自転車強化

今日は、自宅で自転車のメンテナンス。

愛車のメンテナンスのために
愛車のメンテナンスのために

いちいちチェーンを外して洗浄するのも面倒くさくなって、PEDRO’S(ペドロス) 自転車メンテナンス ケミカル チェーンマシンキット3.0 110565を使ってみることにしました。

PEDRO'S(ペドロス) 自転車メンテナンス ケミカル チェーンマシンキット3.0 110565
PEDRO’S(ペドロス) 自転車メンテナンス ケミカル チェーンマシンキット3.0 110565

Prophetは9速マシンですが、PEDRO’Sのチェーンマシンとはかなり相性がいい感じで、かなりきれいになった気がします。プラシーボかもしれませんけど、コギも軽くなったような気がしました。多分、キットに含まれるPEDRO’S(ペドロス) 自転車メンテナンス ケミカル ディグリーザー オレンジピールズが優れているんじゃないでしょうか?

ただ、11速のCarbineにやってみたところ、チェーンがしょっちゅう引っかかって、あまり使い物にならないかも…という気がしました。もしかしたら、チェーンを回す際のリアの歯の選択も良くなかったかもしれないので、また改めて試してみようと思います。

併せて、これも復活。

STRAITLINE ペダル
STRAITLINE ペダル

“自転車強化”の続きを読む

久々の休日

今日は休みを取れたので、前回に引き続き、平日のポタリングへ出かけました。

前回とは打って変わって明るい公園
前回とは打って変わって明るい公園

天気も良く、武蔵野園さんも営業していたからか、人は多くはないものの公園の雰囲気は明るくて、前回のような「異次元的」雰囲気は全くありませんでした。

先週調子を崩した坂
先週調子を崩した坂

先週失敗したこの坂。1回目は先週同様ラインを外しましたが、軌道修正して上まで登り切りました。2回目も成功。先週の不調は引きずっていないようです。

段差着地後のストローク
段差着地後のストローク

段差も飛びました。今日は速度を上げたので、最大落差に近い落ち方をしたと思うのですが、リア着地だったためか、フロントよりリアのほうがストロークしています。

“久々の休日”の続きを読む

異次元

先週末は仕事が入り、今日も明け方までの仕事でしたので、日内リズムが若干崩れ気味です。

このような状態ですので、遠出はせず、軽くポタリングのみ行うことにしました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

“異次元”の続きを読む

5連休終了!

井の頭恩賜公園

Intense Carbine 275に装着した、Magura MT 8の前側がちょっとエア噛み気味な気がしていたので、今回は簡易方式ではなく、キャリパーからオイルを注入する方式を試しました。

キャリパー側に合うアダプタがなかなかなくて、ROCKSHOXリモートコントロール用の注射器を分解して使うことにしました。

いざ、作業に入ったのですが、エアが抜けたと思っても、レバーを弾くとすぐにエアが出てきて、それが永遠に続きます。結局、途中でレバーを弾くのはやめ、オイルを入れたり出したり、を繰り返す作業に終始して、エアが出てこなくなったところでやめました。多分、レバーを弾いたらまたエアが出てきたはずです。

結果、このインストラクションビデオのようにはきれいには行きませんでしたが、まあ、改善されたような気がします。

しばらくはこれで持つんじゃないかと思いました。

ということで、今日はブレーキを試すために(笑、玉川上水を登ることにしました。昨日とは打って変わって、今日は空気が冷たく感じられました。

玉川上水コース
玉川上水コース

このコース、都心に近い方はだいぶ舗装が進みましたね。それでもまだ、都内にこれだけ長い未舗装部分が残っているのはありがたいことかもしれません。

勾配はないですけど、まっすぐにしたSIX Trailのような感じかもしれません。むしろ、路面そのものはSIX Trailより粗いところもあるかもしれませんが…。

“5連休終了!”の続きを読む

Intense Carbine復活

Intense Carbine 275復活

今朝は少し早起きしたので、ちょっとだけどこかに走りに行こうか…と思ったのもつかの間、カラダのあちこちが痛いようなので、ご近所ポタリングに変更(泣。

先日よりリアサスが不調のIntense Carbine 275号。いよいよメンテナンスに出すか…と考えていたところなのですが、以前持っていたMarzocchi Rocoが同じような状態になったことがあることを思い出しました。

そのときは、リバウンドノブの押し回しを試みて復活したんたですが、Intense Carbineにも「ダメ元」で同じことをやってみることにしました。

すると、押し回しをした瞬間に「カチッ」と大きめな音がして、その後カチカチカチと、極めて普通の動きに。その結果、リバウンドがきちんと効くようになりました。併せて、CTDの設定も効くようになった気がします。

どうやら復活したらしい、Intense Carbine 275
どうやら復活したらしい、Intense Carbine 275

走行中に頻繁にCTDレバーを変更したりしていたので、ノブやレバーが浮いて緩んだりしていたのでしょうか…?

