2.0bar

尾根

昨日はポタリング程度の運動しかしなかったので、今日は朝から山に行く気満々でした。ただ、リアサスを交換したProphetにするか、サドルを換えたCarbineにするかはギリギリまで迷いました。

Prophetは先週走っている、ということもあって、結局はSchwalbe Racing Ralph Evo Pacestar 650b 27.5 X 2.25の装着に失敗して、失意の最中(?)にあるCarbineを選択しました。

Hutchinson Pythonはやはり重いのは重かったのですけど、前回と比べると明らかに舗装路の走りが良くなっていて、今日はあまりストレスを感じませんでした。

なぜだろう?

思い当たるのは空気圧です。

私はこれまでの経験から、愛車の空気圧は舗装路でも山の中でもコースでも2.0bar、もしくは状況によってそれ以下、という感じに決めていました。これを決めたのがpanaracerのフロアポンプを使っていたときのこと。

その後、このフロアポンプがダメになり、その後はTopeakのMTB用フロアポンプに交換したのですが、このTopeakの2.0barはpanaracerの2.3-2.5barに相当することが分かりました。個体差はあるのかもしれませんが。

ということで、その後は1.7barくらいで空気を入れるようにしていました。その後、チューブレス運用していたRizeが盗まれ、同じくSpicyも売却して残る愛車がチューブドになってからは、あまり考えずにTopeak版(?)の2.0barで使うようになっていました。

Hutchinson Pythonの1回目の装着はこの古いTopeakで2.0barに設定していました。しかし、昨日TOPEAK(トピーク) ジョーブロー ブースターを使って同じく2.0barにしてみると、ちょっと柔らかい。

あれっ?

ということで、Panaracerのエアゲージを使って空気圧を測定してみると2.0bar。この機材が検知する空気圧は完全にPanaracerと一致するようです。

なので、今日は前回よりかなりエア圧が低い状態で往復したのです。

舗装路はエア圧が高い方がいい、とよく言われますが、私の場合は初代Prophetに乗っていたときも3.0bar、4.0barより2.0barのほうが走りが軽くなり往復が楽だった記憶があります。最初は行きだけ空気圧を上げる、というようなことをしていたのですが、やめました。

こんなこともあって、ロードも闇雲に空気圧を上げるのではなく、普通の人より低めに設定しているんじゃないかと思います。

…今回、何年も経って同じことに再度気づいた感じですかね。やっぱり学習能力 nothing。

“2.0bar”の続きを読む

学習能力 Nothing

Schwalbe Racing Ralph 27.5 x 2.25 TLR PaceStar

週末の里山行きが待ち遠しくなっている今日この頃。わがバイクたちの消耗パーツなどを少しずつ交換しています。

以前の里山行きの途中でレールが折れてしまったfi’zi:k gobiに代わり…。

fi'zi:k gobi
fi’zi:k gobi

あまりお尻に合わないことは分かっていても、新品が通常価格より5,000円も安いので、同じものにしました。

微妙にデザインが変わっています
微妙にデザインが変わっています
裏から見たらほとんど同じ
裏から見たらほとんど同じ

折れてしまった古いサドルと同じカーボンレールですが、おシャカになったとはいえかなり長い間頑張ってくれましたからね。レールが折れる前にその付け根が割れたりもしたのですが、この付け根に関しては、新しいものはかなり分厚く、丈夫に接着されていました。

このサドル、里山でも早く試してみたかったのですが、Intense Carbine 275用の新タイヤが本日夜に届く予定だったし、昼過ぎは散髪の予定もあったので、明日に回すことにしました。

ということで、今日はIntense Carbine 275で軽いポタリングをするだけにしました。

“学習能力 Nothing”の続きを読む

ガレキの路面をフラットなシングルトラックのように

今日はトレイルを走るか、休むかで迷いました。

でも、前後ホイール、タイヤ、リアサスを仕様変更したCannondale Prophetの性能を確かめたい。ということで、今日もM山へ行くことにしました。

M山からの帰りにMTBerさんとすれ違うことが多いので、地元の方々はもしかしたら午後ライドが多いのかな…? そこで、今日は私も時間をずらして午後ライドにしてみました。

