Carbineの設定変更

Intense Carbine 275

昨日、Prophet号の設定変更がうまくいっていたので、今日はIntense Carbine 275のリアサスを調整してみました。

Intense Carbine 275
Intense Carbine 275

Prophetと同様、25%程度のサグに設定してみたつもりですけど、こういう階段などでは確かにいい。でも、ちょっと動きすぎるような気がします。

ちょっと不審に思っていろいろと調べてみましたが…。

FOX FLOAT CTD FACTORY (2013)
FOX FLOAT CTD FACTORY (2013)

このフレームに付いてきたFOX FLOAT CTD FACTORY KASHIMA (2013?)のダンパーが効いていない感じです。リバウンドノブもおかしくなっていて、2回くらい閾値を越えて回してしまいました。それでも、リバウンドスピードは全く変わりません。また、CTDのCでもDでもダンパーの感覚は変わらず、いずれも踏ん張っていない感じがします。そりゃ、動きすぎるよな…。

一応新品で買ったこのフレームですが、10ヶ月の使用でこうなるとは…。確かに、秋口から先週まで、このバイクで里山に行く頻度は今までにはないものでしたので、サスペンションの「へたり」も、そりゃ早くて不思議はないかもしれません。

うーん。要オーバーホールということで、また出費になっちゃうなあ…。このフレームは正規輸入品なので、リアサスは日本でもオーバーホールしてもらえるとは思いますが…。

“Carbineの設定変更”の続きを読む

Prophetの設定変更

Cannondale Prophet

「日ペンの美子ちゃん」のキャラクターが今年復活し、例年の3割増しで通信講座の受講生が増えていると聞きました。いや、私も10年ほど前にこの講座を受講しまして、無事修了していますので、卒業生としては(?)嬉しい限りです。私の場合は、最後にまとめて課題を行わなければなりませんでしたが、何級かは忘れたけど、取りましたよ(笑。

「日ペンの美子ちゃん」公式ツイッター

当時、かわいいキャラクターが掲載された教科書が来るのかと思っていたら、至って普通のまじめなテキストで、何十年前に撮られたのだというような解説写真だったのを覚えています。

もしテキストが一新されていたら、改めて受講してみたいな…。

さて、現在も主力バイクとして活躍中の赤Prophet。

フロントフォークをProphet 4000標準のLefty Max 140 Carbon SPV Evolveに変更してほぼ最終形にはなっているのですけど、RAWカラーのProphet 2000のときと比べて若干乗り味が硬い気がします。

Cannondale Prophet
Cannondale Prophet

RAWカラーのときは、フロントフォークがLefty Max 140 Carbon XLRだったので、エアとコイルの差があるのかもしれません。コイルは初めて使う「medium」ですし。

併せて、若干前傾が強めのような気もしていました。今日改めて見てみると、リアサスのサグが10%程度です。確か、Prophetの推奨サグは25%で、RAWカラーProphetもそのように設定していたように思います。

ということで、今日はCTDのTモードのときにサグが25%になるように設定してみました。

すると、乗車姿勢や乗り味はRAWカラーProphetのときと変わらなくなったように思います。

段差の飛び降りも
段差の飛び降りも

今日は2回ほどこの段差を飛んだのですが、斜面の先で着地してみました。いや、驚くほど衝撃がないですね。そういえば、RAW Prophetのときもそんな印象だった気がします。

うーん。今までの硬い乗り味はFOX FLOAT CTDが悪かったのではなく、サグが足りなかったのですね…。

ここもOK
ここもOK

この階段もOK。ペダルが小さいので最後のところで左足が浮いてしまいましたがすぐにリカバーできました。

“Prophetの設定変更”の続きを読む

平日休暇

叫んでいる…わけではなく、サカナを呑み込む瞬間です

先週末に仕事をしたので、今日は代休を取りました。体力的に問題がなければM山行きだったのですけど、腰痛が芳しくない状態で、ご近所ポタリングだけにしました。

ご近所も未舗装路はまだ結構ぬかるんでいたりもしたので、そういう意味でもM山行きにしなかったのは正解かも。

ご近所の公園は、もしかしたらカワセミがいるかも、と考え、久々のCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II + Canon 望遠ズームレンズ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMの組み合わせです。

