諦めと決断

急降下

ちょっと公園に寄ってカワセミを撮ったあと、今年初の里山行きをしようとIntense Carbine 275を走らせました。

Intense Carbine 275
Intense Carbine 275

しかし、どうしたことかモチベーションが全然上がらない。ついに行程の半分くらいまで来たところで引き返すことにしました。

今日は体力的にも相当余裕がありますし、今までなら「どうせここまで来たんだから」と強行していたでしょう。昨年はサドルのレールが折れても行くことを優先しましたから。

途中でやめるという「諦め」は初めてかもしれません。

このような気持ちになった一つはこの日が義母の命日であったこと。特に年末から今年にかけてはいろいろと義母のことを思い出すこともあったので、無意識に私のモチベーションにブレーキをかけていたのかもしれません。

Cannondale Judge 2007 Team Replica
Cannondale Judge 2007 Team Replica

さらにもう一つ。これを手放す「決断」をしたことにも理由があるかもしれません。昨日仕事が終わったあと夜中まで磨いていたCannondale Judge DH 2007 Team Replica。

今まで見たことのあるバイクの中で一番好きな形状
今まで見たことのあるバイクの中で一番好きな形状

おそらく今まで見たことがあるバイクの中で一番好きな形状のバイクです。言うまでもなく、下り系では最強バイクでした。

下り系最強
下り系最強

本来ならIntense Carbine 275を入手した直後に手放す予定だったのに、パーツがないなど、なんやかやと理由を付けてずっと寝かせ続けてきました。

でも、2011、2012のシーズンに1回ずつダウンヒルしただけで、4年もフィールドに出していません。要するに置いているだけなのです。Judgeが可哀想。

「決断」しなければいつまでもそのまま。

今日撮影のために乗ったのが最後になるでしょう。

子離れしたらまたご報告します。

“諦めと決断”の続きを読む

走り納め

カワセミ飛翔

明日、大晦日は散髪の予定があるため、里山は今日のうちに行かないとな…。

でも、せっかくなのでいつもの池に寄ってみる。

カワセミ姫
カワセミ姫

いてくれました。ということで里山行き前にしばし、カワセミ撮影を。

今日はα6000でアクションにチャレンジ
今日はα6000でアクションにチャレンジ

ずっと「止まりもの」専門だったのですが、最近ようやく「飛びもの」に興味を持ち始めました。とはいえ、今日は里山行きが目的なので持っている撮影機材はソニー SONY ミラーレス一眼 α6000 と ソニー SONY 高倍率ズームレンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS の組み合わせです。

最高でも200mmまでなのでトリミングが必須ですけど、やはりAFが良くて写真の歩留まりは良かったです。

“走り納め”の続きを読む

いろいろ変えたらいろいろ起こった

昨日、Cannondale Lefty Max 140 Carbon RLC 2010のコイル交換を試みたのですが現状では不可能でした。そこで、午前中はLefty Max 130 TPCに換装する作業を行っていました。ストロークが10mm短いとはいえ、今マトモに動作するCannondale Prophet用のフォークはこれだけなので…。

換装が終わったらそのまま里山へゴー。

多摩川河川敷
多摩川河川敷

今日はいつもと趣向を変えて、経路を変えたり行ったことのないところを通ったり、いろいろと試してみました。

まずはこの多摩川河川敷。右上に見えるサイクリングロードは速度の速いローディの人が多いので、私はのんびりと砂利道を走ります。いつもより少しだけ遅くなりましたけど、大きくは遅れずに済みました。

広い
広い

多摩川は広くて気持ちいいですね。

“いろいろ変えたらいろいろ起こった”の続きを読む

EVF

帰還

減量中なので、12月は毎週里山行きの予定にしていたのですが、今日はどうも一週間の疲れが溜まって抜けない感じだし、体調もあまり良くなかったので近所のポタリングのみに変更しました。

公園について、自転車を立てかけた瞬間に来てくれました。まるで待っていてくれたようですね(嬉。

カワセミ嬢
カワセミ嬢

相変わらずかわいいですねぇ。出かけたのが15時を回っていて、高感度にはあまり強くないソニー SONY ミラーレス一眼 α6000で撮影したので、結果はちょっと残念ですが…。

