ブルース・リー伝説 DVD-BOX

最近空き時間で、長編ドラマのコレを見ています。

ブルース・リー伝説 DVD-BOX VOL.1
ブルース・リー伝説 DVD-BOX VOL.1
ブルース・リー伝説 DVD-BOX VOL.2
ブルース・リー伝説 DVD-BOX VOL.2
ブルース・リー伝説 DVD-BOX VOL.III
ブルース・リー伝説 DVD-BOX VOL.III

2008年に中国本土で公開され、最高視聴率を記録した「李小龍伝奇」、邦題「ブルース・リー伝説」のDVD-BOXシリーズですね。

当初、VOL.IとVOL.IIを手に入れ、見ていたのですが、最初は反日映画かと思いました。そのほうが中国本土でも受けがいいのかもしれませんが、どうも前半部分はブルース・リーの性格を極端にデフォルメした結果、反日表現につながったのかもしれないなあ、とも思いました。

とにかく、主演のダニー・チャンがブルース・リーにそっくりで、少し離れて見るとブルース・リーそのものに見えてくるのです。横顔や、サングラスをかけたところなんかはそのまんまじゃないかと。

でも武術的な力は今ひとつで、特に難しい蹴り技ではスタンドインを使っている様子でした。まあ、ブルース・リー本人のような、突然力をはじけさせるような関節の連動や筋肉の使い方は、まねをしろといっても無理でしょう。

ストーリー的には実話をベースに膨らませているので、「あ、これはあのことを指しているんだな」などファンにとってはにやっとするエピソードもあります。現在、VOL.IIIの2枚目まで見終わりましたが、本来50話のものを30話にまとめているので、話が飛んだり、ちょっと強引なシーンのつなぎがあったりするのが残念です。ファンとしては全部見たい気がします。

もちろん、実話ではない話も多く、詠春拳を習うタイミングや、ハリウッドでの活動と香港での活動などは時系列がめちゃくちゃでした。ブルース・リーが下背部に重傷を負った件については、奥さんが書いた実話よりも1993年の映画「ドラゴン ブルース・リー物語」でアレンジされた内容を継承されている感じです。実話はここは地味ですからね。

まもなくテレビドラマの「グリーン・ホーネット」の部分に到達します。楽しみですねぇ。全50話を見たいところですが、本国版は50話あったりするのかな? でもこれは字幕がないとわからん…。

ストレートリード

ストレートリード

映画俳優で、武術家としても評価を得ているブルース・リーが創始した武術「截拳道(Jeet Kune Do/JKD)」。その核心となる技がこの本のタイトルにもなっている「ストレート・リード」と呼ばれるパンチです。

このパンチについて、ブルース・リーの弟子の一人であったテッド・ウォン師夫の弟子であるテリー・トムさんが独自研究によってまとめられています。

截拳道は創始者が道半ばにして亡くなったため、残された後継者によってさまざまな解釈で現在も発展しています。著者は現在知られる截拳道が、ブルース・リー・オリジナルのものではなくなってしまったので、それを修復する作業のファーストステップであると主張しています。

その主張の是非については、すでに創始者本人がこの世の人ではないため、正直なんとも言えません。ただ、「截拳道はなんでもありの寄せ集め武術」的なものではなく、時間をかけて検証され、構築されたシステム・技術が存在するのだということを明らかにしていることは興味深いです。もちろん、日本では格闘技雑誌などで再三特集されているので、多くの武術関係者が認識していることだとは思いますが。

さて、その技術的な分析です。テッド・ウォン師夫はブルース・リーの最晩年の技術を継承しており(いわゆるファイナル・ステージ)、それを保存していく義務があると主張されています。もしそれが本当であるならば、ブルース・リーは最晩年には中国武術の技術体系をすべて捨ててしまったことになると思います。それくらい、この書籍はフェンシングとボクシングの技術に焦点を絞ったものになっています。その根拠はテッド・ウォン師夫が直接ブルース・リーから教授されたものに加えて、最新のブルース・リーのメモと、彼の蔵書の本人のマーキング内容にあるようです。

