夜間作業

まず、prophet号からクランクを外し、Lapierre Spicy号に装着。これでSpicy号は完全復活、乗れるようになりました。写真撮っておけばよかった。

次に、RZ One Forty号のcrankbrothers joplin 4rのワイヤーの切り詰め。

crankbrothers joplin4r ワイヤー切り詰め
crankbrothers joplin4r ワイヤー切り詰め

少しすっきりしましたね。

“夜間作業” の続きを読む

久々な感じ

30日以上も乾燥注意報が続くほど雨が降っていなかったのに、自分で予定を立てたとたん、降雨・降雪。土曜日に予定していたイベントも延期となりました。

土曜日はおとなしく、自宅でアポロ・エクササイザー(Apollo Exerciser)で筋トレを行いました。長男も興味を持っているので一緒にやってみましたが、常に全力で引くため、学校で行うウエイト・トレーニングより効くそうです。

ここのところは私も自重派になっていましたが、全力で引くプログラムは新鮮です。しかも全力で引いても動作を完了するのに10秒前後かかる負荷を設定しているので効き方が半端ではありません。使った筋肉は強い疲労を伴いますが、翌日の遅発性筋痛はありません。ネガティブ・ワーク(エクセントリック・コントラクションを伴う動き)がないためですね。長男もあれだけ疲れる筋トレなのに、筋痛が発生しないのは疑問のようです。

実際のスポーツの動きにはエクセントリック・コントラクションが伴うので、筋肉を機能的に高めるためにはアポロでは不十分なのかもしれません。スポーツの現場でこの器具の名前をほとんど聞かなくなったのもそういう性質がひとつの原因なのかもしれませんが、少なくとも高校時代の私には役立ってくれていました。筋痛がなく短時間で終えられるアポロは、40代も半ばを過ぎた私にはある意味最適かもしれません。まずは数ヶ月のトレーニングをアポロ中心で行ってみたいと考えます。

さて、日曜日は天候が回復したので、Cannondale Prophet号で練習に出ました。

Cannondale Prophet号
Cannondale Prophet号

“久々な感じ” の続きを読む

25TH FITNESS SESSION 事前申込終了間近

25 TH Fitness Session
25 TH Fitness Session

25TH FITNESS SESSIONの事前申込終了が4/28(木)に迫っております。

Web申込みは4/28(木) 24:00まで受付しておりますので、ご参加予定でまだお申し込みでない方はぜひご利用ください。

https://www.exfit.jp/fs/

申し込みは終了しました。ありがとうございました。

exfit TVをプレオープンした日に…

もう昨日になりましたが、exfit TVをオープンしました。この転機となるであろう同じ日に、高校時代に空手道部で一緒に練習していた友人が上京してきたので、新宿に向かいました。

いつも利用している歌舞伎町の居酒屋はいっぱい。その近くもいっぱいだったので、新宿東口のほうへ移動。20歳のとき、私が初めてフィットネス・インストラクターのアルバイトをやったビルの近くです。当初、その地下のお店に入ろうと思いましたが、やはりいっぱい。

するとそのビルの入り口に「今なら入れますよ」というお姉さんがいたので、ついて行ったらまさしく私がオープニングスタッフで入ったスポーツクラブの跡地でした。エレベータ周辺と階段のあたりには面影がありますが、もとスタジオがあった場所とジムがあった場所に別々のお店ができていました。今日入ったのは、ジム側のお店。

すでに結構人が入っていて、私たちは中二階のほうへ。下のフロアが見えるまさにその場所で、その当時の名残かもしれないものを発見。

天井の配管類
天井の配管類

スポーツクラブ当時、おそらくジムカウンターがあった場所の真上くらいでしょう。その当時も、このように天井に張った配管が丸見えでした。確かこの下に金網が張ってありましたけど。内装工事と同時に新しいものに変わっている可能性はありますが、当時の雰囲気を残しています。少なくともこの天井は、21歳頃の私の姿をこの位置から見ていたんだろうなあ、と感慨深くなりました。

そう、このスポーツクラブでは一緒にexfit TVを始めた友人もアルバイトしていて、ここで知り合った訳なんですよ。

exfit TVのプレオープン、空手道部時代の盟友との飲み会、そしてその場所が私がフィットネス・インストラクターを始めたクラブの跡地ということで、いろいろな縁を感じる4月23日となりました。きっと何か意味がある日なんだと思います。

空手道部時代の盟友は長男くんも連れてきました。彼と会うのはちょうど一年ぶりです。さすがは大学生でしっかりしていますね。若い人と話すといろいろと刺激を受けますので、今後もがんばらなければ、と思います。

この空手時代の友人が日本初のドクターヘリ運航に関わった人であるということについては前にも書きましたが、彼の会社は今回の大震災で被災地にもヘリコプターを派遣したそうです。今日も、仕事関連の打ち合わせで上京していたのですが、やはり大震災の話が中心だったそうです。想像以上の大災害のためか、現地の指揮系統が統一されず、大変なようですね。

その彼の会社は、今度熊本、宮崎にもドクターヘリを就航させるようです。

右が現行の福岡機、左が熊本、宮崎に就航する機だそうです
右が現行の福岡機、左が熊本、宮崎に就航する機だそうです

こんなアクセサリをプレゼントしてもらいました。右側はデフォルメが強いようですが現行の福岡で稼働している機、左側が今度熊本、宮崎に就航する機のようです。

今回の友人と息子さんとの交流で、またいろんなことを吸収させていただきました。今後の私の生き方に大きく反映されると思います。

Eくん、今日はごちそうさんでした。

 

スポーツトレーナーが指導しているこれが正しい筋力トレーニングだ!

東京大学大学院の石井直方教授がその推薦文にて「トレーニングの基礎理論と具体的方法が研究者の視線ではなく、現場指導の視線で捉えられている」と表現されていますが、まさしく現場で指導に当たっているトレーナーのみなさんがまとめた書籍、というところに価値があると思います。
タイトルに「スポーツトレーナーが指導している」とありますが、もちろんこれは「21世紀筋力トレーニングアカデミー」という団体の所属トレーナーの話です。ほかの各団体、各トレーナー個人がこれと同じ筋力トレーニングを行っているとは限りません。しかし、「21世紀筋力トレーニングアカデミー」は10万人分ものデータを持っているということですから、私たちのような末端の指導者にも参考になることがたくさんあります。

全体的には選手を対象にした入門編の書籍、といえます。必ずしも私の捉える認識と、この書籍の認識が一致したとはいえないのですが、現場でありがちな初歩的なミスを正しい考え方に導く、という導入がうまくなされていると思います。
実践編の種目紹介も多くはありませんが、これから正しい筋力トレーニングを採用しようとしている選手やコーチが再学習するのには最適な数になるのではないかと思います。その分、一つの種目に3ページ近くを費やし、正しいフォームと誤ったフォームを対比してくれているのです。

このように、初期のトレーニングを重視した作りであるため、短期的・長期的なスパンでのピリオダイゼーション(区分け)・トレーニング・プログラムを組むためには別の資料が必要になるでしょう。