Carbineが少し不調だった
Carbineが少し不調だった

今週、Intence Carbineが、ブレーキの引きずり音がひどかったり、変速が決まりにくかったりで、調子悪いなあ…と思っていたのですが…。リアの12mmアクスルが緩んでいました(苦笑。9mmクイックとかだと「ギュッ」と締め込むけど、12mm thruは回すだけ。若干心配になりました。乗車前チェックは必要ですね。

リアを久々に150mmに設定してみた
リアを久々に150mmに設定してみた

併せて、今日はリアサスペンションの取り付け位置を久々に150mmのところに変えてみました。エアが多めでサグはかなり小さいのですが、動作感が豊富になります。ペダリングへの反応も大きくなりますので、M山への往復などを考えると135mmの設定がいいのかも。でも、しばらくの間、この150mmを試してみようかと思います。

飛びすぎた
飛びすぎた

この150mmの設定で段差を試しましたが、斜面にランディングするつもりが斜面の一番下に茂っている草に着地してしまいました。なので、150mmとはいえ、前回のProphetのときより衝撃を感じてしまいました。

“平日休暇”の続きを読む

スタート地点

桜と街灯と

今日は次男の春休み明けで、高校の入学式でした。

入学式
入学式

高校のさくらは、まだつぼみが多く感じられるものの、だいぶ開花してくれていました。

長男は大学の健康診断でしたが、近くの大学に通っているので、用事が終わったあとすぐに駆けつけてくれました。式には間に合わず残念そうでしたが、そのあとの保護者の会まで付き合ってくれましたよ。小学校の卒業式から高校の入学式まで、長男はずっと次男のイベントに参加してくれました。親としては当然嬉しいことですが、次男としても心底感謝していると思います。

義務教育も終わり、いろいろと自己責任も果たさなければならない高校生活。自分で選んで進学するのだから、そのことをよく理解して頑張ってほしいです。

夕方、時間が空いたので軽くポタリングをさせてもらうことにしました。

“スタート地点”の続きを読む

休み

毎週のおつとめのようになっている里山行き。昨日まで雨だったこともありますし、路面状態はきっとよいとは言えないでしょう。ということで、今日は休みにしました(…本当は疲れが溜まっていたという理由が…)。

SB公園にて
SB公園にて

SB公園の桜も低い場所はよく咲いているみたいです。SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを取り出し、撮影しようとしたら、またSDカードが入っていない(苦笑。昨日もこのカメラを使ったので、iMacに刺したままだったんだ…。

私のこの同じ失敗を繰り返す習性、なんとかならないもんですかね。一度自宅に戻って、SDカードを装着し直してからの撮影となりました。

まだまだたくさんつぼみが見えますね
まだまだたくさんつぼみが見えますね

SB公園で一通り撮影したあと、いつもの武蔵野園さんの前に向かいました。

花見はまだまだ…?
花見はまだまだ…?

花見はまだまだ…? と思っていた昨日の風景が「↑」なんですが、なんと今日はこのエリアに数百人がすし詰め状態でした。今日はだいぶ暖かかったですし、日差しもありましたのでね。

桜もきれいでしたが
桜もきれいでしたが

桜もきれいでしたが、

この花もきれいでした
この花もきれいでした

別の木の、この花もきれいでした。近所を散歩されていたおじさんによれば、「杏」だそうです。

“休み”の続きを読む

Lefty

先週から今週にかけて、大変嫌なニュースや悲しいニュースが連続しました。

千葉県で子供が犠牲になった犯罪。大分県で子供が襲われた犯罪。弱者を狙った犯罪は極めて許しがたい。本当に悲しいし残念です。

大きな犠牲を出した雪崩事故。雪山に慣れているはずの指導者がなぜ、雪崩の恐れのあるタイミング・場所での練習を行う判断をしたのか。しっかりと原因を究明し、今後二度とこのような悲劇を繰り返すことがないようにすべきだと思います。本当に悲しい。

また、もう一つの悲しい出来事。フルコンタクト空手やプロ格闘技で活躍された聖心館の館長、黒澤浩樹先生が先月25日に亡くなられたと伺いました。若い頃、先輩空手選手のご配慮で、すぐそばで試合観戦した記憶があるのですが、私たち一般愛好家から見れば雲の上の存在でいらっしゃいました。心より哀悼の意を表します。

最後に、アメリカ時代のブルース・リー武術を支えた1人、リチャード・バスティロ師が先月30日に亡くなられたと報じられました。ブルース・リー自身、ご存命なら76歳。周りの人も少しずつこの世を離れていきます。師の教えは、今後も引き継がれていくでしょう。合掌。

