Cannondale Prophet 27.5er

Cannondale Prophet 27.5er

今日も朝から雨天。夏期休暇最終日となる明日も一日雨天の予報です。休暇取得時点では見事に全部晴れのはずだったんですがね。

ここまでことごとく…。残念。

なので、今日はCannondale Prophet号の27.5化に取りかかることに。

Cannondale Prophet 27.5er
Cannondale Prophet 27.5er

といってもさほど時間はかからず。crankbrothers cobalt 3 27.5 lefty + Schwalbe Nobby Nic Tubeless Easy Snake Skin 2.25を使用しました。

前回のRockshox Revelation 27.5のときもそうでしたが、このフレームは27.5化しても違和感がそれほどないですね。むしろ安定して見えるような気もします。

XCポジションのクリアランス
XCポジションのクリアランス

海外の記事で得た情報通り、フロントディレーラーは装着したままでもなんとかクリアランスはあります。

XCポジションにしたことで、BBの位置が極端に高くなりました。なので、FRポジションもふたたびためしてみます。

視点と焦点距離の製で比較しにくいですが
視点と焦点距離の製で比較しにくいですが

視点、焦点距離が変わってしまったので比較しにくいですが、BBが下がり、かなり安定した印象になります。しかし…。

タイヤの髭が触れるかどうかのレベルのクリアランスしかありません
タイヤの髭が触れるかどうかのレベルのクリアランスしかありません

タイヤの髭が触れるかどうかというクリアランスレベルになってしまいました。

去年の27.5er化のときに、リアが深くストロークするとシートチューブにタイヤが接触することが分かっています。フルストロークだとブレーキがかかったような状態になるかもしれませんね。リアタイヤを一回り細いものにしてみるか、リアのストロークを120mmに落とすように加工してもらうか、などの対策が必要になると思います。

今日はライドの最後にFRポジションにしましたが、ポタリングと練習はXCポジションで行いました。

“Cannondale Prophet 27.5er” の続きを読む

XCポジション

THOMSON ELITE X4 STEM 45mm

Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140 27.5を装着したCannondale Prophet号。フォークの肩下が伸びた関係でチョッパー気味になり、低速でのふらつきが気になっていたので、久々にXCポジションにしてみました。どっちみち、27.5化したらフルストローク時のリアタイヤがシートチューブに干渉してしまうので、XCポジションで運用するしかないわけですが…。

なんかクラシカルな見栄えに
なんかクラシカルな見栄えに

BB位置が高くなり、チェーンが全体的に後ろ下がりになっている感じがとてもクラシカルですね。Prophet号は車高が低く、レーシーに見える感じが好きだったのですが、明らかに縦に長くなりました。

これが27.5化されるとさらにBBが上がるわけで、ProphetがProphetではなくなってしまうような気も。まあ、26インチバイクを無理矢理27.5化しようというのですから、多少の犠牲は仕方がないです。

THOMSON X4 STEM 45mm
THOMSON X4 STEM 45mm

これでハンドリングもかなり変わりましたが、ステアリングコラムの上部が余ってしまってちょっと間抜けな感じになりました。まあ、Leftyの場合は上側のスペーサは意味がないのでこのままでも問題はないはずですが、このスペースに適合したスペーサを探さなくてはなりません。

“XCポジション” の続きを読む

Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140

Cannondale Lefty SuperMAX Carbon 140

だいぶ時間がかかりましたが、思い立ったタイミングで見つかった、Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140。

Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140
Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140

新品は高価すぎるので、中古商品を狙っていたのですが、これがなかなか出てこない。実際にはかなりの個数が出品されるのですが、Prophet号に適合しそうなものがないのです。

クラウンの隙間が合うものがなかなか見つからない
クラウンの隙間が合うものがなかなか見つからない

この上下クラウンの隙間が137mmでなければ、Prophetを始め、旧Lefty規格のフレーム(ヘッドチューブ or ヘッドチューブ + ヘッドパーツの長さが134mm)に適合しないのです。

Lefty採用の29er機でハンドル位置が高くなりすぎるのを改善するため、Lefty 2.0 ではフレームサイズによってヘッドチューブのサイズを変えるように設計し直したらしいのですが、現在のMサイズフレームが採用するヘッドチューブの長さは、我がProphetと比べるとかなり短く設定されています。例えば、Prophetと同じ140mmストロークを採用するtriggerでは、Mサイズが110mm、Lサイズが122mmであり、中古市場に流れるフォークのほとんどがこのあたりの幅を採用したSuperMAXだったんですね。

