Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140

Cannondale Lefty SuperMAX Carbon 140

だいぶ時間がかかりましたが、思い立ったタイミングで見つかった、Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140。

Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140
Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140

新品は高価すぎるので、中古商品を狙っていたのですが、これがなかなか出てこない。実際にはかなりの個数が出品されるのですが、Prophet号に適合しそうなものがないのです。

クラウンの隙間が合うものがなかなか見つからない
クラウンの隙間が合うものがなかなか見つからない

この上下クラウンの隙間が137mmでなければ、Prophetを始め、旧Lefty規格のフレーム(ヘッドチューブ or ヘッドチューブ + ヘッドパーツの長さが134mm)に適合しないのです。

Lefty採用の29er機でハンドル位置が高くなりすぎるのを改善するため、Lefty 2.0 ではフレームサイズによってヘッドチューブのサイズを変えるように設計し直したらしいのですが、現在のMサイズフレームが採用するヘッドチューブの長さは、我がProphetと比べるとかなり短く設定されています。例えば、Prophetと同じ140mmストロークを採用するtriggerでは、Mサイズが110mm、Lサイズが122mmであり、中古市場に流れるフォークのほとんどがこのあたりの幅を採用したSuperMAXだったんですね。

ここにきてようやく、triggerのXLサイズに採用されている134mmサイズのヘッドチューブに対応するLefty SuperMAXが見つかり、今回の入手に至ったのでした。

“Cannondale Lefty SuperMAX Carbon PBR 140” の続きを読む

MTB

Cannondale Prophet

昨晩は妻が帰省していたので、次男と「君の名は」を見ながら寝ました。FireTVはAmazon Prime(見放題)を利用することが多いのですが、久々にレンタルしましたよ。

とてもいい作品だったので、レンタルではなく、購入にしておいてもよかったのかな…と思いましたが…。比較的近くの名画座である下高井戸シネマでまだ上映しているんですよね。劇場で見たかった気もします。

というわけで、昨晩はブログを書くのも、最近続けている夜の武術練習もパスしてしまったのですが、いつも通り、公園にはポタ仲間がみな集まり、いいものを見せていただきましたよ。

monkey 29er
monkey 29er

Mさん。久々のMonkey号か…と思っていたら、フレームの色が違うし、ホイールが大きい(笑)。なんと29er版を入手されたそうです。

“MTB” の続きを読む

Trek Émonda S4

Trek Émonda S4

昨日の多摩湖はかなり疲れました。やはりMTB的な疲労とは違って、各関節部に溜まった疲れが目立ちます。

やはり、ロードの振動も馬鹿にならないようです。

その割にお尻とかはあまり痛くなっていないので、FIZIK(フィジーク) KURVE(クーヴァ)(スネーク)カーボンレールはロード用としては悪くないのかも。もちろん、「サドル」の好みは人それぞれなんですが。

昨日乗った、SCOTT ADDICT R3 2009の近くにあった、長男のTrek Émonda。タイヤが破裂しそうになったり、フレームが擦り傷や汚れだったり、チェーンがそのへんのママチャリみたいに錆びているのを見て本当にガッカリです。変速もかなりおかしくなってしまっていて、正直乗るのも危険な状態。何度も自転車屋に見てもらえ、と助言しているのですが…。

小中学生ならまだしも、大学生ですからね(苦笑。こんなにひどい状態までほったらかしにしてしまうなんて。

見るに見かねて整備しましたよ。

Trek Émonda
Trek Émonda

整備のご褒美に、自分で乗ってみる…という(笑。

ホイール・コグ・チューブ・タイヤはADDICTから移した形になります。変速系が完全ではありませんが、なんだかんだ行って、子供の安全は重要ですから、安全に乗れる状態までは戻したつもりです。

それにしても、このバイクは乗り心地がすばらしい。ちょっとした凹凸で跳ねたり突き上げたりしてくるSCOTT ADDICTとは全く別物です。足周りが同じものなのに、これだけ反応が違うのは、やはりフレームの味付けの違いによるものなのでしょう。

ただ、もちろんですが、ADDICTのような極端な加速やキレはありません。

“Trek Émonda S4” の続きを読む

ロードバイクの復活

SCOTT ADDICT R3 2009

昨日、多摩湖一周を最初に案内していただいた方と一緒に都内の自転車屋さんへ行きました。

私のロードバイク、Scott Addict R3 2009は立て続けの後輪のパンクで走れない状態となっていますので、いろいろとアドバイスをいただきながら、いくつかの店舗を巡って迷いに迷った挙げ句、下記を入手しました。

2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2 700×25C(622)【並行輸入品】 (ブラック)
2本セット Continental(コンチネンタル) UltraSport2 ウルトラスポーツ2 700×25C(622)【並行輸入品】 (ブラック)

Panaracer(パナレーサー) GRAVELKING SK [グラベルキング エスケー] 700x26c ブラックPanaracer(パナレーサー) タイヤ グラベルキング [700×28C] ブラック F728-GK-Bと迷ったんですけど、やはりロードはロードとして乗るのがいいかな、と思い直しました。