ProphetでのM山への道のりはとても快適でした。本当にコギが軽くなっていますから。

地獄のアプローチ
地獄のアプローチ

写真では分かりにくいのですが、M山のアプローチの急坂。先週Intense Carbine 275で来たときより少し大変でした。Carbineのギア比が44T/34Tなのに対し、Prophetは34T/29T。ホイール径が26でなかったらちょっときつかったかも。

MTBerさんには会いませんでしたが
MTBerさんには会いませんでしたが

今日はMTBerさんには会いませんでしたが、シクロクロスと思われるバイクで来られている方がいました。軽く挨拶を交わしたあと、German iris Hillというスペースがある場所に向かって登って行かれました。

“ガレキの路面をフラットなシングルトラックのように”の続きを読む

よく走ります

シジュウカラ

今日は少しだけポタリングする時間が取れたので、チューブレス化したCannondale Prophet号を軽く走らせてみました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

舗装路はすでに通勤経路の移動で試してみていましたが、とにかくチューブがNoTube液に変わっただけで、走りの軽さが激変しています。ビードを上げるのに苦労したタイヤ、Schwalbe (シュワルベ) Racing Ralph レーシングラルフ / TL Ready (26×2.25)の軽さが活きました。

それだけではなく、空気圧を少し抑えていることもあってか、乗り心地が大変にいいということもやはりチューブレス化の最大のメリットといえます。

今日少しだけ走ってみた未舗装路も、グリップはするし軽いし、ジャンプの着地も問題なく行えます。ビードを上げられず散々悪口を言ったSchwalbe Racing Ralphですが、走行性能については満点を上げたいと思います。これならM山や6 Trailを走るくらいなら大丈夫なんじゃないかな?

ただ…。

“よく走ります”の続きを読む

預言者復活過程

悩ましきProphet

出動機会が減っていたCannondale Prophet号ですが、リアハブのフリーを分解してグリスアップしてから乗り味が激変しました。

さらに、都内有数の坂を一気に駆け下りてもあの「ぐももももおおおぉぉん」という音が再発しなくなったのです。原因がベアリングだったかラチェットの周りの潤滑の問題だったかは分かりませんが、分解メンテが功を奏したことは間違いありません。

もっと早くに調べて、やっておけばよかったものを(苦笑。

正常稼働するようになると、やはりProphetの性能は高いと思います。なによりこぎが軽いんですね。このバイクは。

Cannondale Prophet
Cannondale Prophet

状態をきちんと引き出すためには

  • チェーンリングの欠けたクランクを交換する
  • ブレーキパッドを新しいものに換える
  • タイヤをチューブレス運用する
  • Leftyを140mmに交換する

ことが必要だと思っています。現在、

  • クランクは検討中。
  • ブレーキパッドは交換品を手配済み
  • チューブレス運用は先ほど実現!
  • Leftyはとあるキャノンデール関連のショップに確認中!

というステータスになっています。 “預言者復活過程”の続きを読む

バカ返上

癒やされましたよ

次男が無事に高校に推薦合格しました。

ここしばらくは本人も家族もなかなか落ち着かない日々を過ごしましたが、一安心です。しかし、一発目で決めてくれるなんて、よく頑張ったなあ…。

さて。先週は目的地にたどり着けない自分の「バカ」さかげんに閉口しました。結局、M山での不調がこの一週間引っかかりっぱなし。

明日は雨のようだし、もやもやをそのままにもしておけないので、今日は午前中からM山へ出かけました。

最近はめぐみの里山さんにつながる斜面からアプローチすることが多かったのですが、今日はM山の中央部より入る急斜面からのアプローチ。

この舗装された急坂、いつもはバイクを降りて押し上げていました。でも、さすがは44Tのリアコグ。上まで登り切りましたよ。急坂を歩いて登っておられた高齢のご婦人に褒められ、嬉しかったです。最近は都内有数と言われる豊島区の「富士見坂」を毎日のように登っているので、だいぶ鍛えられましたかね。

工事再開?
工事再開?