ここにきてようやく、triggerのXLサイズに採用されている134mmサイズのヘッドチューブに対応するLefty SuperMAXが見つかり、今回の入手に至ったのでした。

“Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140” の続きを読む

MTB

Cannondale Prophet

昨晩は妻が帰省していたので、次男と「君の名は」を見ながら寝ました。FireTVはAmazon Prime(見放題)を利用することが多いのですが、久々にレンタルしましたよ。

とてもいい作品だったので、レンタルではなく、購入にしておいてもよかったのかな…と思いましたが…。比較的近くの名画座である下高井戸シネマでまだ上映しているんですよね。劇場で見たかった気もします。

というわけで、昨晩はブログを書くのも、最近続けている夜の武術練習もパスしてしまったのですが、いつも通り、公園にはポタ仲間がみな集まり、いいものを見せていただきましたよ。

monkey 29er
monkey 29er

Mさん。久々のMonkey号か…と思っていたら、フレームの色が違うし、ホイールが大きい(笑)。なんと29er版を入手されたそうです。

“MTB” の続きを読む

夏休みを設定したものの

台風5号が過ぎ去ったあとの東京地方は天候が回復する見込みだったので、直前に夏休みを設定しました。

しかし、いざ台風が過ぎ去ってみると、ずっと「雨」の予報じゃないですか…。

そんな夏休みの初日、雨が降り出すのは15時以降のようなので、朝早く起きてトレイル行きを決断しました。

当初M山に行こうと思いましたが、M山とSIXトレイルの分岐で、なぜか遠いSIXトレイルを選択。ここ数回、ロードで多摩湖まで走っているので、MTBでも久しぶりに走ってみたくなったのです。

ところが、走り始めて間もなく雨が降り始め、「多少の雨は」と走り続けたのですが、間もなく杉並区を出ようか、というところで雨が少し強くなってきました。ウエストポーチにはSONY ミラーレス一眼 α6000があり、以前SONY ミラーレス一眼カメラ α NEX-5Rのように昇天させるわけにはいきません。

ということで、今回は引き返すことに。残念。

Prophetはダウンチューブ下にボトルケージをマウントするので
Prophetはダウンチューブ下にボトルケージをマウントするので

Prophetはダウンチューブ下にボトルケージをマウントするので…。

スポーツドリンクはこんなありさまに
スポーツドリンクはこんなありさまに

スポーツドリンクもこんなありさまです。まだ、路面もグチャグチャ…というほどではなかったので、この程度ですが。

このボトル、うまく飲まないと、お腹を下しそうです(苦笑。
“夏休みを設定したものの” の続きを読む

第50回 なべよこ夏まつり

浅草剣舞会エッジさん

昨晩、Gemini-Sさんにご紹介いただいた「なべよこ夏まつり」が大変楽しかったため、実は今日も昼からお祭りを楽しんでいました。夕方には久々に妻も合流して、一緒にお祭りを楽しみました。

和太鼓、エイサー、いろいろと楽しませていただいたのですが、特に最初に引き込まれた演技がこちら。

浅草剣舞会エッジさま
浅草剣舞会エッジさま

浅草剣舞会エッジさまの演技。

私は主に徒手空拳の殺陣が好きなのですが、間近で見ると日本刀を使った殺陣も迫力がありますね。

“第50回 なべよこ夏まつり” の続きを読む

真人間には戻れないかも

阿波踊り

今日はGemini-Sさんの地元でお祭りがあり、前々から一緒に行きましょうというお話をしていました。

午前中は時間があるので、久々に早めに起きて、MTBでトレイルでも…と思ったのですが、涼しい時間帯には目が覚めませんでした。では、ロードにしようかな、と思っていたところで、Trail-Sさんから連絡が入っていたことに気づきました。

「じゃ、多摩湖行きましょか」

ということになって、お祭りの前の多摩湖行きが急遽決定です。

しかし、久々にロードに乗ったということで、Trail-Sさんのペースが速いこと(苦笑。つい、スピードを出し過ぎてしまうとのことでした。

実際、多摩湖自転車道の入口からダム湖の入口までのタイムが、今日走ったStrava利用者の中では1位でした。ここは自転車道とは言っても道路交通法上は歩道なので、通常はそれほど飛ばしているわけではありません。でも、人が歩いていないパート、一般の自転車が少ないパートは、確かにTrail-Sさん、速かったな…。

