Cannondale Prophet 27.5er

Cannondale Prophet 27.5er

今日も朝から雨天。夏期休暇最終日となる明日も一日雨天の予報です。休暇取得時点では見事に全部晴れのはずだったんですがね。

ここまでことごとく…。残念。

なので、今日はCannondale Prophet号の27.5化に取りかかることに。

Cannondale Prophet 27.5er
Cannondale Prophet 27.5er

といってもさほど時間はかからず。crankbrothers cobalt 3 27.5 lefty + Schwalbe Nobby Nic Tubeless Easy Snake Skin 2.25を使用しました。

前回のRockshox Revelation 27.5のときもそうでしたが、このフレームは27.5化しても違和感がそれほどないですね。むしろ安定して見えるような気もします。

XCポジションのクリアランス
XCポジションのクリアランス

海外の記事で得た情報通り、フロントディレーラーは装着したままでもなんとかクリアランスはあります。

XCポジションにしたことで、BBの位置が極端に高くなりました。なので、FRポジションもふたたびためしてみます。

視点と焦点距離の製で比較しにくいですが
視点と焦点距離の製で比較しにくいですが

視点、焦点距離が変わってしまったので比較しにくいですが、BBが下がり、かなり安定した印象になります。しかし…。

タイヤの髭が触れるかどうかのレベルのクリアランスしかありません
タイヤの髭が触れるかどうかのレベルのクリアランスしかありません

タイヤの髭が触れるかどうかというクリアランスレベルになってしまいました。

去年の27.5er化のときに、リアが深くストロークするとシートチューブにタイヤが接触することが分かっています。フルストロークだとブレーキがかかったような状態になるかもしれませんね。リアタイヤを一回り細いものにしてみるか、リアのストロークを120mmに落とすように加工してもらうか、などの対策が必要になると思います。

今日はライドの最後にFRポジションにしましたが、ポタリングと練習はXCポジションで行いました。

“Cannondale Prophet 27.5er” の続きを読む