しかし、この考証には重大な部分が抜け落ちていると私は考えます。彼がそれ以前に習得していた中国武術の体の使い方をボクシングやフェンシングの戦術や体術にどう反映しているか、「截」はもともとは中国の攔截を元に発展したはずなのに、その技術体系に関する記述がない、という点です。線や面などの動きを使って「截」を実現する中国武術的な技術に触れず、離れたところからポイントを狙い合う多分に西洋的な武術に完全に様変わりをしてしまっているのです。これを洗練した、と解釈する人もいるでしょうけど、中国武術の発達の歴史を考えれば逆行ととらえる人もいると思います。

この書籍によれば「ブルース・リーはファイナルステージで詠春拳を捨ててしまった」そうですが、それは実用的でないと気づいたからだそうです。これが本当だとしたら、それはちょっと短絡的に過ぎると私は思います。だとしたら、詠春拳はアメリカであんなに普及しなかったでしょう。逆に修行が足りないのを、術のせいにしている、と言われてもしかたがありません(私は決して、そう思っての発言ではないとは思います。兄弟子に書いた手紙で、「詠春でさえ、畳の上の水練だ」みたいなことを書いていましたけど、全部を否定しているわけではありません)。

基本、ブルース・リーが詠春拳から截拳道に大きくシフトしたのは、1964年の戦いでブルース・リーが背を向けて逃げる相手を詠春拳の技術ではとらえきれなくて、倒すのに数分かかったからだといいます。でも、私はこの話を少年時代に聞いて以来、未だに違和感があります。彼はそれまでその技術で数多くの対戦相手を葬ってきたわけです。たった一回そういうことがあっただけで、「こりゃ全部ダメだ」って思うでしょうか? ※

だいいち、背中を向けて逃げる相手を追う技術? 護身のためならそのまま戦いを終えて安全なところに退避すれば良いし、どうしても戦いたければ(?)走って追っかけるだけですよ。詠春拳に限った話ではないです。

彼が詠春拳を捨ててその技術体系をボクシングとフェンシングに置き換えた、という話になると、一定以上中国武術を修行したことがある人なら違和感を覚えるところではないかと思います。なぜなら、最晩年に作られた彼の映画の中にも、中国武術の体の使い方が色濃く見られるからです。一見大げさに、ボクシング的に放たれている彼のパンチでさえ、高度な中国武術の体の使い方を伺わせています。私は、テッド・ウォン師夫の動きはDVDと動画でしか拝見したことがないのですが、根本的な力の生み方に差があるように感じられます。ブルース・リーには中国武術の確固たる基礎が感じられますが、おそらくテッド・ウォン先生にはそれがありません。逆に言えば、テッド・ウォン先生はブルース・リー以上に「ファイナル・ステージ」なる截拳道を突き詰められた実践者といえるのかもしれません。ただ、仮にファイナル・ステージという段階があったとしても、そこに至るまでの過程が違えば、似たような型に見えても、両者は質の異なったものになるであろうことは想像に難くありません。

ジャック・デンプシーのパワー・ラインについては、ブルース・リーもマークしていたようですが、実は私も四半世紀以上も前に大学の図書館から借りたこのデンプシーの著書を写本したので、強い思い入れがあります。しかし、ブルース・リーが長く学んだ詠春拳も、同じ拳の使い方をすることでパワーを増幅しますし、実際にジョーン・リー氏主催のトーナメントで体の大きな師範代を相手に見せたワンインチ・パンチに関しては、体軸の前傾も使わず、詠春拳的な「パワー・ライン」をかなり使っているように見えます。

こんなこともあって、このストレート・リードがなぜその「東洋的な」部分に触れていないのか不思議な気がしました。多分にフェンシング的な長距離砲だけについてのみではなく、ショートパンチについても触れた資料ですので、そこでどうやって彼が威力を増幅していたのかについてはここに出てくるジム・ドリスコル、ジャック・デンプシー、アルド・ナディの論だけでは説明し切れていません。ただ、詠春拳の場合はリードパンチ、リアパンチの区別がほとんど明確ではないので、論理的な結びつけは確かに難しい部分もあるかもしれません。

私は10代の初めに「魂の武器」、中頃に「秘伝截拳道への道」という書籍を入手しています。このとき、彼のメモと実際の彼の動きが必ずしもリンクしていないことに気づきました。彼自身自分の資料に書籍の内容を引用しているけど、彼自身はその通りの姿勢を必ずしもとっていないわけです。このとき私が考えたのは、確かに彼はそういった格闘技の資料を参考にし、自分の技術の向上に役立てたとは思いますけど、決してそのまま採用したわけではなかったのだろう、ということです。

