅な更新となっていてびっくりしました。

やはり、27.5というホイールサイズがかなり有利に働いているんじゃないかと思います。

“今回は当たりでした”の続きを読む

区切り

Cannondale Prophet

今日は次男の卒業式でした。私や妻も仕事を休んで、義務教育最後の卒業式に出かけました。長男も自分のスケジュールを開けて参加してくれました。

ここで、末子の義務教育も終わり、一つの区切りの時期が来たともいえます。

ここで私も一つの区切りとすべく、7年と少し続けてきた株式会社ICOを、末子が成人するまでの間休業したいと思います。本日、次男の卒業式のあと税務署で手続きをしてきました。会社自体は4月まで営業しますが、その後は私個人が引き継ぎます。

会社といっても基本的には個人事業の延長に過ぎませんでした。この規模での法人化は正直なところ厳しいものだったと思います。

本来は「お客様はもちろん、自分や家族、そして仲間のための仕事」をすべきところ、いつの間にか「会社運営のための仕事」になっていた感は否めません。そこは一番大きな反省点ですが、この7年あまりで一つのいい経験ができたと思っています。

この間、お世話になったみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。4月にまた改めてご挨拶をさせていただきたいと思います。

“区切り”の続きを読む

Last Game

中学最後のサッカー試合

中学生としては最後となる次男のサッカーゲーム。

中学最後のゲーム
中学最後のゲーム

送られる3年生が次男1人のため、ちょっとしたミニゲームになると思われましたが、なんとOBの子らが大勢来てくれて、普通にゲームができました。彼らが次男のことを本当に気に掛けてかわいがってくれていたことが分かり、感謝しかありません。

それがこういった笑顔のプレーにつながったのだと思います
それがこういった笑顔のプレーにつながったのだと思います

それがこういった笑顔のプレーにつながったんだと思います。

特に3年生1人になってからのサッカーの公式試合は常に厳しい表情でしたから、最後に楽しんでプレーする次男をみることができて、私も嬉しかったですよ。

次男はこれからの高校生活の3年間、サッカー活動を継続する予定です。

OBのみんな、後輩のみんな、そして保護者の方々。たった1人の卒業生のためにいろいろとありがとうございました。

“Last Game”の続きを読む

ようやく決まった次世代機材

iMac 27 5K Late 2015 MK482J/A

次世代機材。ようやく決まりました。

Apple iMac 27 Retina 5K Display Late 2015 MK482J/A、現行機種です。

Apple iMac (Retina 5K Display 27/3.3GHz Quad Core i5/8GB/2TB Fusion/AMD Radeon R9 M395) MK482J/A
Apple iMac (Retina 5K Display 27/3.3GHz Quad Core i5/8GB/2TB Fusion/AMD Radeon R9 M395) MK482J/A

次世代機種については、実はかなりMacBook Proとも迷いました。最終的にこちらを決断したのは、sadaさんとこの27インチを拝見した影響が大きかったですね。

今年はiMacの新製品展開が予想されているので、それを待つ選択肢もありました。でも、円安が続いているので、価格的に手を出しにくい金額になるんじゃないかと。

今回入手したiMacも、現行機種とはいえ、今回は中古購入です。キーボード、マウス、冊子類が付属しないということで価格が抑えられていたこと、Apple Careに加入済みで2019年前半まで有効であることが決め手になりました。

昨晩はYosemiteに初期化されていたOSをmacOS Sierraに変更し、その後現在使用中のMacBook Proのバックアップからリストアを始めたところで就寝。朝には終わっていました。

さっそく、リストアだけでは復帰できない設定を実行しました。まずはそこで一つショックだったのが、どうにも「どんくさい」こと。となりで動かしているMacBook Proに対し、一つ一つの処理が明らかに遅いのです。

一番問題だったのが、ATOKがマトモに動かないこと。なので、いったんことえりを使いましたが、設定項目の少なさが不便ですね。次に、久々にGoogle日本語入力をダウンロードして使いました。この日本語入力ソフトはとても高速に動作しますね。

