骨格筋の硬さ

明日、久々に遠出してロードでのロングライドをする予定なので、ロードバイクを少しだけメンテナンス。

交換してから間もないけど、結構削れてる?
交換してから間もないけど、結構削れてる?
PEDRO'S(ペドロス) 自転車メンテナンス ケミカル チェーンマシンキット3.0   110565
PEDRO’S(ペドロス) 自転車メンテナンス ケミカル チェーンマシンキット3.0 110565

チェーンの洗浄は最近この機械を使います。今回は特に、かなりきれいになったと思いますが、黒い汚れが落ちたあとの表面は結構表面が削れているように見えます。フロントディレーラーが気づかないうちに干渉していたりするのでしょうか?

“骨格筋の硬さ” の続きを読む

嵐のあとのポタリング Intense Carbine 275にて

昨日は悪天候のため外に出られず、家の中でScott Addict R3の掃除をしていました。

SCOTT ADDICT R3 ホワイトボディで目立つ汚れ
SCOTT ADDICT R3 ホワイトボディで目立つ汚れ

まあ、だいぶ汚れていますね。こういうときは、Bianchi ML3やScott CR1、Focus Cayoのような黒ボディがよかったかな…と思ってしまいます。

かなり頑張って拭いたのですが、あまり変わり映えしませんでした。

傷も結構あります
傷も結構あります

2009年製の中古車ですからね。傷も結構目立ちます。入手前にどれくらい使われていたかも分かりませんし、最近は稼働頻度も高くなっている状況なので、車体は定期的に状態確認が必要かも。

過去に所有したバイクで最も軽いし、性能も高いSCOTT ADDICT R3。このフレームがつぶれても、またADDICTを選ぶ可能性が高い気がします。最近のは、もっと乗り心地が良くなっているそうですよ。

さて、台風一過。天候が回復し、昨日よりも気温が10度以上も高くなりました。本当は三連休に遠出することも考えていたのですけど、軽いポタリングに切り替えました。

曼珠沙華
曼珠沙華

嵐の前のポタリング」で撮影した曼珠沙華たちの、遠路一つ挟んだ場所にあるお花畑。こちらも曼珠沙華だらけになっています。

キットレンズだとこんな感じ
キットレンズだとこんな感じ

今日は一番便利な、ソニー SONY ミラーレス一眼 α6000 ソニー SONY 標準ズームレンズ E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSの組み合わせ。NEX-5Rに付いてきたキットレンズをそのまま継続使用しています。このレンズ、NEX-5Rと同時に水没したのに無事なんですよね。

昨日使った単焦点レンズのE 50mm F1.8 OSSと比べると、やはりボケはきれいではない気がします。

“嵐のあとのポタリング Intense Carbine 275にて” の続きを読む

Versus

多摩湖帰り

今日は急遽Oさんと多摩湖ライドに行くことに決めました。ということで、今日のお伴はロードバイクのScott Addict R3です。

Fi'zi:k Antares VS
Fi’zi:k Antares VS

某オークションの毎日くじで20%還元率が当たってしまったため、Prophetのサドルを換装してあげようと思って落札したのですが、今回は中央に溝があるVersusタイプを選択してみました。

この20%還元分は、該当製品の決済に使えるので助かります。かなり安く手に入れ、実際に届いた中古のサドルはほとんど新品のようで、二度嬉しい体験でした。

ただ、このサドルはFi’zi:kのspineコンセプト採用以降のもので、カメレオンというタイプのチューニングがされたものでした。カメレオンは中程度の脊柱の柔らかさに対応するものと思いますが、私の場合は柔軟性が高く、おそらくスネークタイプになるはず。

また、アンタレスの箱には「Road」としつこい位に書いてあるので、Prophetへの採用を止め、Addict R3に装着することにしました。

昨日、軽く試走
昨日、軽く試走

これまで使用した、GobiやKurveが股全体で加重を支える仕組みなのに対し、こちらは座骨で支えるタイプ。座骨の痛みはそれなりにありましたが、股周辺に感じていたしびれは解決。しばらくはこれを使うことになると思います。

“Versus” の続きを読む

真人間には戻れないかも

阿波踊り

今日はGemini-Sさんの地元でお祭りがあり、前々から一緒に行きましょうというお話をしていました。

午前中は時間があるので、久々に早めに起きて、MTBでトレイルでも…と思ったのですが、涼しい時間帯には目が覚めませんでした。では、ロードにしようかな、と思っていたところで、Trail-Sさんから連絡が入っていたことに気づきました。