今までよりも太い25Cを選んだのは、乗り心地を改善してみたかったからです。以前乗っていた「FOCUS CAYO 2011」に装着されていたのが25Cで、それが特に重いとかもなく、奥多摩に登ったりふじのくにイベントでも比較的快適に乗れたことによります。

MAXXIS(マキシス) UL TUBE 26×1.90/2.125 仏 60 mm IB63832100
MAXXIS(マキシス) UL TUBE 26×1.90/2.125 仏 60 mm IB63832100

25Cということで、もともと装着されていたタイヤよりも重くなるでしょうから、チューブのほうで軽量化を測ってみました。

“ロードバイクの復活” の続きを読む

バイクまみれ

Intense Carbine 275 2013

前半部分。読めていなかった記事も多かったので、小林麻央さんのブログ、改めて最初から最後まで拝見しました。限定公開で読めない記事もありましたが、夫の海老蔵さんがおっしゃる通り、彼女は本当にすごい人だと改めて感動した次第です。海老蔵さんや姉の小林麻耶さんのブログも拝見していますが、残された家族の方、家族を支える友人のみなさんのつながりにもすばらしいものがあります。

報道のあり方や、一部の人の無責任な反応に残念に思うこともありましたが、ブログ記事の英語化も始まり、真央さんが今でも多くの人を勇気づけている事実は変わりません。

ご家族の方、大変な状況にあると思いますが、どうかご自愛を。

さて、今度は自分のところの話になりますが、長男があのK.yasu画伯とコラボできることになりました。

近藤恭史 個展
近藤恭史 個展

K.yasu画伯の、「まいど馬鹿馬鹿しいイラストを一席!!」。長男はK.yasuさんのイラストをTシャツ化して、販売します。

K.yasuさん。本当にありがとうございます!

親馬鹿ですが、紹介させていただきました!

そして、今日の私。さすがに梅雨時期ですので、自転車に乗る回数も減り、少々ストレスが溜まってきています。

そこで、今日は雨が上がったのを確認してご近所での練習を。

“バイクまみれ” の続きを読む

Enduro的

FORMULA THIRTY FIVE 160mm

フォーク換装で、バランスが取れた感があるIntense Carbine 275。当然、試さないわけにはいきません。

今日は天候も良く
今日は天候も良く

午前中の出走でしたが、天候も良好。

Intense Carbine 275 + FORMULA THIRTY FIVE 27.5
Intense Carbine 275 + FORMULA THIRTY FIVE 27.5

やはり、フロントがかなりごつくなった印象があります。FORMULA 35はまだ設定が出ていないので、今日はサスポンプを持っての出走です。

チェーンの清掃が効いたのか、今日の往復ではCarbineのコギがかなり軽く感じられました。あるいは、フロントが160mmになったことで感触が変わった可能性もあります。

最初の登りも問題なし。段差などに対する初動も、かなり柔らかくしたREVELATIONよりずっとよく、Marzocchi 55 ATA並みではないかと思います。

ただ、今日初めての林道下りでは、フロントの接地感が少し足りない感じがしました。少しリバウンド設定を緩め、エアを抜いてシングルトラックへ。

“Enduro的” の続きを読む

楽しいトレイル

M山行き待機中の2台
M山行き待機中の2台

今日のM山は、Trail-Sさんとのライドでした。

Trail-Sさんは、前回のM山行きはクロスバイク+αの仕様のGiant Tradist (現在次男が使用中)で、快適に走ることができなかったとのことでしたので、Cannondale Trail-7での出走です。

私はCannondale ProphetとIntense Carbine 275で悩みましたが、後者を選択。

M山到着直前の多摩川を渡る橋の上で車道から突然名前を呼ばれました。

なんとMさんで、あとで伺ったら今日はお仕事帰りだったようです。次回、ぜひご一緒しましょう。

今日はとにかく暑い! でも、現在のM山は緑が生い茂って、中は陰っているので、走っていれば結構涼しい感じでした。

セクションにもよりますが、こんな感じの日陰が多くなります
セクションにもよりますが、こんな感じの日陰が多くなります

さて、今日の記録です。

M山も、やはり1人で走るより2人で走った方が楽しいですね。ただ、よく見れば動画にも写りこむほど、虫が…すごい。

Trail-SさんはMTBでもスムースライド。あ、Trail-Sさんの登りはMTBでもグラベルロードと変わらず、速かったです。登りで私が置いていかれるのはバイクというよりエンジンの問題みたいでした。もちろん、今回の私は前回のような愚を犯すことなく、マイペースで登りましたよ。

“楽しいトレイル” の続きを読む

Cannondale Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve

Cannondale Prophet

昨日はタイヤを変更したIntense Carbine 275にて里山を走りました。

そして今日はLefty Maxを交換したCannondale Prophet号でのトライです。

Cannondale Prophet + Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve
Cannondale Prophet + Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve

SPV+ダンパーは、一つ前の仕様で使っていたTPC+に比べてとても効く感じがするので、リズミカルに沈んで反発する、という感じがなかったです。

サドルも新調して、FIZIK(フィジーク) KURVE(クーヴァ)(スネーク)アルミレール(2015/16) ブラック(7050A4B800) レール幅42mm サドルに変更していますけど、悪くないですね。

