25TH FITNESS SESSION 事前申込終了間近

25 TH Fitness Session
25 TH Fitness Session

25TH FITNESS SESSIONの事前申込終了が4/28(木)に迫っております。

Web申込みは4/28(木) 24:00まで受付しておりますので、ご参加予定でまだお申し込みでない方はぜひご利用ください。

https://www.exfit.jp/fs/

申し込みは終了しました。ありがとうございました。

エアロ☆運動会

もう昨日になってしまいましたけど、都内で行われた「エアロ☆運動会」というイベントに見学に行ってまいりました。

エアロ☆運動会
エアロ☆運動会

私がフィットネス・クラブでジム系のインストラクターを始めたのが1986年の夏でした。そのころはすでにエアロビクスは多大な人気を誇っていましたが、全日本大会が行われたり、世界大会で日本人が優秀な成績を収めたりするようになって、非常に大きなブームを巻き起こしました。

その頃、私が勤務していたフィットネス・クラブの会員の割合は女性7に対して男性が3、平均年齢は20歳を少し超えたくらいだったと記憶しています。5000人を超える会員が集まり、女性のほとんどはエアロビクスのレッスンに参加することを目的にされていました。

昨日のエントリでも書きましたが、そんな勢いを誇ったクラブも今は飲み屋さんになってしまっています。そのフランチャイズの系列店も残念ながら今年3月一杯でクローズとなりました。私は系列店にも派遣されて行っていたのですけど、私がキャリアをスタートしたクラブはこれで完全になくなりました。

さて、今日のエアロ☆運動会は、そのときの雰囲気を再現するかのようなイベントでした。おそらくはそのとき20代前半だった方がずっと愛好されていて、今につながっているのではないかと思いますが、時代を経た分平均年齢が上がったのかな、という印象を持ちます。

エアロビクスも一つのフィットネス・プログラムとして完全に定着しているので、大きなブームの頃のような斬新さや新鮮さはないのですが、とてもよく考えられたプログラムが完成の域に達しているものです。なので、フィットネス・レベルを維持したり、向上させたりすることを考えるのであればとても効率的なエクササイズであるといえます。

ベテランのインストラクターさんも素晴らしいですし、若いインストラクターさんもたくさん育っています。ぜひ、これからフィットネス・クラブに入ろうという10代後半、20代の若い皆さんもぜひ積極的に、エアロビクスを行ってみていただきたいと思います。

今日は、快く受け入れて下さった主催者の橋本芳志乃先生、このイベントを通して取材を受けて下さった増子俊逸先生に感謝いたします。また仙台のほうからお越し下さったインストラクターの方のお話も伺えて、とても勇気づけられました。

優秀なインストラクターのみなさん、とても元気な参加者のみなさんと時間を共有できたこと感謝いたします。

このイベントの様子は…近々exfit TVにて。

exfit TVをプレオープンした日に…

もう昨日になりましたが、exfit TVをオープンしました。この転機となるであろう同じ日に、高校時代に空手道部で一緒に練習していた友人が上京してきたので、新宿に向かいました。

いつも利用している歌舞伎町の居酒屋はいっぱい。その近くもいっぱいだったので、新宿東口のほうへ移動。20歳のとき、私が初めてフィットネス・インストラクターのアルバイトをやったビルの近くです。当初、その地下のお店に入ろうと思いましたが、やはりいっぱい。

するとそのビルの入り口に「今なら入れますよ」というお姉さんがいたので、ついて行ったらまさしく私がオープニングスタッフで入ったスポーツクラブの跡地でした。エレベータ周辺と階段のあたりには面影がありますが、もとスタジオがあった場所とジムがあった場所に別々のお店ができていました。今日入ったのは、ジム側のお店。

すでに結構人が入っていて、私たちは中二階のほうへ。下のフロアが見えるまさにその場所で、その当時の名残かもしれないものを発見。

天井の配管類
天井の配管類

スポーツクラブ当時、おそらくジムカウンターがあった場所の真上くらいでしょう。その当時も、このように天井に張った配管が丸見えでした。確かこの下に金網が張ってありましたけど。内装工事と同時に新しいものに変わっている可能性はありますが、当時の雰囲気を残しています。少なくともこの天井は、21歳頃の私の姿をこの位置から見ていたんだろうなあ、と感慨深くなりました。

そう、このスポーツクラブでは一緒にexfit TVを始めた友人もアルバイトしていて、ここで知り合った訳なんですよ。

exfit TVのプレオープン、空手道部時代の盟友との飲み会、そしてその場所が私がフィットネス・インストラクターを始めたクラブの跡地ということで、いろいろな縁を感じる4月23日となりました。きっと何か意味がある日なんだと思います。

空手道部時代の盟友は長男くんも連れてきました。彼と会うのはちょうど一年ぶりです。さすがは大学生でしっかりしていますね。若い人と話すといろいろと刺激を受けますので、今後もがんばらなければ、と思います。

