ロードバイク

お疲れさんのScott Addict R3号

迷走台風は、日本列島に大きな爪痕を残しました。犠牲になられた大勢の方々に哀悼の意を捧げるとともに、被害に遭われている方々にお見舞いを申し上げます。

東日本大震災以来、「想定外」の言葉はよく聞きますが、実際、いつ、なにが起こってもおかしくない。準備しても防げないことはあるけど、私たちには準備をするしか方法はありません。

12号もまた日本列島を縦断しそうな感じなので、注意が必要です。

今日は、約1年ぶりの自転車での遠出。

昨日の予報では天候が崩れるということで半分諦めていたのですが、いざ今日になってみると、どうやら晴れている様子。

そこで、最近知り合った方とロードバイクで多摩湖まで。昨年何度も迷って、一周できたのかできなかったのか、良く分からない結果になっていたのですけど、今日は無事に多摩湖を一周できたみたいです(笑。

前回はProphetでしたけど、さすがにロードのScott Addictだと20km先の多摩湖も「遠くない」感じがしました。まあ、先導してくれた人がいてくれたからかもしれません。

多摩湖一周
多摩湖一周

となりに見える、案内していただいた方のバイクはTrek Émonda。長男のバイクと同じタイプだと思いますが、ホイールがFulcrum製に交換され、戦闘力が上がっていました。

次は私も長男のÉmondaを借りて、行ってみようかな。

“ロードバイク”の続きを読む

ロード

PINARELLO RP2に体験乗車して、コンフォートなエントリー向けバイクもいいなあ、と思ったのが金曜日の夕方でした。

その後、RP2についてあちこちで調べていると、eB○yとかヤフ○クとかでRP2とかDOGMAに形状がそっくりな、ノンブランドのフルカーボンフレームが出品されていることに気づきました。

orge bike
orge bike(借り物画像)

これはディスクブレーキタイプ。通常のキャリパーブレーキタイプのフレームも見つかります。

これってOEMの製品なのか、アウトレットか、もしくはコピー品か。実際のところはどうなんでしょう? ブランド名が塗装される前のフレーム、というのであればかなりリーズナブルですけど、とにかくORGE BIKEで検索すると見たことがあるようなフレームがたくさん出てきますね。

さておき、久しぶりにロードバイクに注目したのは事実です。

RP2のコンフォートさは、あのONDAフォークやシートステーの、波打ったような加工が役に立っているのでしょうか? 毎日の通勤に使うような用途であればかなりいいと思いました。長男のÉmondaもそうですが、入門機の味付けは私の用途には合っているかもしれません。

でも、自宅に戻って改めてSCOTT ADDICT R3 2009に乗ってみると、やはり軽くて加速性能も段違いでした。

ロードバイクは趣味用と通勤用なんて持てませんが、さすがにADDICTとRP2の入れ替えは厳しいな…。

…と今週末はロードバイクのことばかり見ていたので、夏休み期間最終日のポタリングもロードバイクのADDICT号を駆り出すことにしました。

SCOTT ADDICT R3 2009
SCOTT ADDICT R3 2009

今日は神田川経由で井の頭公園に向かおうと思ったのですけど、神田川沿いの遊歩道では少し暑い感じがしたので、結局玉川上水を使いました。この写真の場所は舗装されてしまったのですが、意外に地面は凸凹でゆっくり走ってもからだの上下動が激しかったです。やはり、SCOTT ADDICT R3 2009のフレームは固かった…。

“ロード”の続きを読む

子供?

カワセミ

今日は終戦記念日。日本の今後のあり方について、いろんなところでいろんなことが揺れていますけど、少なくとも自分自身や自分の子孫を悲惨な目には遭わせたくない、とそう思います。戦争を繰り返してはなりません。合掌。

今週、夏休みが取れました。今週頭の関東地方は天候が不安定のようで、果たして近所の里山チャレンジはできるのか…? 体力的に、水源地当たりまで行って帰ってくる、35km弱のポタリングがちょうどいいくらいに感じています。

Intense Carbine 275
Intense Carbine 275

今日は、通り雨も降ったりしたので、遠出はせず近所の公園をポタリングすることにしました。カメラもSONY ミラーレス一眼 α6000に単焦点のSONY E 50mm F1.8 OSSだけにしました。が、公園に到着してみてすさまじく後悔をすることに。