これでとりあえずは修理に出さなくて良くなりました。いずれにしても良かった…ということで、新しいセッティングを試します。

リアサスは200 x 57mmだそうなので、25-30%に設定する場合は14.25mm−17.1mmとなります。今まで5mmくらいでしたから、サグが小さすぎたといえますね。

サグ25%
サグ25%

そして、フロントを20%に設定します。

フロントは20%
フロントは20%

ペダルに立ち、バイクの「中心」に乗るイメージで測定しました。

続けてタイヤのエア圧。

昨日のCannondale Prophetは、SIX TrailがM山と比べて荒れておらずフラットであることを想定して、タイヤのエア圧を2barに設定しました。普段のM山とかは1.5bar前後だったりするので、私にとってはかなり硬め。これがとても調子が良かったことで、今日のCarbineも2.0barを試すことにしましたよ。

“Intense Carbine復活”の続きを読む

区切り

Cannondale Prophet

今日は次男の卒業式でした。私や妻も仕事を休んで、義務教育最後の卒業式に出かけました。長男も自分のスケジュールを開けて参加してくれました。

ここで、末子の義務教育も終わり、一つの区切りの時期が来たともいえます。

ここで私も一つの区切りとすべく、7年と少し続けてきた株式会社ICOを、末子が成人するまでの間休業したいと思います。本日、次男の卒業式のあと税務署で手続きをしてきました。会社自体は4月まで営業しますが、その後は私個人が引き継ぎます。

会社といっても基本的には個人事業の延長に過ぎませんでした。この規模での法人化は正直なところ厳しいものだったと思います。

本来は「お客様はもちろん、自分や家族、そして仲間のための仕事」をすべきところ、いつの間にか「会社運営のための仕事」になっていた感は否めません。そこは一番大きな反省点ですが、この7年あまりで一つのいい経験ができたと思っています。

この間、お世話になったみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。4月にまた改めてご挨拶をさせていただきたいと思います。

“区切り”の続きを読む

学習能力 Nothing

Schwalbe Racing Ralph 27.5 x 2.25 TLR PaceStar

週末の里山行きが待ち遠しくなっている今日この頃。わがバイクたちの消耗パーツなどを少しずつ交換しています。

以前の里山行きの途中でレールが折れてしまったfi’zi:k gobiに代わり…。

fi'zi:k gobi
fi’zi:k gobi

あまりお尻に合わないことは分かっていても、新品が通常価格より5,000円も安いので、同じものにしました。

微妙にデザインが変わっています
微妙にデザインが変わっています
裏から見たらほとんど同じ
裏から見たらほとんど同じ

折れてしまった古いサドルと同じカーボンレールですが、おシャカになったとはいえかなり長い間頑張ってくれましたからね。レールが折れる前にその付け根が割れたりもしたのですが、この付け根に関しては、新しいものはかなり分厚く、丈夫に接着されていました。

このサドル、里山でも早く試してみたかったのですが、Intense Carbine 275用の新タイヤが本日夜に届く予定だったし、昼過ぎは散髪の予定もあったので、明日に回すことにしました。

ということで、今日はIntense Carbine 275で軽いポタリングをするだけにしました。

“学習能力 Nothing”の続きを読む

よく走ります

シジュウカラ

今日は少しだけポタリングする時間が取れたので、チューブレス化したCannondale Prophet号を軽く走らせてみました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

舗装路はすでに通勤経路の移動で試してみていましたが、とにかくチューブがNoTube液に変わっただけで、走りの軽さが激変しています。ビードを上げるのに苦労したタイヤ、Schwalbe (シュワルベ) Racing Ralph レーシングラルフ / TL Ready (26×2.25)の軽さが活きました。

それだけではなく、空気圧を少し抑えていることもあってか、乗り心地が大変にいいということもやはりチューブレス化の最大のメリットといえます。

今日少しだけ走ってみた未舗装路も、グリップはするし軽いし、ジャンプの着地も問題なく行えます。ビードを上げられず散々悪口を言ったSchwalbe Racing Ralphですが、走行性能については満点を上げたいと思います。これならM山や6 Trailを走るくらいなら大丈夫なんじゃないかな?

ただ…。

“よく走ります”の続きを読む

バカ…

リカバリーライド

昨日散々「重い」と述べたHutchinson Python 2 27.5 x 2.25 Tubeless Ready Hard Skin。確かに重いんですが、昨日のStravaの記録を見たら、往復の2箇所で自己ベスト記録が出ていました。

HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25
HUTCHINSON PYTHON 2 TUBELESS READY HARD SKIN 27.5 X 2.25

トータルの時間が遅かったのは一回迷った(バカ…)ことによるもののようで、極端に遅い、ということではなく、場所によっては速かったともいえます。

自分の感じ方と実際のパフォーマンスが異なっていたケースですが、こういうのがあるから、スポーツは面白いのかも。

さて、今日はリカバリーライド。玉川上水経由で井の頭公園にでも行こうかな、と思って走っていたそのとき。昨日、イメージ通りにM山トレイルを走れなかったことを思い出しました。それで悪いイメージを直ちに解消したくなって、まさかの2日連続M山トレイルを目指すことに。

“バカ…”の続きを読む