この空手時代の友人が日本初のドクターヘリ運航に関わった人であるということについては前にも書きましたが、彼の会社は今回の大震災で被災地にもヘリコプターを派遣したそうです。今日も、仕事関連の打ち合わせで上京していたのですが、やはり大震災の話が中心だったそうです。想像以上の大災害のためか、現地の指揮系統が統一されず、大変なようですね。

その彼の会社は、今度熊本、宮崎にもドクターヘリを就航させるようです。

右が現行の福岡機、左が熊本、宮崎に就航する機だそうです
右が現行の福岡機、左が熊本、宮崎に就航する機だそうです

こんなアクセサリをプレゼントしてもらいました。右側はデフォルメが強いようですが現行の福岡で稼働している機、左側が今度熊本、宮崎に就航する機のようです。

今回の友人と息子さんとの交流で、またいろんなことを吸収させていただきました。今後の私の生き方に大きく反映されると思います。

Eくん、今日はごちそうさんでした。

 

腕相撲大会

今日、風呂上がりの長男に会ったら、なんか「ブルース・リー」そっくりな体をしているのに気づきました。細いだけかと思っていたら、いつの間に…。

これがきっかけで今日は自宅内での腕相撲大会です。

元ボディビルダーの奧さんは数ヶ月前までこの長男を軽くひねっていたのですが、今日はまず右腕の腕相撲で負けてしまっていました。左腕はなんとか優勢勝ちしましたが、「腕が短い」という理由で奧さんは肘の下にパッドを敷いていたんですね。それで、同じ高さにしてみたら、ついに奧さんは負けてしまいました。

負けず嫌いの奧さんはものすごくショックを受けておりました。

で、私も参戦です。私のやりかたは2種類あって、ひとつは普通の力業、もう一つはちょっとコツを使ったごまかし(?)です。

まずは普通に力業。長男はすでに私の身長もかなり超えているし、確かに強くはなっていましたが、私自身まだほとんど力を入れた感じのないまま勝ちました。私は両肩痛めているので力業ではもう少し苦戦するのかな、と思ったのですけど。

次はコツを使った方法。あまりにも力の差があるので、私は人差し指一本で受けます。これもあっさり勝っちゃいました。

昔、カンフーの師匠と腕相撲をしたことがあったのですが、あまりにも弱かったことを思い出します(失礼)。でも、交戦すると全く彼の腕をはじいたり押さえたりはできないし、腕が触れただけで簡単に体ごと持って行かれるのですよ。「んー。わかるかな。腕相撲とカンフーの力は違うんだよ」みたいなことをおっしゃっていました。

でも、逆にこのカンフーの「感じ」を腕相撲に活かすと、逆に良かったりするんじゃないかと思うんです。相手から見て手応えをなくすかのように、相手の力に合わせて微妙に軸をずらすんですね。そうすると、今回の人差し指腕相撲のように、相手はなんか力が入らないまま負けてしまうことになるわけです。

というわけで、みんな、まだまだ修行が必要なようでした。でも、奧さんは最近ウエイト・トレーニングをこっそり再開しているみたいなので、再逆転劇はあるような気がしますよ。長男がブルース・リーなら、奧さんはちょっとメルヴィン・マヌーフみたいな筋肉をし(…自粛)。

さて、週末は晴れそうですね! 前日の予報にもよりますが、久々に里山に繰り出す予定です。たぶん私が走ったことがない山の連続を、久々に師匠様が案内して下さるということで、これは行かないと、と思いました。久々に超速FIVEの出番です。さて、Prophet号を持って行くか、Ransom号を持って行くか…。あっ。シートポストをJoplin 4にしてフラットペダルに換装したVertex号という手もありますね。どうしようかなあ。

んで、この勢いで2年ぶりにダウンヒルマラソンにもチャレンジしてみようかな、と思ったりしているのでした。体力次第ではちょっと微妙ですけど…。

そういえば、今日canon IXY 50にCHDKなるものを使ってみました。これを使うとIXY Digital 50でもRAWフォーマットの画像を記録出来るのだそうで。

ファームウエアを書き換えるものではないようなので、毎回手動で立ち上げるのですが(カメラの起動と同時に立ち上がるような設定もできるみたいです)。

確かに撮影はできましたが、出来上がったCRWフォーマットはMac OS Xでは認識できません。もちろん対応ソフトはあるのですが、Mac Portsを使ったり、Makeしたりで面倒くさいのでまだ撮った画像がどんなものなのか、確認できていません。

カメラの中でDNGフォーマットというのにもできるみたいなのですが、必要なスクリプト処理を全部終えることができませんでした。

CHDKで手軽にRAWを撮る!

を参考にさせていただきましたが、この方はIXY Digital 50 2台を試したそうですが、ダメだったそうです。確かに、私のところでも、時刻のカウントが遅くなり、badpixel.binが作成できませんでした。

もうちょっと修行が必要となりそうです。いや、もうPowerShot S90に行くべきか??