“Lefty”の続きを読む

Intense Carbine 275 VS Cannondale Prophet

今日、起きてみたらカラダがやたらとだるい。やはり2日連続の里山は効いたようで、こういう部分でやっぱり年を取っているということを実感します。

なので、今日はポタリング以外の目立った活動はせず、午前中はこんな動画を編集していました。

昨日、ポタリング仲間が集まったときに、26インチと27.5インチで差があるのかな、なんて話が出ていたからです。多くの場合は「日本のトレイルでは、そう大きな差が出ない」ようですけど。

“Intense Carbine 275 VS Cannondale Prophet”の続きを読む

Cannondale Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve

Cannondale Prophet

昨日はタイヤを変更したIntense Carbine 275にて里山を走りました。

そして今日はLefty Maxを交換したCannondale Prophet号でのトライです。

Cannondale Prophet + Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve
Cannondale Prophet + Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve

SPV+ダンパーは、一つ前の仕様で使っていたTPC+に比べてとても効く感じがするので、リズミカルに沈んで反発する、という感じがなかったです。

サドルも新調して、FIZIK(フィジーク) KURVE(クーヴァ)(スネーク)アルミレール(2015/16) ブラック(7050A4B800) レール幅42mm サドルに変更していますけど、悪くないですね。

ただ、2日連続の里山、ということで若干疲れはあったかもしれません。

里山では昨日のIntense Carbineと比べると、全体的に車体が暴れる感じがしました。SPVダンパーが効き過ぎて、沈み込みが遅すぎる印象もあったので、もう少し設定を詰める必要がありそうです。

また、前日の疲れもあって暴れるバイクの制御がうまくいかなかった可能性もありますね。

“Cannondale Lefty Max 140 Carbon SPV Evolve”の続きを読む

今回は当たりでした

Schwalbe Racing Ralph

昨日までに仕様変更したCannondale ProphetとIntense Carbine 275。今日の里山行きはどちらに乗っていくか迷ったのですけど、Prophetは仕様変更前にすでにかなり満足な状態に仕上がっていたこともあって、今日はIntense Carbineを試すことにしました。

念願のSchwalbe Racing Ralphを装着したCarbine
念願のSchwalbe Racing Ralphを装着したCarbine

タイヤは、当初想定したものより少し丈夫なバージョンになりましたが、念願のRacing Ralphを装着してあります。

もともとCarbineは里山への自走がちょっと重めだったため、その往復を楽にすべく、いろいろなタイヤを試してきたわけですが、ここまではことごとく失敗していました。その往復改善プロジェクト(?)がようやくここに来て実現した感じです。

楽な往復を実現したSchwalbe Racing Ralph 27.5 x 2.25
楽な往復を実現したSchwalbe Racing Ralph 27.5 x 2.25

走りは劇的に軽くなり、今回往復の4区間で自己記録を更新していました。少し前にProphetで走って、しばらくは抜けないと思った記録もビッグダウンヒルとなる区間を除いてすべて更新し、登り区域では大幅な更新となっていてびっくりしました。

やはり、27.5というホイールサイズがかなり有利に働いているんじゃないかと思います。

“今回は当たりでした”の続きを読む

区切り

Cannondale Prophet

今日は次男の卒業式でした。私や妻も仕事を休んで、義務教育最後の卒業式に出かけました。長男も自分のスケジュールを開けて参加してくれました。

ここで、末子の義務教育も終わり、一つの区切りの時期が来たともいえます。

ここで私も一つの区切りとすべく、7年と少し続けてきた株式会社ICOを、末子が成人するまでの間休業したいと思います。本日、次男の卒業式のあと税務署で手続きをしてきました。会社自体は4月まで営業しますが、その後は私個人が引き継ぎます。

会社といっても基本的には個人事業の延長に過ぎませんでした。この規模での法人化は正直なところ厳しいものだったと思います。

本来は「お客様はもちろん、自分や家族、そして仲間のための仕事」をすべきところ、いつの間にか「会社運営のための仕事」になっていた感は否めません。そこは一番大きな反省点ですが、この7年あまりで一つのいい経験ができたと思っています。

この間、お世話になったみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。4月にまた改めてご挨拶をさせていただきたいと思います。

“区切り”の続きを読む