ただ、2日連続の里山、ということで若干疲れはあったかもしれません。

里山では昨日のIntense Carbineと比べると、全体的に車体が暴れる感じがしました。SPVダンパーが効き過ぎて、沈み込みが遅すぎる印象もあったので、もう少し設定を詰める必要がありそうです。

また、前日の疲れもあって暴れるバイクの制御がうまくいかなかった可能性もありますね。

“Cannondale Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve” の続きを読む

充実感

Cannondale & Intense

久々にすばらしい体験でした。

RDZ公園
RDZ公園

前から来たいとは思っていたのですが、自宅から30kmほどあることでなかなか決行できずにいました。しかし、Trail-Sさんが行かれる日に合わせてガイドをお願いし、無事に楽しんでくることができました。

昨日天気予報を確認して、天候は良好ということで、武蔵野園さん前から出発。しかし、目的地までの間に経由するサイクリングロードの脇にもちらほらと「観測史上初の」積雪が見られ、トレイルのコンディションも少し心配になってきました。

山頂付近の積雪
山頂付近の積雪

山頂付近の積雪も思ったよりあります。うーん。まだ11月ですよねぇ。

トレイルに入ってみると、やはり路面は濡れており、ツルツルの粘土質の路面に落ち葉が被さっているような状況です。登りなどで多少滑ることはありますが、特に走りにくい、ということはありません。

私にとっては初めてのコースなので、終始Trail-Sさんにガイドしていただきました。乗るのが楽しくて、今日もライド中の写真はありません。その代わりに動画を撮影しました。先日、ヘッドカムの調子が悪かったので、今日はSONY デジタルカメラ Cybershot HX9VSONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-WX170も持っていって、ハンドルにマウントしてみたのですが、HX9Vのほうは明らかに電池の調子が悪い…。昨日フル充電しているにもかかわらず、数分動かすと電池切れになって勝手に止まります。なのに、しばらくすると復活して、撮影した動画の再生も可能になります。

このカメラ、業務用としてしばらく動画専用で使ったから、電池も消耗しているのかもしれません。

ハンドルマウントは…
ハンドルマウントは…

分かりにくいですが、ハンドル中央にマウントしています。

でも、やはりこの方法は追っかけ撮影にはどうも好ましくないようです。HX9VWX170も、縦ブレがひどく見るに堪えない映像になってしまいました。

ヘッドカムは動いている間はきちんと取れていたのですけど、途中から「録画スイッチ」が動作しなくなってしまいました。

なので、ライド後半からは縦ブレ映像しか残っていません。

このヘッドカム、Contour HD 1080pは、購入当初からトラブルで一度返品もしたのですけど、その後もなんか、ユーザインターフェースの悪さと不調で、あまり満足した記憶がありません。

それにしても今後もこういう機会があるなら、ヘッドカムはやはり持っておきたい気がしました。GoPro ウェアラブルカメラ HERO5あたりが候補だったのですが、今はSONYのソニー デジタル4Kビデオカメラレコーダー「FDR-X3000R」にすごく惹かれています。あの小さな筐体に、空間光学ブレ補正機能を内蔵しているんですから。

ハンドルマウントするときついかもしれませんけど、チェストマウントとかだったらかなりスムースな映像になりそうな気がしています。

カメラ系のトラブルはいろいろとありましたけど、動画を見ていただければトレイルの気持ちよさ、伝わるのではないかと思います。

今日はサドルガチ上げで乗っていますが、全く問題なしでした。

“充実感” の続きを読む

確認

里山3週連続

先々週、先週と里山に出かけた際、「上手くなったような気がする」と感じたのですが、この時乗っていたのはIntense Carbine 275であり、本当に上手くなったというより、機材に助けられたというのが正解のような気がしていました。

なので、今日はCannondale Prophetでの里山行きです。ProphetはSサイズを2005年7月に買ったのが最初で、このバイクを使って常設コースや里山に行っていました。2013年にMサイズを入手してMTBのサイズの重要性を知り、さらに今年、3台目のProphetをジャンクフレームで入手。昨日フロントタイヤを新しいものに交換し、今日のライドへ。

お寺側入口
お寺側入口

今日は昼過ぎの出発です。曇りのために決して明るくはなく、写真もブレ気味です。

祈願
祈願

先週より、きちんとお賽銭を入れて、ライドの安全を祈るようにしました。あとで写真も載せますが、ここは切り立った崖が多いのです。以前、公園仲間のMさんが、「ここはちょっとした心霊スポットで(笑)、気がつくと目の前に崖があったりするから注意が必要ですよ」と聞いていましたが、確かに。このお寺さんから上に登っていく道も、横は切り立った崖です。

心霊スポット…については、過去に私も藪のなかから男性の「おい」という声を聞いたことがあります。藪の向こうは高さ数十メートルの切り立った崖なのに(怖。今その場所はすでに切り開かれて跡形もなく、宅地造成中。

“確認” の続きを読む