肝心のFinal Cut Pro Xも、明らかにMacBook Proのほうが高速です。3年半の差があるとはいえ、iMacがCore-i5なのに対し、MacBook Proは4コア×2スレッドの計8スレッドで動作可能なCore-i7ですから、バックグラウンド処理の多いFinal Cut Pro Xの場合は、処理そのものもはやはり有利になるんでしょう。さらにデカイ素材を扱うことになるので、それを置いておく場所がSSDなのか、Fusion Driveなのか、という差もあると思います。

ただ、初めてこのマシンで4K動画を制作してみたのですが、素材をフルに表示できる5K Retina Displayにはすごさを感じましたね。一度にいくつものウィンドウを扱えるので、作業効率も高くなりそうです。

さすがに作業がしやすい!
さすがに作業がしやすい!

そういえば、このマシンは標準のメモリ搭載量は8GBでした。もう少し待つつもりでしたが、急遽メモリを32GBに増やすことにしました。

今度こそ大丈夫!
今度こそ大丈夫!

この状態で扱うと、さすがにメモリにも余裕ができ、動かなかったATOKもとりあえず動作するようになりました。ただ、Google日本語入力の軽さを体験してしまうと、ATOKのパフォーマンスには大きな不満を感じます。

それに、開発元が運営するショップは、プラチナ会員に対しては優先的な対応を謳っているのに、朝方依頼したATOKの動作に関するサポートはまだ音沙汰なしです。自動返信すらありません。そういえば、前回もサポート依頼、無視されたんだよな…。

“ようやく決まった次世代機材”の続きを読む

なかなか決まらぬ次世代機材

Intense Carbine 275

私のMacbook Pro 15 Retina Mid 2012はここしばらく、メモリフルに近い状態で動いています。

2012の購入当初は8GBというメモリ容量は十分なサイズだったのですが、その後OSもアプリも重くなってきて、現在ではこの容量では本当にギリギリになってしまいました。今はいくつかの常駐プログラムのほか、Safariと写真アプリを立ち上げているだけの状態なんですが、メモリの残りは45MB程度。

2月くらいになって、このMacbook Proに変わる主力マシンを探し始めました。しかし、新しめのmacは人気があるのか、中古でもすごく価格が上がるのでなかなか踏み切れない。

そこで、何気なくMacbook Pro 15 Mid 2012 / メモリ増設で検索をしてみると、カタログ値では8GB上限でも、16GBまで増やせるというような情報が…。Appleのサイトでメモリ交換方法を確認し、いざPrime Now! でメモリを購入しました。

DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM Mac対応 8GB×2
DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM Mac対応 8GB×2

そして、Appleサイトのインストラクションにしたがって裏蓋を開けてみると…。

「インストラクションと違う!」

そう。Macbook Pro 15 Mid 2012とMacbook Pro 15 “Retina” Mid 2012では構造が全然異なっていたのです。”Retina”モデルはメモリが「オンボード搭載」でした…。

メモリ、開封してしまいましたよ…。

今日はこの失敗からなかなか立ち上がれないままでしたが、花粉症にもめげず、次男がサッカーの練習に出ていたので、私も出かけることに。

“なかなか決まらぬ次世代機材”の続きを読む

今年もそれはやってきた

M山

昨晩はなんだかんだで遅くなり、今日はちょっと寝坊しました。11時起きは久々かもしれません。

まあ、夕方ライドもいいかと、14:00を過ぎてから出かけました。

比較的調子が良かったですね
比較的調子が良かったですね

花粉症の影響でマスクをしている割には体調が良かった気がします。やはり日内リズムがピークの時間帯の活動は力も出しやすいようです。

“今年もそれはやってきた”の続きを読む

SDカードは忘れたけど

Intense Carbine 275

今日は少し朝寝坊。正午前まで二度寝、三度寝したと思いますが、あまりお腹の調子が良くない中でのM山ライドで、疲れが溜まっていたのでしょうか?