たとえば、今でもはっきり覚えているのは「顎と肩が中途で出会う」(顎を少し下げ、肩を少し上げることで顎を守り、緊張を最小限にする)構えについてです。10代の後半、これを読んで「おお、いいじゃん」と思って自分もやろうとしたのですが、いざ彼の映画や当時公開されていた多数の写真を見て、「ん、リーさん、全然そんな姿勢も取っていなければ、打ち方をしていないじゃない?」ということになってしまいました。死亡遊戯の池漢戴戦でその大げさな表現が見られるくらいでしょうか? まあ、こういった小さな疑問点もその後中国武術を学んだことで少しずつ解消されていくわけですけど、これはあくまでその当時に感じた一例で、彼の資料やメモと、彼が残した資料やパフォーマンス映像は必ずしも一致していないと思うわけです。

なので、この書籍もブルース・リーの後期の考え方を知る資料の一端として、とても役立つものであると思いますが、これがすべてであるとは思いません。演者のフォームを見ていても、ブルース・リーのフォームというより非常に特徴のあるテッド・ウォン師夫のフォームですし、テリー・トムさんはそれを忠実にコピーしている印象があります。やはり、どんな体系であっても、その人の中を通ることによって、さまざまな変化が生じるのは仕方がありません。例えば、私が直接的に知っている武術の例だと、剛柔流空手。同じ先生から指導を受けたはずの各師範の動きは微妙に違います。その下の代になるとさらに差異が発生しています。でも、みなさん同じように、先生に習ったことをそのまま教えている、と自負されているのです。今回はテッド・ウォン師夫系の書籍ですけど、これはダン・イノサント師夫系の伝承についてももちろん言えることだと私は思っています。

※ ブルース・リーが大きく方向転換した理由としてもう一つ、葉問師夫とのトラブルがあるのではないかと言われています。

1965年に香港に帰省したブルース・リーがアメリカの友人、弟子たちに書いた手紙を見れば、当時彼がどれだけ葉問師夫と詠春拳に傾倒していたかが分かります。これは、上記の逃げる相手を仕留めるのに苦労した1964年の話よりあとのことなのです。しかし、この帰省中に、ブルース・リーは葉問師夫に失礼な要求をしてしまったことで、厳しい叱責を受けることになります。日本流に言えば「破門」でしょうか。彼が詠春拳を離れ、独自の武術に向かうきっかけとなったのではないかというもう一つのエピソードです。

その後5年以上を経て彼は香港に戻り、彼の直接的な師匠(葉問師夫の弟子)とスパーリングをしたという逸話があります。すでに亡いその師匠の弟子に当たる人がインタビューでその目撃談を語っていましたが、その師匠はブルース・リーの蹴りに翻弄され、突きがめちゃくちゃになっていた、とのことでした。ブルース・リーの截拳道に否定的な詠春拳サイドの人の証言なので、信憑性はあると思います。自分なりの方法論で高度な「截拳道」で、過去の「詠春拳」を克服したブルース・リーは非常に優れた、努力の人だったのだと思います。その遺志を継承されているテッド・ウォン師夫やダン・イノサント師夫の功績は多大だと思います。それぞれ派閥にはなっているみたいですけど、これってある意味しかたがないと思います。何も截拳道に限ったことではないですから。それぞれの団体や門下の方々の今後の活躍に期待いたします。

Real Masterpiece 1/6 Collectible Figure 「ドラゴン怒りの鉄拳」ブルース・リー 【Fist of Fury “Bruce Lee”】

Real Masterpiece 1/6 Collectible Figure 「ドラゴン怒りの鉄拳」ブルース・リー 【Fist of Fury
Real Masterpiece 1/6 Collectible Figure 「ドラゴン怒りの鉄拳」ブルース・リー 【Fist of Fury "Bruce Lee"】

ブルース・リーに関しては、資料的価値が高いものに限って収集していたのですが、最近はちょっと傾向が変わってきました。一番最初に販売された「死亡遊戯」があまりにもいいできであったため、ついついその続編を次々と購入してしまったのです。

