ガレキの路面をフラットなシングルトラックのように

今日はトレイルを走るか、休むかで迷いました。

でも、前後ホイール、タイヤ、リアサスを仕様変更したCannondale Prophetの性能を確かめたい。ということで、今日もM山へ行くことにしました。

M山からの帰りにMTBerさんとすれ違うことが多いので、地元の方々はもしかしたら午後ライドが多いのかな…? そこで、今日は私も時間をずらして午後ライドにしてみました。

ProphetでのM山への道のりはとても快適でした。本当にコギが軽くなっていますから。

地獄のアプローチ
地獄のアプローチ

写真では分かりにくいのですが、M山のアプローチの急坂。先週Intense Carbine 275で来たときより少し大変でした。Carbineのギア比が44T/34Tなのに対し、Prophetは34T/29T。ホイール径が26でなかったらちょっときつかったかも。

MTBerさんには会いませんでしたが
MTBerさんには会いませんでしたが

今日はMTBerさんには会いませんでしたが、シクロクロスと思われるバイクで来られている方がいました。軽く挨拶を交わしたあと、German iris Hillというスペースがある場所に向かって登って行かれました。

“ガレキの路面をフラットなシングルトラックのように”の続きを読む

よく走ります

シジュウカラ

今日は少しだけポタリングする時間が取れたので、チューブレス化したCannondale Prophet号を軽く走らせてみました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

舗装路はすでに通勤経路の移動で試してみていましたが、とにかくチューブがNoTube液に変わっただけで、走りの軽さが激変しています。ビードを上げるのに苦労したタイヤ、Schwalbe (シュワルベ) Racing Ralph レーシングラルフ / TL Ready (26×2.25)の軽さが活きました。

それだけではなく、空気圧を少し抑えていることもあってか、乗り心地が大変にいいということもやはりチューブレス化の最大のメリットといえます。

今日少しだけ走ってみた未舗装路も、グリップはするし軽いし、ジャンプの着地も問題なく行えます。ビードを上げられず散々悪口を言ったSchwalbe Racing Ralphですが、走行性能については満点を上げたいと思います。これならM山や6 Trailを走るくらいなら大丈夫なんじゃないかな?

ただ…。

“よく走ります”の続きを読む

バカ返上

癒やされましたよ

次男が無事に高校に推薦合格しました。

ここしばらくは本人も家族もなかなか落ち着かない日々を過ごしましたが、一安心です。しかし、一発目で決めてくれるなんて、よく頑張ったなあ…。

さて。先週は目的地にたどり着けない自分の「バカ」さかげんに閉口しました。結局、M山での不調がこの一週間引っかかりっぱなし。

明日は雨のようだし、もやもやをそのままにもしておけないので、今日は午前中からM山へ出かけました。

最近はめぐみの里山さんにつながる斜面からアプローチすることが多かったのですが、今日はM山の中央部より入る急斜面からのアプローチ。

この舗装された急坂、いつもはバイクを降りて押し上げていました。でも、さすがは44Tのリアコグ。上まで登り切りましたよ。急坂を歩いて登っておられた高齢のご婦人に褒められ、嬉しかったです。最近は都内有数と言われる豊島区の「富士見坂」を毎日のように登っているので、だいぶ鍛えられましたかね。

工事再開?
工事再開?

M山から見える、切り崩したまま放置状態になっていた造成地が、少しキレイになっていました。ユンボも見えますが、工事が再開されているのでしょうか?

M山
M山

今日は天気もよく暖かかったですね。

最初に、↑の写真からみて反対側にあるシングルトラック方面へ。

シングルトラック
シングルトラック

このシングルトラック部分も廃道ではないようで、おそらくメンテナンスが続けられているんじゃないかと思います。

広角で見ると荒れているようにも見えますが
広角で見ると荒れているようにも見えますが

広角で見ると荒れているようにも見えますが、シングルトラックそのものの路面は滑らかです。

倒木
倒木

途中、こういう倒木もいくらか見られますけど。

今日は前回と微妙に違うコースのほうを下って行ってしまったようです。

沢がありました
沢がありました

下った先で沢を見つけました。この沢の存在自体はMさんから聞いて知ってはいたものの、私は見るのは初めてです。 “バカ返上”の続きを読む

バカ…

リカバリーライド

昨日散々「重い」と述べたHutchinson Python 2 27.5 x 2.25 Tubeless Ready Hard Skin。確かに重いんですが、昨日のStravaの記録を見たら、往復の2箇所で自己ベスト記録が出ていました。

HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25
HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25

