スポーツマンのためのサプルメントバイブル

私の妻がボディビルディングの選手だったころの話なので、結構前になりますが、月刊の「ボディビルディング」誌で、吉見正美先生によるサプリメントに関する記事が連載されていました。
現在でこそサプリメントは大ブームですが、当時はそのような固定的な呼び方は一般的に浸透しておらず、ボディビルディングやスポーツなどの一部の間で「サプルメント」と呼ばれていました(実は私や妻は今でも「サプリメント」ではなく「サプルメント」と呼んでいたりします)。また、スポーツに役立つサプリメントについては当時は専門的に解説した書籍などもなく、「ボディビルディング」誌のサプリメント連載は、私たちにとっても貴重な情報源になっていました。
特に、連載の中で「アーゴジェニック・エイド(エルゴジェニック・エイド)」と呼ばれていた、スポーツパフォーマンスの向上に役立つとされるサプリメントは、当時あまり情報もなく、貴重なものでした。
その後、その連載が加筆訂正され、この書籍にまとめられたわけですが、サプリメントをスポーツパフォーマンスに役立てたいと考えている人にとってはとても参考になる書籍だと思います。ただ、最近ブームの健康系サプリメントから興味を持たれた方は、ちょっとマニアックに感じてしまうかも。
また情報的に古い部分もあり、そのまま適用すると問題がある部分もありますから、注意が必要です。この書籍の最新版ではどうなっているかわかりませんが、サイクロフェニールが紹介された部分については、私も踊らされたクチです。サイクロフェニールの問題については、Dr.高橋正人氏の著書やサイトでも紹介されていますので、特にエルゴジェニックなサプリメントを求めている方は注意してください。