でも、EVFは意外に使いやすい
でも、EVFは意外に使いやすい

でも、カワセミちゃんに関してはEVFは意外に追いやすい気がしています。実はCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIでもあまり彼女のアクションをうまく撮れたことがなく、止まりものばかりなのです。

α6000のEVFだと、若干遅れることはあるものの(中央で捉えたつもりが端っこに近いところで撮れていたり)、なぜかよく補足できている気がします。

“EVF”の続きを読む

日常の一部的ポタ

カワセミ

目覚めてみるともう昼前。

里山行きにはカラダもだいぶ慣れてきてはいるものの、思ったより疲労していたようで、今日は公園へのポタリングのみ。寒くて、リカバリーライド、というほども乗れていない。

保護色
保護色

今日、最初に見かけたのはこの子。今年生まれた子だと思いますが、まだグレーの部分が多く、胸の色も昨年の姫のようにまだらな状態です。

この子も何枚か写真を撮ってみたのですけど、そのたびに見つけるのが大変なくらい、景色に溶け込んでしまっていました。

いつもの場所にも
いつもの場所にも
縮こまる
縮こまる

こちらは年長の女子。姫ではないかと思いますが、やはり昨年に比べると胸の色がとてもキレイになっています。

“日常の一部的ポタ”の続きを読む

里山ツーリング

里山
LEFTY FOX RLC用のコイル
LEFTY FOX RLC用のコイル

アメリカより無事、保守部品が届いたので、Cannondale Prophetに装着したCannondale Lefty Max 140 Carbon RLC 2010に装着されたX-Firmと思われるコイルと交換しようと考えました。

しかしこのFOX Lefty、Lefty Max 140 Carbon SPV+ 2006などとはコイルの交換方法が全く違うのです。説明書や図面を何度見ても、交換方法が分かりません。実際、図面と同じ状態にはならないので、それ以上作業ができないのです。

もう疲れました(苦笑。

FOXは複雑すぎる。組み付けが悪いのか、ロックアウト、コンプレッションがうまく動かなくなったし。遅すぎるリバウンドについては、ドライバで直接操作して解決したんですけど、コイルは固すぎ。

いずれ余裕が出来たら、海外に送ってPBR化してもらおうかと思います。

今日は、新しいコイルで走ってみたかったのですが、それは諦めてTrail-Sさんと、例の里山を走りました。

ということでCarbine
ということでCarbine

走ったあとの写真ではありません。走る前です(苦笑。先月待つのトレイルを走ったまま放置で、汚いのでそろそろキレイにしてあげないといけません。

“里山ツーリング”の続きを読む

今日は動画で

快晴

金曜日が雨だったし、ご近所も午前中は路面がまだ濡れている状況でしたが、先週もあまり走っていないということで、今日も里山へGo。

思い立って、もう何年も使っていないContourHD 1080pを充電して持ち出しました。なのであまり写真を撮っていなかったりしますが、ContourHD 1080pは不調でした(泣。1926年4月とかになっているし、不意に切れるし。

ウェアラブルカメラはいつの間にか、GoProシリーズの一人勝ちみたいになって、Coutourの名前を聞かなくなったのは寂しいです。

私もそろそろ、SONYのウェアラブル、FDR-X3000Rあたりが欲しくなってきました。

でも、富士見のようなコースももう4年も行っていないし(あ、スキーは行きましたけどね)、今年もいつの間にかシーズンが終わってしまいました。ウェアラブルは持ち腐れになりそうです。

路面はウェット
路面はウェット

今日はショートDHコースから入りました。

路面は前回以上にツルツルで、ちょっと警戒が必要でした。それに、このショートDHの途中には、木がまん中から折れてコースにさしかかっています。

根元から倒れた上、まん中からぽっきり折れてコースまん中にぶら下がっています
根元から倒れた上、まん中からぽっきり折れてコースまん中にぶら下がっています
ちょっと分かりづらいですけど、こんな感じで道に覆い被さっています
ちょっと分かりづらいですけど、こんな感じで道に覆い被さっています