うーん、今日は

体調が良くなかったなあ。いつもの土手でProphet号を一回押し上げただけで息切れ。

崖の上のProphet号
崖の上のProphet号

1回下りたら、1回登って、休んでは次の回、という感じでした。

昨日お会いした先輩が忙しさのあまり睡眠が取れないとおっしゃっていましたが、実は習慣化して「寝る時間はあっても寝られない」という実情があるとのことでした。

実は私も昨年くらいからそんな感じです。MTBにも乗り、筋力トレーニングも定期的に行い、ストレッチは毎日、武術もほぼ毎日練習しているのに、整わない。今日もたぶん3時間くらいしか睡眠がとれておらず、それが不調の原因のひとつだったかもしれません。

また、2月の肩鎖関節損傷と同時に背骨周辺の筋肉も痛めたらしく、今も不調です。以前あん摩マッサージ指圧師の先輩夫婦に調整していただいたのですが、定期的に施術してもらわないといけないようで、ちょっとしたハンドル操作で痛みや違和感を覚えます。

なんか毎年、この時期、春から夏への季節の変わり目が調子悪いんですよ…。昔から体が弱い子供でしたが、ある程度体質改善した現在も、弱ったときにこういう不調がよく顔を出してきます。

なんかCX1の写真、気に入らん
なんかCX1の写真、気に入らん
路面は乾いていましたが、やはりここは上から一気にはいけない
路面は乾いていましたが、やはりここは上から一気にはいけない
S山自然林
S山自然林

それにしてもCX1の写真、なんか気に入らない。もしかしたらcanonより自然な色合いなのかもしれないけど…。そろそろGF1を持って行くか。

今日は午後5時から保険の更新手続きがあったので、いろいろな話をしたのですが、今の担当者は20代の女性。でも、過去2代にわたって担当していただいた高齢の女性に比べるととてもしっかりしているなあ、と感心します。

最近、体重が増えた、ということで減量の話になったのですが、彼女は自分の腹筋は割れている方がいいという結構珍しい(?)価値観を持っていました。奧さんの写真を見て、ボディビルをやりたくなった、とか。

細いだけがよいとされる風潮は日本でもそろそろ正されてもいいと思います。計画されたトレーニングで、ご自身でデザインし仕上げた体を「いいでしょ!」って見せられるような(変な意味ではなく、ですよ)時代になってほしいと願います。

心肺蘇生

心肺蘇生:胸押し続けて 人工呼吸しなくても効果 … 京大

今週今秋には国際指針ですか。心肺蘇生法の普及を考えるに、これは朗報だと思います。

私自身は20代より運動指導をしていて、幸い私が指導中の人が心肺停止に陥ったことはありません。しかし、窒息のリスクが大きいプールでは心肺停止事例があって、心肺蘇生の訓練を受けた同僚インストラクターの素早い処置ですぐに回復した、ということはありました。私の後輩インストラクターは山中での競技合宿に参加した際、心肺停止に陥った体重100kgを超える男性登山客に心肺蘇生を施した体験を話してくれました。人形(ダミー)と実際の人では感触が違いすぎてかなり戸惑ったこと、人工呼吸でも最初は空気が入っていかなかったこと、山中だったので救援が遅れ、長時間にわたって部員全員が交代で行ったため、口がかなり腫れてしまったことなど、とても参考になったことを覚えています。

私も運動指導をしている間は常に覚悟をしていますけど、現場に遭遇してしまうと練習のようにスムースにできるかという不安はあります。

私は3団体の資格をとったことがありますが(健康運動指導士・健康運動実践指導者内の講習を除く)、たぶんその3団体目の講習会のときだったと思います。講師の方が参加者に対して極めて現実的な問いかけをされました。

「あなたが試験に合格して、この資格を取得したとします。そのあなたの目の前にホームレスの方が心肺停止状態で倒れていました。あなたはどう行動しますか?」

建前では「それはもちろん、すぐに救助します」と回答したいところでしたが、本心では「それは…。無理かもしれない」という思いがあり、私自身は即答できませんでした。

講師の方は「躊躇するのが当たり前。でもなんとか助ける勇気を持ってほしい」というような回答をされました。そのひとつの提案が「蘇生マウスピースを持ち歩き、それを使って人工呼吸を行うこと」でした。しかし私も含め、多くの人がやはり戸惑うのが現実なのではないでしょうか?

ただ、上記が伝えるように心臓マッサージのみの施術でも脳機能の回復が同等ということであれば、かなり敷居が低くなります。覚えるべき技術が少なくなることで、必要な技術により大きな注力ができることで精度も上がることでしょう。私自身もこの新しい方法の習得しに行こうと考えています。

まだ私自身は施設を持っていませんけど、将来定期的に自前の施設で運動指導を行うような場合にはAEDの設置も必要になるでしょう。まだまだやらなければならないことはたくさんあります。

このような技術の習得によって、自分の大切な人の命を救うことになるかもしれません。少しでも広い普及を期待しています。