サイクリストが集うコンビニ
サイクリストが集うコンビニ

ICANかあ…。いかにも、中華カーボン丸出しだけど、乗り心地が少し良くなったからヨシとしよう。

“真人間には戻れないかも” の続きを読む

MTBはちょっとした走りも楽しい

昨日はそれなりに疲れていましたけど、今日はほとんど回復した状態でした。やはり中華ブランドカーボンホイールによるSCOTT ADDICT R3号の性能UPは大きかったようです。

そんな感じでしたので、今日も…と考えたのですが、残念ながら午前中が大雨でしたので、取りやめました。東京地方はこれからが「梅雨」なんじゃないかというくらい、週間天気予報の雨マークが多くなっています。これで荒川水系の貯水量が回復してくれればいいのですけれど。

午後には雨も止んだので、今日は数日ぶりにMTBに乗ってみました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

いやあ、MTBはやはり、ご近所を走るだけでも楽しめますね。

コケが滑ること…
コケが滑ること…

午前中まで雨が降っていたので、練習場所のこの坂も滑ります。今日は登り切れませんでした。

Prophetはこの仕様をしばらく維持するか、27.5化するか、迷い中だったりします。現在の仕様でまとまりが良すぎることがその理由です。

ですが、現在使用中のLefty Max 140 Carbon SPV Evolveは発売からすでに12年を経過し、サポート期間が切れています。ダンパーがおかしくなったりすると、復活はもう難しいでしょう。これをRAWカラーのProphetに移して使用頻度を下げ、この赤を27.5化しようか、などの案も。

ただ、そうなるとまた台数が増えて置き場所が(苦笑。

Intense Carbine 275とAddictの2台体制にするはずが、またまたおかしなことになりつつあります。断捨離とかミニマリズムとか、私には到底不可能に思えてきました(泣。

“MTBはちょっとした走りも楽しい” の続きを読む

多摩湖

多摩湖にて

中華ブランドカーボンホイールで武装したSCOTT ADDICT R3 2009。100g単位の体重計ベースですが、下記の状態 + Fizik(フィジーク) ICS ブリンクライト付きで7.5kgでした。私が過去に乗ったバイクの中では最も軽量です。

SCOTT ADDICT R3 2009 + ICAN Carbon Wheelset
SCOTT ADDICT R3 2009 + ICAN Carbon Wheelset

新しい仕様を試すべく、Trail-Sさんと多摩湖行きを予定していましたが、東京地方は今日の15時くらいから雨の予想。

いったんは諦めましたが、別口でOさんが、「15時くらいなら帰ってこれるでしょ」とお誘いいただいたので、多摩湖行きを決行しました。

私はICAN(アイカン) カーボンホイールVittoria(ビットリア) rally [ラリー] 25-28″で初のロングライドですが、Oさんもカーボンシートポストを新調しての初ライドとのこと。シートポストをカーボンに変えただけで、大きく乗り心地が変わったそうです。

私もそうでした。そのへんを軽く走ったくらいでは分かりませんでしたが、長い距離を走るとカーボンホイールの軽さ、振動吸収性、チューブラー(25-28)の乗り味は、ADDICT号の乗り味の改善に大きく寄与していました。

“多摩湖” の続きを読む

バイクの足

このころが一番楽しかったよね

仕事が忙しくなり、5年ほど自転車に乗らない時期がありました。1999年初めから、2003年の頭くらい、4年と少しの間ですかね。今じゃ信じられません。

2003年、久々にホームセンターMTB(ルック車)を買ったのがきっかけとなって、久々にロードバイクに乗ってみたくなり、買ったのがBianchi ML3 Veloce Mix 2004でした。

Bianch ML3 Veloce Mix 2004
Bianch ML3 Veloce Mix 2004

久々に私にスポーツバイクの楽しさを教えてくれたバイクです。この写真の時点ですでに、シートポストとサドルを換装していますが、入門バイクということで、フレームのアルミが分厚く、とにかく硬かったのを覚えています。

当時、片道16kmくらいの通勤をしていたので、まだ30代だった私も「関節に響くなあ」ということで、採用したのがノンブランドカーボンホイールでした。

オークション写真から
オークション写真から

いわゆる「中華カーボン」ホイールの先駆けです。まあ、カーボン製品のほとんどが台湾や中国で製造されていると考えると、「中華カーボン」といういい方も変かもしれませんね。

このホイールは、リムハイトは50mmでした。上の写真は38mm番だったかもしれません。

“バイクの足” の続きを読む