「じゃ、多摩湖行きましょか」

ということになって、お祭りの前の多摩湖行きが急遽決定です。

しかし、久々にロードに乗ったということで、Trail-Sさんのペースが速いこと(苦笑。つい、スピードを出し過ぎてしまうとのことでした。

実際、多摩湖自転車道の入口からダム湖の入口までのタイムが、今日走ったStrava利用者の中では1位でした。ここは自転車道とは言っても道路交通法上は歩道なので、通常はそれほど飛ばしているわけではありません。でも、人が歩いていないパート、一般の自転車が少ないパートは、確かにTrail-Sさん、速かったな…。

サイクリストが集うコンビニ
サイクリストが集うコンビニ

ICANかあ…。いかにも、中華カーボン丸出しだけど、乗り心地が少し良くなったからヨシとしよう。

“真人間には戻れないかも” の続きを読む

多摩湖

多摩湖にて

中華ブランドカーボンホイールで武装したSCOTT ADDICT R3 2009。100g単位の体重計ベースですが、下記の状態 + Fizik(フィジーク) ICS ブリンクライト付きで7.5kgでした。私が過去に乗ったバイクの中では最も軽量です。

SCOTT ADDICT R3 2009 + ICAN Carbon Wheelset
SCOTT ADDICT R3 2009 + ICAN Carbon Wheelset

新しい仕様を試すべく、Trail-Sさんと多摩湖行きを予定していましたが、東京地方は今日の15時くらいから雨の予想。

いったんは諦めましたが、別口でOさんが、「15時くらいなら帰ってこれるでしょ」とお誘いいただいたので、多摩湖行きを決行しました。

私はICAN(アイカン) カーボンホイールVittoria(ビットリア) rally [ラリー] 25-28″で初のロングライドですが、Oさんもカーボンシートポストを新調しての初ライドとのこと。シートポストをカーボンに変えただけで、大きく乗り心地が変わったそうです。

私もそうでした。そのへんを軽く走ったくらいでは分かりませんでしたが、長い距離を走るとカーボンホイールの軽さ、振動吸収性、チューブラー(25-28)の乗り味は、ADDICT号の乗り味の改善に大きく寄与していました。

“多摩湖” の続きを読む

バイクの足

このころが一番楽しかったよね

仕事が忙しくなり、5年ほど自転車に乗らない時期がありました。1999年初めから、2003年の頭くらい、4年と少しの間ですかね。今じゃ信じられません。

2003年、久々にホームセンターMTB(ルック車)を買ったのがきっかけとなって、久々にロードバイクに乗ってみたくなり、買ったのがBianchi ML3 Veloce Mix 2004でした。

Bianch ML3 Veloce Mix 2004
Bianch ML3 Veloce Mix 2004

久々に私にスポーツバイクの楽しさを教えてくれたバイクです。この写真の時点ですでに、シートポストとサドルを換装していますが、入門バイクということで、フレームのアルミが分厚く、とにかく硬かったのを覚えています。

当時、片道16kmくらいの通勤をしていたので、まだ30代だった私も「関節に響くなあ」ということで、採用したのがノンブランドカーボンホイールでした。

オークション写真から
オークション写真から

いわゆる「中華カーボン」ホイールの先駆けです。まあ、カーボン製品のほとんどが台湾や中国で製造されていると考えると、「中華カーボン」といういい方も変かもしれませんね。

このホイールは、リムハイトは50mmでした。上の写真は38mm番だったかもしれません。

“バイクの足” の続きを読む

リー先生が一段落してまた自転車ネタで

MTBで遠出したい…。

しかしながらこの暑さ。出発直前でどうしても諦めてしまうのです。なぜか、あのProphet号でもコギが重く感じられる今日この頃ですよ。

それに対し、先週のロードでの多摩湖は、走っている間、特に暑さを感じませんでした。平均速度が速いせいか、常にカラダが冷やされている感じがするのです。止まると地獄ですが。

普段は信号の多い都心部を走ってストップアンドゴーを繰り返しているせいか、ロードで郊外を走る気持ちよさに気づきませんでした。

残念ながら、ホイールを長男のTrek Émonda S4に移した関係で、現在私のSCOTT ADDICT R3号は走れない状態となっています。なので、今日は夕方、涼しくなってからIntense Carbine号で近場のポタリングだけにしました。