こちらは「ドラゴン怒りの鉄拳」バージョン。ついにブルース・リーの極端な猫背も矯正され、比較的姿勢が良くなったのが個人的には嬉しいです。

このバージョンにはヘッドが2パターン付き、カツラは3種類が付属します。オールバックバージョンは若干変な感じがしますけど、実際に本人が「武」の前でオールバックで撮影したスチールがあるので、欠かすわけにはいかないアイテムでしょう。

個人的には「ドラゴンへの道」バージョンのできが最も良かったと思っているのですが、それでもやっぱりEnterbayのブルース・リーシリーズのできはいいです。

おそらく今年か来年には、私が一番好きな映画である「ドラゴン危機一発」のバージョンも発売になるでしょう。楽しみです。

最強最後のヒーローステーション ドラゴンスピリッツ 〔DVD付〕

死後35年を経てもなお新しく書籍が発売され続けるブルース・リー。

Amazonのおすすめを見ていたら、予約販売になっていて、一も二もなくポチッとやってしまいました。

このタイトルから見てもわかるように、継承されるドラゴンの魂(読者のドラゴン魂も含む)がテーマであり、ブルース・リー本人の直接的な紹介や記事を集めたものではなく、彼の関係者、あるいは遠くでつながっている有名人などのインタビューが中心になっています。

ICOの秘密にもすでに書きましたが、マリア・イーさんの未公開? 写真と中村頼永先生のインタビューがとても楽しめました。

購入後1日経過して、DVDのほうも見ました。追悼イベントの映像を見て、当時の関係者がかなりお年を召されているのを見て、ブルース・リーが現役だった時代からの時の流れを感じました。ただ、ターキー木村先生が非常にお若いのに驚きました。80代半ばにもなるのに。今でもブルース・リーのお墓を管理されているようです。また、中村頼永先生の演武はすばらしかったですね。40代半ばでありながら、あのスピードと高さを維持されているというのは驚異的です。

ブルース・リーの本は海外でも結構新刊が出ているんですよね。まだ届いていない本が2冊くらいありますが、いつも刺激をもらっています。

ENTER THE DRAGON 燃えよドラゴン/ BRUCE LEE 12inch FIGURE

ENTER THE DRAGON 燃えよドラゴン/ BRUCE LEE 12inch FIGURE A-TYPE

ENTER THE DRAGON 燃えよドラゴン/ BRUCE LEE 12inch FIGURE B-TYPE

ENTERBAY社のBRUCE LEE フィギュア 第3弾、「燃えよドラゴン」シリーズの登場です。2体同時発売でした。

ネットで事前に出ていた写真では、「ドラゴンへの道ほど似ていないな」「似ている、という意味では死亡遊戯にも及ばないかもしれない」と感じていました。しかし、それは「ドラゴンへの道」でも感じていたことですので、実際にフィギュアが届くまではわかりません。

そして、実際に届いた2対のフィギュアは…。思ったほど似ている感じがないような。

このように2体並べてみると、左は少しコミックヒーローっぽいし、右はブルース・リーにしては平面的な印象を受けます。ちょっと微妙な感じですね。

しかし、最初の2枚の写真のようにアップで写真を撮ってみると、やはり完全にブルース・リーその人なんですよね。かといって、ドラゴンへの道ほど「これぞっ!!」という感じはありません。

それに、この2体もやっぱり…。猫背。

燃えよドラゴンのブルース・リーは世界進出のため、多分前3作より姿勢やゼスチャーを意識して変更しているように見えるんですよね。服を着て立っているときは必ずしも猫背ではありません。ぜひ、猫背でないバージョンも欲しかったですね。

次はドラゴン怒りの鉄拳、ドラゴン危機一発、グリーン・ホーネットと続いていくはず。私は比較的若いころのブルース・リーが好きなので、ドラゴン危機一発、グリーン・ホーネットは特に楽しみですね。グリーン・ホーネット当たりで猫背解消ブルース・リーが出てこないか、期待します。

THE WAY OF DRAGON ドラゴンへの道/ BRUCE LEE 12inch FIGURE

今年になって急激にはまってしまったブルース・リーのフィギュアですが、このENTERBAY製フィギュアの出来にはもう絶句します。
前作で名作と言われた死亡遊戯、これは発表当時信じられないくらいの出来だと思っていたのですが、この「ドラゴンへの道」を入手したあとでは完全にかすんでしまいました。