根元から倒れた上、まん中からぽっきり折れてコースまん中にぶら下がっています。幸い、ぷらぷらしていたのでちょっと右側へ押すと、枝が草むらに引っかかってくれて、小路を確保することはできました。

SONY ミラーレス一眼 α6000 + SONY E 50mm F1.8 OSSなので、全体が撮れないのが残念。

とりあえず、今日は動画でご紹介することにします。

登りがヘロヘロだったので、比較的速く登れている場所や下りを中心にごまか…いや、編集しています。

以前はツルツルコンディションは苦手でしたけど、恐怖感がなくなりました。機材の進化もそうですが、私も上達しているんだ! ということにします。

“今日は動画で”の続きを読む

最後の刺激

とんがりモニュメント

妻のiPhone 6SのLightning用端子が不調のようです。

純正ケーブルを挿してもエラーメッセージが出たりしていたようであり、この週末、ついに充電できなくなりました。

Lightningケーブルが挿されたことは間違いなく認識しているのですが、充電が進まないのです。

バッテリーのインジケータが残り30%を割り、慌てて近所のDocomoショップへ。でも、ハードウエアトラブルなので結局のところは新宿のAppleストアへ行くことになったようです。

Appleストアの検査ではバッテリ、ハードウエアの異常はないものの、実際に充電ができないことが認められたので、新品交換して帰ってきました。

こんな故障もあるんですね。

さて、私といえばその時間、窓から祭り囃子の音が聞こえていたので、音を頼りに散歩をしてみたら、妙法寺に行き当たりました。

堀之内妙法寺
堀之内妙法寺
福相寺の万灯
福相寺の万灯

はて? 今日は妙法寺でなんのイベントも予定されていないようなのですが…。

万灯の主を見てみると福相寺さんで、妙法寺のお隣にあるお寺さんです。

ライトアップされた妙法寺
ライトアップされた妙法寺

夕方暗くなってもおまつりのような音がしていましたが、今度は福相寺のほうから聞こえてきていました。そのときに撮った妙法寺。この時間帯、妙法寺がライトアップされていることは知りませんでした。

“最後の刺激”の続きを読む

ポタリングじゃない

里山

私の親指シフトキーボード入力環境を構築するため、Nicola K Proを使用していました。

これはKB232を使ったときだけだと思うのですけど、入力の取りこぼしが発生してしまうことが分かりました。どこの資料で見たかは忘れましたが、KB232はThumb Touchなどより反応速度が少し遅いようです。Nicola K Proだと、実質的にはローマ字入力の形のキー信号に変換するみたいなので、私の入力に追いこされて送り出されたローマ字キーが単独で出力されたり、おかしなことになってしまいます。

これは日本語入力システムの反応が遅いこともあるのかも。

併せて、やはり「かな」キーでしか「かな + 親指シフト入力」に切り替えられない、という制限が大きく、そこだけブラインドタッチにできないことが思った以上にストレスになることも分かりました。

なので、Karabiner-Element + Lacailleに戻すことにしました。こちらであれば、日本語入力システムをローマ字ではなくかな入力に設定できますし、なにより親指モードに変更するのに普通に無変換キーが使えるようになります(実質的には、Karabinerによって、「無変換」キーを「かな」キーに入れ替えているだけなんですけど)。

Windowsでも、エミュレータを使用すれば同様の設定で最新の日本語入力システムも使用可能になりますが、両者の間を違和感なく行き来できる環境が使えるのは大変ありがたいことです。

Karabiner-Elementでは、キーボードがUKキーボードとして認識されてしまう問題はすでに認識されているようであり、現時点で問題のない4つ前のバージョンが入手可能になったので、そちらをインストールしてみました。

無事、以前の環境に戻り、またLacailleのほうもかな入力用の定義にしてあるので、どんなに私が早く打っても入力がおかしくなることがありません。

とりあえず助かりました。ソフトウエア制作者のみなさま、ありがとうございました。

また、つなぎでの使用になってしまいましたけど、Nicola K Proも本当に助かりました。常用にはできないけど、できるだけ毎年ライセンスを買おうと思う今日この頃でした。

