コアリセット ゆがみを正して姿勢ブスから姿勢美人に

女性をターゲットにした作りの、一般向けにコアリセットの手法を紹介する書籍です。
セルフチェックによるコアタイプの診断から始まり、ベーシックメニュー(ベーシックセブン)、シーン別のコアリセット・メニューが紹介されています。初めてコアリセットを行おうとする人にもわかりやすいように、比較的大きめのイラストを使用して実技を紹介しています。イラストはシンプルにデフォルメされたもので、大まかな姿勢と動作はわかりやすくできていると思います。ただ、体の一部がポールから落ちるような細かいイメージなど、ちょっとした姿勢的なコツなどはデフォルメされたイラストからは伝わりにくく、そこはきっちりと文章を読んで理解する必要があると思います。
うまく行えば深いリラクセーションが得られるエクササイズではありますが、最初は力を上手に抜けないようなこともあるでしょうし、ゆがみが強すぎる場合はエクササイズ中に痛みを感じる可能性があります。特に寝ながら本を見るのは難しいので、よく読んで、一つずつ試すようにし、最後につなげて行うほうがいいかもしれません。ポールの上に少しの間正しい基本姿勢をとるだけでも、横になったときの体の感覚の違いは体感できると思います。
ちなみに私が入手した版では、最後のほうにオビと最後のほうにプレゼント・キャンペーンが紹介されていますが、このキャンペーンはすでに終わっています。

アスリートのためのコアトレ―100のエクササイズ12の処方箋

その昔、空手をやっていた私が中国武術の練習を始めるようになったころのこと。中国武術の先生や先輩方は私の関節や筋肉が固いことを盛んに指摘してきました。180度近く開脚できて、なおかつ上半身を床につけることができる私の関節や筋肉が「固い?」。
「力が入りすぎているんですよ。」
「力を抜きなさい。」
「力が抜けないと、筋肉の(使い方の)再学習ができないから。」
この先生と武術に出会ってから、私は体に対する認識が大きく変わったわけですが、本日この書籍を読んでそのときのことを思い出しました。
当時の私は、その中国武術の最初の型を練習することで、「脱力」を進めました。もちろん、それまで練習していた空手にもそういう鍛錬法はあったのですが、中国武術のほうは「先人の感覚」を「自分の体に再現」するための指導法がもっと体系化されていて具体的だったと思います。
この武術の基本型はきわめて高度なディファレンシャル・リラクセーションを実現するものでした。ディファレンシャル・リラクセーションとは、必要な筋肉がその動作を行うために最低限の努力で働き、それ以外の筋肉はギリギリまでリラックスしているような状態のことです。
ただ、このような練習を行ったとしても、中心軸を作る脊柱を重力から解放することは困難です。私自身、脊柱の状態については理想的な状態を保っているとはいえず、さまざまな方法を試行錯誤中なのです。

そういった難問を解決する一つの手段が、この書籍に紹介された一連のプログラムです。
「コア」の基礎知識から「コア・リセット」の実践。その後の筋の「再教育」。さらに、各スポーツ向けのコアトレのプログラム処方が紹介されています。
「コア」というと、ずっと昔からいろいろなことが言われ続けていますが、非常に漠然として曖昧です。しかし、この書籍では著者の有吉先生なりのコアを(というふうに、きちんとことわっていらっしゃるところがすばらしいと思う)、非常に具体的に、解剖学的な基礎知識も含めて解説されているのです。個々の筋肉にふれたものは多いのですが、よく見ると、それらの筋肉の連携についてまで言及されているではありませんか。ちまたにはさまざまな身体運動の本があり、私も大変参考にしてはいるのですが、あまりにも曖昧すぎてどうにでも解釈ができるため、煮え切らない気持ちになることが多々あります。しかし、この書籍は一般の人やアスリートに対する情報の「透明度」が高いと思います。つまり、「客観的に再現できる形」で伝わる、ということです。

私が特に興味を持ったのは、コアの「リセット」(本来あるべき姿に戻す)の部分です。この方法で紹介されているストレッチポールを使うなら、確かに脊柱を重力から解放できることでしょう。私が、空手や中国武術を習っていた当時にこの方法を知っていたら、おそらく脱力と筋の使い方の再学習効果はずっと高まっていたと私は思います。

有吉先生の書籍については、さらに読んでみたいと思いました。

ココロとカラダが気持ちよくなる100プラス1

 リラクセーションのための方法が100+1種類紹介されている書籍です。
 これらは単一なリラクセーション・プログラムとしてまとめられたものではなく、従来より知られたさまざまな方法から比較的簡単に取り入れることができるようなものをカテゴリ別に寄せ集めた構成になっています。日常生活のなかで気をつける、というレベルの者からヨガのプログラムまで、内容もレベルもさまざま。
 ですから、読者としては初心者コースから初めて、上級に進んでいく、というようなアプローチではなく、カテゴリやその中の種目から自分でもできそうなものを選んでためしてみる、というアプローチになると思います。

 このような構成はプログラムを堅苦しくすることなく、取りかかりの敷居を低くすることができると思います。まず「これをためしてみよう」と思えるほど簡単なアプローチもたくさんあるからです。

 ただ、なにかとなにかを組み合わせて、より完成されたプログラムにしていくための具体的な手順は示されておらず、自分用にしていくための試行錯誤が求められます。まあ、試行錯誤はどんなプログラムにおいても必要なんですけど。

 最近私も年齢を重ねたことで、以前より「リラクセーション」に関する必要性を非常に感じています。以前は「鍛える」という方向に偏る傾向があったのですが、最近は十分なリラクセーションを行っておくべきだと考えています。