まずは、ドラゴンへの道版の顔のアップを見てください。

果たしてこれ以上があるのか、というくらいの精密さでブルース リーの表情が再現されています。

私が持っている三体を並べてみました。

左の名作、死亡遊戯がなんともぼやけて見えます。整形の段階でふくらんでしまうのか、鼻は大きめで唇などはぼんやりしていますね。これに対してドラゴンへの道のブルース リーは、鼻は広がらずほおの傷まで精密で、比べものになりません。
右側のメディコムトイ製の燃えよドラゴンのブルース リーは、価格帯が死亡遊戯やドラゴンへの道の半分ですので、比べるのは酷かもしれません。

ENTERBAY製はこれから、燃えよドラゴン2体、ドラゴン怒りの鉄拳、ドラゴン危機一発、グリーンホーネットが控えているといいます。楽しみですね。

LEE SIU LOONG MEMORIES OF THE DRAGON vol.2 BEHIND THE SCENES

LEE SIU LOONG MEMORIES OF THE DRAGON vol.2 BEHIND THE SCENES

こちらは有名になってからの、晩年のブルース・リーの写真集ですね。
クォリティは前作、LEE SIU LOONG MEMORIES OF THE DRAGON vol.1と同等ですが、やはり有名になってからのよく知るブルース・リーばかりなので、前作ほどの新鮮さは感じませんでした。彼の武術は明らかに変わっていて、詠春拳や中国武術を色濃く残していた前作とは打って変わった武術を披露しています。ただ、やはり見せる要素、というのが強くなっていることもあってか、表情と動作が連結したりしていて、前作で見られたような高度な体の操作、というのは写真からは見えにくくなっているように思えます。もちろん、晩年の4作品を中心にして、彼のパフォーマンスは認知され、世界的に有名になったわけですから、きっと彼は自分の身体能力のレベルを高めていたはずです。

LEE SIU LOONG MEMORIES OF THE DRAGON vol.1 (大型本)

いつの間にかAmazonのほうでも販売していたんですね。
これを購入して、初めて見たときは今までにない衝撃を受けました。
まずは、私が想像した以上に重く、大きかったこと。これからどこに保管しよう? と悩んでしまいました。
しかし、すごいのはやはりその中身でしょう。私はそこそこ、ブルース・リーに関する本や写真集を持っているほうだと思うのですけど、この写真集はちょっと違う。1ページ1枚という形ですので写真は相当に拡大され、ある意味鮮明さを失っている部分はあるかもしれません。しかし、ここに公開されたのは彼が世界的に有名になる前の写真ばかり。基本的にプライベート写真が大部分なので、まるで彼の息づかいさえ感じられる気がしました。同時に、彼が故人であるが故の切なさまでも感じてしまうのですが。
最後のほうに、写真がどういうシチュエーションでとられたものなのかの解説もあり、とても興味深いですね。

驚くのはそればかりではありません。詠春拳をはじめとする中国武術を行っているときのブルース・リーの写真をみると、後年の彼を思わせるような表情がありません。非常にリラックスをして、軽くほほえんでいるようなものすらあります。かなりハードなフォームやエクササイズを行っていながら、なんでもない、普通の表情を保つことがどんなに難しいことか。おそらく彼はほとんど完全に必要な力を必要な分だけ出力し、一切の無駄な緊張を発生させないような体の使い方ができた、ということです。きわめて高度なディファレンシャル・リラクセーションといえます。

後年、ジャッキー・チェンがブルース・リーのよく知られたいろいろなパフォーマンスを「俺ならもっと上手にできる」と言わんばかりに映画やスチールで見せています。両手を床について両足を上に上げて体を浮かせるパフォーマンスや高いところから釣り下がったロープを腕だけで登るというパフォーマンスでは、確かにジャッキーのほうが足もピンと伸びて見た目にきれいな感じがします。しかし、顔や首の周辺などがものすごく力んでいて、膝が多少曲がっていても自然に顔がゆるんだブルース・リーのパフォーマンスとはまた趣が異なりますね。