今日もいましたよ
今日もいましたよ

今日もいましたよ。でも、50mmの単焦点レンズだとこんな感じになってしまうのです。

トリミングしてみました
トリミングしてみました

トリミングしてもこれが限界な感じですけど、気づかないうちに魚を捕まえていたみたいです。

明るいレンズなので
明るいレンズなので

ブログサイズだと分かりにくいですが、結構明るいレンズだし、α6000は2400万画素という高画素なので、ISO 100くらいで取れれば結構トリミング耐性はあるみたいな気がしました。APS-Cなので、35mm換算で焦点距離75mm相当になりますし。

300mm f6.3くらいのレンズより、200mmでもf2.8くらいの明るさを持つレンズを用意してトリミングした方が実は良かったりして。α6000くらいの解像度があれば悪くない気も。ちょっと解像度は落ちますが、Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II向けのレンズを探すほうが現実的か。Canonなら、Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMが一番ほしいかも。

“子供?”の続きを読む

迷ってばかりだな

手放しでは喜べない

8月6日。広島原爆の日。

今年はアメリカの現職大統領であるオバマ氏のスピーチという歴史的な出来事もありました。いうまでもなく二度と起こしてはならない悲劇です。

残念ながら、現在の日本は周辺国の不愉快な挑発活動なども続き、偶発的な戦闘が発生する危険性も高まっているといえます。日本は、このような予測されるトラブルにおける当事国である意識は持たねばなりません。平和主義と平和ぼけは違いますから。外交、抑止力、防衛能力。アメリカ大統領選の結果次第では、日米関係も一つの転機を迎えることになるかもしれません。さまざまな議論はあると思いますが、私たち自身がよく考え、解決していかねばなりません。

今日は、以前髪を切っていただいていた美容師さんが産休から復活していることを知り、久しぶりに切ってもらいました。4年ぶりくらいだったみたいですが、私の髪の変なクセを知っておられる方なので、上から目線で恐縮ですが、うまく切っていただいているよな、と思います。

店自体の雰囲気が良くて、やはりチェーン店より個人経営の美容室が合っているのかな、と思ったりも。現在1年通っている美容室では白髪染めのフリーパスを買ってしまっているんですが、今日のカットはやはり収まりがよく、迷うところです。

…迷ってばかりだな。

やはりストレスになっているのが、Intense Carbinでしょう。思い切ってCannondaleから乗り換えてみたのに、結構目立つ「コキン」という異音と感触が気になって、走るそばからストレスが溜まります。

Intense Carbinよ、いったい何が不満なのよ
Intense Carbinよ、いったい何が不満なのよ

“迷ってばかりだな”の続きを読む

2台体制

2台に決めたからな

2台に絞ることを決めたから、これにも乗らないわけには行きますまい。

すでに埃をかぶり、チェーンには錆びが浮いていました。すまん…。Addict号。

いつものクセでダーコトースへ
いつものクセでダーコトースへ

いつものクセで、ダートコースの中を走ってきたりして…(苦笑。でもまじめな話、結構Mさんとかも、完全なロード使用でビンディングペダルなのに、普通に砂利道乗ってきたりしているんですよ。このScott Addict号も大丈夫でした! (本当か?)

ダートコースと行っても草が多い
ダートコースと行っても草が多い

ダートコースといっても草むらが多いのです。しかも雨上がりで草の下の土も柔らかいのです。土が露出した丘を登るときはさすがにスリップしてましたけど、なんとか登り切りました。ただ、さすがに根っこはスピードをおとして通過しましたね。とりあえず大丈夫のようですよ(本当に、本当か?)

“2台体制”の続きを読む

みんな逃げないでいてくれて

ナミアゲハ
公園に向かう途中に発見
公園に向かう途中に発見

今日は午前中にサッカーの練習試合をしていた次男は、「ちょっと疲れた」とのことで、1人でSB親水公園に向かいました。そのときに、私の目の前をひらひらとアゲハチョウが横切りました。

自転車を停めて様子を見ていると、民家の玄関先にある植栽に止まったので、Nikon デジタル一眼レフカメラ D600 + Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応を取り出し、そっと撮影しました。

羽は痛み、尾状突起は失われています
羽は痛み、尾状突起は失われています

ナミアゲハと思われます。

羽は傷んで、尾状突起は失われていますが、過酷な環境下で生き残るには、無傷ではいられないということでしょうか。まあ、人間社会も同じですけど。

“みんな逃げないでいてくれて”の続きを読む

直感はいつも正解とは限らない

Trek Émondaは、昨日長男がゴツイ鍵を買って来たので、とりあえず移動時のセキュリティ対策については解決しそうです。

しかし…。このÉmonda、Cannondale Judge以来の失敗落札かも。

Judgeはブレーキが全く効かないという、ダウンヒルコースでは走るのが難しい仕様でしたが(苦笑)、Émondaはそれどころか走行できないという(笑。いや、そのままで走行できないのは知っていましたが、ブレーキ・シフトケーブルのみつければ走れる程度の説明だったので、今頃は入手したパーツの構成のままで走れていたはず…。ですが、実際には今でも実現できていません。