sadaさんもmacを新調されたようですし、私も新しいのにしたいな、とか考えてブツを探したりしたあと、軽くポタリングに出かけることにしました。

毎度のことで、またカメラにSDカードを入れ忘れたので、今日はiPhone 7での撮影です。まあ、ポタには十分ですかね。

久々に工事中の急斜面エリアの観察。

急斜面エリア
急斜面エリア

2013年の6月から続く工事は3年半経ってもまだ続いています。

通り道は塞がれて
通り道は塞がれて

一番広い急斜面はこのように変貌し、MTBで降りるのはこのままでは難しい感じになっています。

根っこの露出も進む
根っこの露出も進む

心配なのはこういった部分。根っこの露出も進んでいるように見え、かなり土が下に流れてしまっている印象です。

“SDカードは忘れたけど”の続きを読む

万物流転

Cannondale Prophet
Cannondale Prophet

Prophet号。木曜日、少し早く帰れたのでチェーンの洗浄やリア・ディレーラーのメンテナンス、ブレーキパッドへのパッドグリス塗布、リアハブの玉あたり調整、リアサスへのスタンチオンルーブの塗布、レフティのグリスアップなどを行いました。

さらに最近里山行きが多いため、シートポストを以前銀Prophetに装着していたMARSドロッパーシートポストに変更しています。

今日はこの仕様にて、M山に向かいました。

人里近いM山
人里近いM山

人里にとても近いM山。今日は別の入口を探してこの場所に入ってみましたが、山の中にはつながっていませんでした。ネコちゃんがいっぱいいましたよ。

“万物流転”の続きを読む

2.0bar

尾根

昨日はポタリング程度の運動しかしなかったので、今日は朝から山に行く気満々でした。ただ、リアサスを交換したProphetにするか、サドルを換えたCarbineにするかはギリギリまで迷いました。

Prophetは先週走っている、ということもあって、結局はSchwalbe Racing Ralph Evo Pacestar 650b 27.5 X 2.25の装着に失敗して、失意の最中(?)にあるCarbineを選択しました。

Hutchinson Pythonはやはり重いのは重かったのですけど、前回と比べると明らかに舗装路の走りが良くなっていて、今日はあまりストレスを感じませんでした。

なぜだろう?

思い当たるのは空気圧です。

私はこれまでの経験から、愛車の空気圧は舗装路でも山の中でもコースでも2.0bar、もしくは状況によってそれ以下、という感じに決めていました。これを決めたのがpanaracerのフロアポンプを使っていたときのこと。

その後、このフロアポンプがダメになり、その後はTopeakのMTB用フロアポンプに交換したのですが、このTopeakの2.0barはpanaracerの2.3-2.5barに相当することが分かりました。個体差はあるのかもしれませんが。

ということで、その後は1.7barくらいで空気を入れるようにしていました。その後、チューブレス運用していたRizeが盗まれ、同じくSpicyも売却して残る愛車がチューブドになってからは、あまり考えずにTopeak版(?)の2.0barで使うようになっていました。

Hutchinson Pythonの1回目の装着はこの古いTopeakで2.0barに設定していました。しかし、昨日TOPEAK(トピーク) ジョーブロー ブースターを使って同じく2.0barにしてみると、ちょっと柔らかい。

あれっ?

ということで、Panaracerのエアゲージを使って空気圧を測定してみると2.0bar。この機材が検知する空気圧は完全にPanaracerと一致するようです。

なので、今日は前回よりかなりエア圧が低い状態で往復したのです。

舗装路はエア圧が高い方がいい、とよく言われますが、私の場合は初代Prophetに乗っていたときも3.0bar、4.0barより2.0barのほうが走りが軽くなり往復が楽だった記憶があります。最初は行きだけ空気圧を上げる、というようなことをしていたのですが、やめました。

こんなこともあって、ロードも闇雲に空気圧を上げるのではなく、普通の人より低めに設定しているんじゃないかと思います。

…今回、何年も経って同じことに再度気づいた感じですかね。やっぱり学習能力 nothing。

“2.0bar”の続きを読む