トータルの時間が遅かったのは一回迷った(バカ…)ことによるもののようで、極端に遅い、ということではなく、場所によっては速かったともいえます。

自分の感じ方と実際のパフォーマンスが異なっていたケースですが、こういうのがあるから、スポーツは面白いのかも。

さて、今日はリカバリーライド。玉川上水経由で井の頭公園にでも行こうかな、と思って走っていたそのとき。昨日、イメージ通りにM山トレイルを走れなかったことを思い出しました。それで悪いイメージを直ちに解消したくなって、まさかの2日連続M山トレイルを目指すことに。

“バカ…”の続きを読む

同志

今週は週初から体調を崩して、週の後半はそのリカバーを行ったため、若干へばり気味です。

昨年から計画していたIntense Carbine 275のマイナーアップデート。今回はリアホイールのフリーをXD Driverに変更して、ワイドレシオ化しようと画策していました。

そこで、XD Driverを使えるホイールとして、Cannondale ProphetやRize One Carbon 2009などで使っていたホイールの後継である「crankbrothers cobalt 2」を選択。

ところが、XD Driverの記述がある商品を頼んだつもりが…。

Shimano 8/9/10対応…
Shimano 8/9/10対応…

Shimano 8/9/10対応品が届きました。商品説明に確かにXD Driverと書いてあったので、ショップに問い合わせたのですが、この注文はShimano 8/9/10の注文で間違いない、とのこと。改めてデフォルトで閉じているオプションを開いてみたら、確かに 8/9/10と書いてある…。商品説明にあったXD Driverは交換で利用可能の意味で書かれていたようです。

一緒に入手したXD Driver用のワイドレシオなカセットもこれでは使うことができません。

ここからが苦労の連続。

改めてXD Driverを別のショップで注文し、届いたあと改めて交換を試みたら、分解に12mmのヘキサゴンレンチが必要とのこと。

改めて12mmレンチを入手したあと、再度分解を試みました。 “同志”の続きを読む

住環境

今週末も腰痛が残ってしまったため、里山行きなどの活動は諦めてご近所ポタリングへ。

ヒヨドリ
ヒヨドリ

SB山付近の緑地にいたヒヨドリくん。

とことこ寄ってくるドバト
とことこ寄ってくるドバト

ヒヨドリを追っていると、とことこと近くまで寄ってきたドバト。あまりに近づきすぎたので、少し離れて撮影。

“住環境”の続きを読む

生態系

先週末に痛めた腰。金曜日には快方に向かっているのかな、と思っていたのですが、今朝起きるとまた痛みが強くなっている。

いったいどういう痛め方をしたのか。

もともと腰痛持ちではあるけれど、いつもはじわじわ痛くなるパターンなのに対し、今回はライド中の姿勢の崩れによって「ズキッ」ときたもの。これまでとは勝手が違う感じです。

それでも腰にコルセットを巻いて、今日も近所にポタリングするのです。

生態系が変わっている
生態系が変わっている
まだ水を抜いて二週間程度と思いますが
まだ水を抜いて二週間程度と思いますが

水を抜いて浅瀬になった影響か、池や中の島の生態系が変わっているような気がします。

アオサギ
アオサギ
ダイサギ
ダイサギ

立入禁止になっているカワセミ島のところはカラスの巣窟になっていましたし、池は普段はいないたくさんのコサギの姿も見られました。

普段はこの池では見かけないコサギの姿も多数
普段はこの池では見かけないコサギの姿も多数

“生態系”の続きを読む

MTBに乗ってりゃ平気

リカバリーポタ

ロングライドの次の日はだいたい、リカバリーのためのポタリングをするんですが、今日は迷いました。寝ていても寝返りしようとすると腰に激痛が走って目が覚めてしまうので…。

でも、結局は外に出るのです。

ドブ池も凍る…
ドブ池も凍る…

ドブ池も凍る寒さ。

カワセミエリア
カワセミエリア

カワセミエリアもこの通り通せんぼされてしまいました。

カワセミ枝は無事
カワセミ枝は無事

中央右に見えるカワセミ島もまだ無事のようです…という報告をするためにNikon D600 + Nikon AF-S Micro 60mm f/2.8G EDで金網の隙間から撮影しました。が、自宅に帰ってmacbook proの画面で見てみると、なんとカワセミが枝に止まっているではありませんか。写真を1/2に縮小しているので微妙ですが、来てくれていたんですね。

また、この瞬間には左側に飛ぶアオサギ、右上にはハトらしき鳥が写っています。

アオサギには気づいて写真を撮ってみたのですが、60mmではとても。

“MTBに乗ってりゃ平気”の続きを読む