Trek Émonda
Trek Émonda

いや、フレームはいいのですよ。問題はホイールです。ホイールは走るために不可欠ですから、これがなんとかならないと走りません。

“直感はいつも正解とは限らない”の続きを読む

やっとキレイにしました

先日、仕事用に新調したWATERMAN カレン ブラック・シーGT万年筆EFですが、2015 W’s Diary 和田裕美の営業手帳2015(ソフトブラック) (W’s Diary)に対するインクの裏抜けが気になって気になって。

こんな感じなわけです
こんな感じなわけです

W’s Diary今まで使ったなかで一番楽しくて使いやすい手帳です。2007年、2009年の手帳が手元にあったので、montblancのインクを試してみたのですが、ほとんど裏抜けしませんでした。しかし、2014年のW’s Diaryとohtoのインクを組み合わせて見ると、見事に裏抜け。2015年もW’s Diaryを継続したのですが、裏抜けはよりひどくなっている感じです。書き味も実際2007年、2009年とは違うので、紙質は万年筆に向かないものに変更されている様子です。

それでも使い続けたいので、ohtoからmontblanc純正インクに変えたりもしましたし、今回montblancキャップの破損をきっかけにWATERMAN カレンも購入したのですけれど、このWATERMAN カレンに付属してきた純正インクだと水分が多いのか、もっと盛大に裏抜けしてしまいます…。Waterman インクだと、2007、2008のW’s Diaryも耐えられず、抜けてしまうところを見ると、裏抜けしやすいインクというのも確かにあるのでしょう。

実際、私は手帳にいろいろと書き込むので、予定と裏に書いたアイデアの裏抜けがごちゃごちゃして非常に見にくくなります。ということで、今回は乗り換えてみることにしました。

実は、2013年はW’s Diaryではなく能率手帳を利用していました。24時間分のスケジュールを引けたからです。この手帳はPARKER 5th INGENUITY SLIM以外での裏抜けが気になったことはありません。NOLTYに名前が変わってさらに良くなったという噂も聞きます。

しかし、今回は気分を変えるため、2010年に少しの間使ったシステム手帳に4月始まりのリフィルを利用することに決定。ただ、単体の手帳と比べるとかなりコストがかかりますね。

BINDEX
BINDEX

これが大正解。文字がにじまずクッキリ書けますし、裏抜けも全くしません。Waterman インクでも大丈夫です。PARKER 5th INGENUITYはガッカリするとイヤなので、試していませんけど(笑。

ただ、システム手帳は厚くて邪魔だな、とか、記入のときに中央のリングが邪魔だな、と早くも思い始めていて。来年はNOLTYでいくか、とちょっと思いました。

W’s Diaryは、万年筆を使わず、ボールペンやローラーボールの顔料系を使う場合にはおそらく問題ないと思います。あくまでも万年筆との組み合わせでの乗り換えで、それ以外の点に不満は全くなかったことを申し添えておきます。

“やっとキレイにしました”の続きを読む

LIFEBOOKの親指シフト設定を変更

ここのところ少々無理が続いたことによってか、体調を崩して2日間横になっていました。

結構睡眠を取ったことによって、だいぶ疲労が取れてきた感じで、夜になってから日常生活に戻ってきました。

少し前に、久しぶりに導入したWindows Note PC。Windows Noteの導入をいまだに考える理由は、親指シフトキーボードを搭載するNoteは今のところFujitsu社しか出しておらず、今はWindows OSしか搭載していないから。

FUJITSU LIFEBOOK S762-F 親指シフトキーボードモデル
FUJITSU LIFEBOOK S762-F 親指シフトキーボードモデル

今回は面倒を避けるため、標準の親指シフトドライバ + FUJITSU Japanist 2003(IME)の組み合わせにしています。この組み合わせは入力や変換のトラブルはほとんどないのですけど、変換の性能が現代のソフトウエアと比べてかなり低いといえます。ATOK 2014やGoogle日本語入力だと、最近の人名や時事ネタなども変換してくれますが、Japanist 2003ではさすがに無理。

ということで、今回はATOK 2014を標準の組み合わせと同等に使うべく、構成を変えました。

“LIFEBOOKの親指シフト設定を変更”の続きを読む