M山から見える、切り崩したまま放置状態になっていた造成地が、少しキレイになっていました。ユンボも見えますが、工事が再開されているのでしょうか?

M山
M山

今日は天気もよく暖かかったですね。

最初に、↑の写真からみて反対側にあるシングルトラック方面へ。

シングルトラック
シングルトラック

このシングルトラック部分も廃道ではないようで、おそらくメンテナンスが続けられているんじゃないかと思います。

広角で見ると荒れているようにも見えますが
広角で見ると荒れているようにも見えますが

広角で見ると荒れているようにも見えますが、シングルトラックそのものの路面は滑らかです。

倒木
倒木

途中、こういう倒木もいくらか見られますけど。

今日は前回と微妙に違うコースのほうを下って行ってしまったようです。

沢がありました
沢がありました

下った先で沢を見つけました。この沢の存在自体はMさんから聞いて知ってはいたものの、私は見るのは初めてです。 “バカ返上”の続きを読む

バカ…

リカバリーライド

昨日散々「重い」と述べたHutchinson Python 2 27.5 x 2.25 Tubeless Ready Hard Skin。確かに重いんですが、昨日のStravaの記録を見たら、往復の2箇所で自己ベスト記録が出ていました。

HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25
HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25

トータルの時間が遅かったのは一回迷った(バカ…)ことによるもののようで、極端に遅い、ということではなく、場所によっては速かったともいえます。

自分の感じ方と実際のパフォーマンスが異なっていたケースですが、こういうのがあるから、スポーツは面白いのかも。

さて、今日はリカバリーライド。玉川上水経由で井の頭公園にでも行こうかな、と思って走っていたそのとき。昨日、イメージ通りにM山トレイルを走れなかったことを思い出しました。それで悪いイメージを直ちに解消したくなって、まさかの2日連続M山トレイルを目指すことに。

“バカ…”の続きを読む

同志

今週は週初から体調を崩して、週の後半はそのリカバーを行ったため、若干へばり気味です。

昨年から計画していたIntense Carbine 275のマイナーアップデート。今回はリアホイールのフリーをXD Driverに変更して、ワイドレシオ化しようと画策していました。

そこで、XD Driverを使えるホイールとして、Cannondale ProphetやRize One Carbon 2009などで使っていたホイールの後継である「crankbrothers cobalt 2」を選択。

ところが、XD Driverの記述がある商品を頼んだつもりが…。

Shimano 8/9/10対応…
Shimano 8/9/10対応…

Shimano 8/9/10対応品が届きました。商品説明に確かにXD Driverと書いてあったので、ショップに問い合わせたのですが、この注文はShimano 8/9/10の注文で間違いない、とのこと。改めてデフォルトで閉じているオプションを開いてみたら、確かに 8/9/10と書いてある…。商品説明にあったXD Driverは交換で利用可能の意味で書かれていたようです。

一緒に入手したXD Driver用のワイドレシオなカセットもこれでは使うことができません。

ここからが苦労の連続。

改めてXD Driverを別のショップで注文し、届いたあと改めて交換を試みたら、分解に12mmのヘキサゴンレンチが必要とのこと。

改めて12mmレンチを入手したあと、再度分解を試みました。 “同志”の続きを読む

住環境

今週末も腰痛が残ってしまったため、里山行きなどの活動は諦めてご近所ポタリングへ。

ヒヨドリ
ヒヨドリ

SB山付近の緑地にいたヒヨドリくん。

とことこ寄ってくるドバト
とことこ寄ってくるドバト

ヒヨドリを追っていると、とことこと近くまで寄ってきたドバト。あまりに近づきすぎたので、少し離れて撮影。

“住環境”の続きを読む