物理的には暑いが
物理的には暑いが

近所の公園。物理化学的には暑くても、心理的には多少涼しく感じます。

“リー先生が一段落してまた自転車ネタで” の続きを読む

Trek Émonda S4

Trek Émonda S4

昨日の多摩湖はかなり疲れました。やはりMTB的な疲労とは違って、各関節部に溜まった疲れが目立ちます。

やはり、ロードの振動も馬鹿にならないようです。

その割にお尻とかはあまり痛くなっていないので、FIZIK(フィジーク) KURVE(クーヴァ)(スネーク)カーボンレールはロード用としては悪くないのかも。もちろん、「サドル」の好みは人それぞれなんですが。

昨日乗った、SCOTT ADDICT R3 2009の近くにあった、長男のTrek Émonda。タイヤが破裂しそうになったり、フレームが擦り傷や汚れだったり、チェーンがそのへんのママチャリみたいに錆びているのを見て本当にガッカリです。変速もかなりおかしくなってしまっていて、正直乗るのも危険な状態。何度も自転車屋に見てもらえ、と助言しているのですが…。

小中学生ならまだしも、大学生ですからね(苦笑。こんなにひどい状態までほったらかしにしてしまうなんて。

見るに見かねて整備しましたよ。

Trek Émonda
Trek Émonda

整備のご褒美に、自分で乗ってみる…という(笑。

ホイール・コグ・チューブ・タイヤはADDICTから移した形になります。変速系が完全ではありませんが、なんだかんだ行って、子供の安全は重要ですから、安全に乗れる状態までは戻したつもりです。

それにしても、このバイクは乗り心地がすばらしい。ちょっとした凹凸で跳ねたり突き上げたりしてくるSCOTT ADDICTとは全く別物です。足周りが同じものなのに、これだけ反応が違うのは、やはりフレームの味付けの違いによるものなのでしょう。

ただ、もちろんですが、ADDICTのような極端な加速やキレはありません。

“Trek Émonda S4” の続きを読む

変な疲労感

くたびれた感

今日はさっそく、先日タイヤ、チューブ、サドルを交換したSCOTT ADDICT R3 2009を試してきました。

昨年9月にご一緒させていただいた方と多摩湖へ。

SCOTT ADDICT R3
SCOTT ADDICT R3

もともとは、ロードにはカーボンボトルケージをつけていたのですが、一時的にRIZE ONE 2009に移したあと、一緒に盗まれてしまいました。なので、今は自宅に余っていたTOPEAK(トピーク) Modula Cage EXを取り付けています。

すると、今日一緒に行ったOさんがこんなものをくださいました。

DE ROSA
DE ROSA

DE ROSAのボトルケージです。新品レベル。とてもいいと思うんですけど、Oさんの愛車に色が合わなかった…とのことです。

そのうち、揃えよう
そのうち、揃えよう

こうやって見ると、モジュラーケージがちょっと微妙(笑。DE ROSAのこの型が今も手に入るか分かりませんが、同じような型で揃えたいですね。

“変な疲労感” の続きを読む

ロードバイクの復活

SCOTT ADDICT R3 2009

昨日、多摩湖一周を最初に案内していただいた方と一緒に都内の自転車屋さんへ行きました。

私のロードバイク、Scott Addict R3 2009は立て続けの後輪のパンクで走れない状態となっていますので、いろいろとアドバイスをいただきながら、いくつかの店舗を巡って迷いに迷った挙げ句、下記を入手しました。

2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2 700×25C(622)【並行輸入品】 (ブラック)
2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2 700×25C(622)【並行輸入品】 (ブラック)

Panaracer(パナレーサー) GRAVELKING SK [グラベルキング エスケー] 700x26c ブラックPanaracer(パナレーサー) タイヤ グラベルキング [700×28C] ブラック F728-GK-Bと迷ったんですけど、やはりロードはロードとして乗るのがいいかな、と思い直しました。

今までよりも太い25Cを選んだのは、乗り心地を改善してみたかったからです。以前乗っていた「FOCUS CAYO 2011」に装着されていたのが25Cで、それが特に重いとかもなく、奥多摩に登ったりふじのくにイベントでも比較的快適に乗れたことによります。

MAXXIS(マキシス) UL TUBE 26×1.90/2.125 仏 60 mm IB63832100
MAXXIS(マキシス) UL TUBE 26×1.90/2.125 仏 60 mm IB63832100

25Cということで、もともと装着されていたタイヤよりも重くなるでしょうから、チューブのほうで軽量化を測ってみました。

“ロードバイクの復活” の続きを読む