私が購入した版には遺品プレゼント応募用のはがきがついてきました。残念ながら当たりませんでしたが、この写真集は完全に、私の宝物の一つとなっています。

Real Action Heroes BRUCE LEE RAH-300

大分前から注文していて、当初の予定より1ヶ月遅れて到着しました。
当時からネットで流れていたプレビューから、Enterbayの「死亡遊戯」フィギュアには及ばないものの、かなりリアルなのではないかと期待していました。
届いたパッケージは次のような感じで、高級感の漂っていたEnterbay製品とはまた違った感じで、派手な装丁で登場しました。

外側のふたが開けられるようになっています。中は次のような感じ。

さらに開封すると2層になっていて、奥のほうにヌンチャクや手などのパーツがふんだんに用意されています。

そして取り出したるは、燃えよドラゴンのブルース・リーその人です。

さて、燃えよドラゴンのブルース・リーの顔ですが、目など、アイラインや目が鮮明に書き込まれていることがわかります。

死亡遊戯のフィギュアと並べてみました。

燃えよドラゴンフィギュアのほうがアイラインの書き込みなどのせいか、かなりくっきりとした印象を受けます。あと、死亡遊戯ほど髪の毛がぬめっとした感じがありません。ただ、似ている、ということになるとやはり死亡遊戯フィギュアのほうが一枚も二枚も上、という感じがします。死亡遊戯のほうは、まるでライフマスクからとったかのように再現されていますから。でも、写真でみると、目などは燃えよドラゴンフィギュアのほうがリアルな感じはしますね。死亡遊戯は眼球交換式なのですが、写真だと白目が強調されて浮き上がった感じになりますので。
同じ6インチフィギュアではあるんですが、死亡遊戯フィギュアのほうが一回り大きいです。頭と顔、拳も少し大きめ。

そして、ちょっとだけ上着を脱がせてみたのですが、…。

ブルース・リーがまるで昆虫のようです。その代わり、かなりいろいろな動きができるようです。死亡遊戯フィギュアは、ちょっと猫背を直したい、と思ってもできません。ちなみに死亡遊戯フィギュアの腹筋はこちら。

こちらも稼働するようにはなっているものの、かなりリアルさが漂います。

それぞれ特色があって楽しめます。今後これらをどう飾ろうかな…。

秘伝截拳道への道 (1976年)

秘伝截拳道への道 (1976年)

懐かしい本です。一般の書店では見かけたことがなく、おそらく一部の通信販売でのみ販売されていた商品ではないかと思います。

この書籍の原著は下記の書籍です。

出版当時の事情は詳しくはわからないのですが、『秘伝截拳道への道 (1976年)』は版元に許可をとらずに出版した、いわゆる海賊版であったと言われます。一般の書店では売らず、通信販売に頼ったのにはそのような事情があったのかもしれません。私がこの書籍を手にしたのは高校2年ごろのことで、「アポロ・エクササイザー」というアイソキネティックス・トレーニング器具と一緒に購入したのを覚えています。当時の私には『秘伝截拳道への道 (1976年)』が海賊版であるなどとは知るよしもなく、難解ではあるものの含蓄を含んだブルース・リーの言葉に感動したものです。
私が入手したのは、1976年版とは表紙が異なるバージョンで、ハードカバーではありませんでした。その後、職場の先輩からハードカバーバージョン(私が持っているソフトカバーと表紙は同じでした)を譲り受けたこともあって、私が高校時代に入手した書き込みだらけのものは友人にプレゼントしてしまいました。

その後、この『秘伝截拳道への道 (1976年)』は「たのみこむ」のサイトで復刻され、私はこの復刻バージョンも入手しています。これはおそらく現存する書籍からコピーし直したものではないかと思われ、写真などの品質は残念ながら今ひとつでしたね。

比較的最近になって、”TAO OF JEET KUNE DO“は版元の許可をとった正式な日本語版が発表されました。

こちらは日本語訳も正確でわかりやすいですね。
ただ、『秘伝截拳道への道 (1976年)』は私が最初に手にしたブルースの本格的な哲学書・技術書でしたし、原著にはない珍しい写真がかなり掲載されていましたので、すごく思い入れはあるんですよね…。海賊版を支持するわけではないのですが、截拳道をジークンドーではなく、「せっけんどう」と呼んでいるあたりに妙な懐かしさを感じてしまいます。