…ということで、このエントリは完全に普段使い状態に戻った環境で制作しています。なんと快適なことよ。

親指シフトキーボード
親指シフトキーボード

私の居住地域から最も近い里山。2009年4月19日に行ったのが最後だったと思いますが、宅地造成が進み始めた頃で、その破壊っぷりを目の当たりにしたこともあって、それから足が遠ざかっていました。

2009/04/19
2009/04/19

当時はそう。初代Prophet号で出かけたのでしたね。

しかし、最近になって、この場所をMTBで走っている動画を見かけたこともあり、自分の目で確かめてみることにしました。今日はいつもの「ポタリング」ではなく「サイクリング」「トレイルライド」ですね。

7年半ぶりに行ってきました
7年半ぶりに行ってきました

どうしても早く起きられなくて、それを言い訳にするのも嫌だったので(苦笑、昼少し前に出発。

多分ですけど、上の写真が2009年に撮影した写真と同じ広場なんじゃないかと思います。

私はこの写真の奥側から来たのですけど、残念ながらこの写真の反対側はフェンスで仕切られ、入られなくなっています。

多分こちらがわはフェンスの奥です
多分こちらがわはフェンスの奥です(2009/04/19)

“ポタリングじゃない”の続きを読む

歴史

Intense Carbine 275

3連休の中日、本日は夜中から午前中は、大荒れの天候でした。

それでも予報通り、午後には雨も上がりました。なにやら妙法寺の方向から声が聞こえるので、SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ ブラック ILCE-6000-Bを持って出かけてみました。

堀之内妙法寺
堀之内妙法寺

妙法寺に到着してみると、声が聞こえるのはもっと奥のほう。妙法寺のお会式は来週でした。

今日は、妙法寺のおとなり、福相寺でお会式が行われていたようです。

福相寺
福相寺

先週も書いたように、私の居住地域は日蓮宗の施設がたくさんあり、日蓮聖人の入滅日である10月13日前後にお会式が続きます。

…というか、この区域に住んで20年も経つのに、日蓮聖人について詳しく調べたのは今年が初めて(苦笑。この年になってようやく、日本の歴史とか世界の歴史とかに興味を持つようになりました。

この周辺、大小様々な寺院があるので、一度巡ってみましょうかね。

声の正体が分かったので満足して自宅に向かいました。すると、近所のお花に大きな黒い蝶が。

残念なことにSONY ミラーレス一眼 α6000の起動が間に合わず、逃げてしまいましたが、真向かいの理容師の方が出てきて、『最近よく出てくるんですよ。大きな蝶が』と、いろいろと説明してくださいました。

妙法寺に掲示してあったもの
妙法寺に掲示してあったもの

今日、妙法寺の入口に掲示してあったものに気づいて写真を撮ってみたのですが、この中には…いない感じですね。多分、クロアゲハの雄。

朽ちているけど存在感抜群の…
朽ちているけど存在感抜群の…

その蝶がいた近くの駐車場に泊まっている、とてもクラシックな感じのフォルクスワーゲン…ですかね。そういえば、私たちがこの地域に引っ越したときにはこの状態だったような気もしますが…。タイヤの空気も抜け、朽ちてしまっても存在感がある色と形。

さて、お寺と自宅を往復したあとは、いつも通りにポタリングです。

dsc_3525

善福寺川の対岸では、猫が器用に石垣を斜めに渡っています。運動神経抜群だな…。私もこういうのは得意だったのですけど、今でもできるかな? 通報されかねないのでやめておきましょう(笑。

久々のカワセミ
久々のカワセミ

公園であ久々にカワセミを見かけたのですが、Nikon デジタル一眼レフカメラ D600 + TAMRON 高倍率ズームレンズ 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZDの組み合わせではこれが限界でした。

和田堀公園
和田堀公園

D600、WBオートだと若干紫がかって見える気がします。

昨日のピンクじゃないですけど
昨日のピンクじゃないですけど

昨日のCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIではないですけど、夕刻だと色が面白く化けます。

Adobe LightroomでWBを昼光に変えてみると。

WB 昼光
WB 昼光

明るさと色合いはより忠実な感じにはなりましたが、色濃すぎ。でも好きかも。

奧さんのランニングコースの終点にて
奧さんのランニングコースの終点にて