アスリートのためのコアトレ―100のエクササイズ12の処方箋

その昔、空手をやっていた私が中国武術の練習を始めるようになったころのこと。中国武術の先生や先輩方は私の関節や筋肉が固いことを盛んに指摘してきました。180度近く開脚できて、なおかつ上半身を床につけることができる私の関節や筋肉が「固い?」。
「力が入りすぎているんですよ。」
「力を抜きなさい。」
「力が抜けないと、筋肉の(使い方の)再学習ができないから。」
この先生と武術に出会ってから、私は体に対する認識が大きく変わったわけですが、本日この書籍を読んでそのときのことを思い出しました。
当時の私は、その中国武術の最初の型を練習することで、「脱力」を進めました。もちろん、それまで練習していた空手にもそういう鍛錬法はあったのですが、中国武術のほうは「先人の感覚」を「自分の体に再現」するための指導法がもっと体系化されていて具体的だったと思います。
この武術の基本型はきわめて高度なディファレンシャル・リラクセーションを実現するものでした。ディファレンシャル・リラクセーションとは、必要な筋肉がその動作を行うために最低限の努力で働き、それ以外の筋肉はギリギリまでリラックスしているような状態のことです。
ただ、このような練習を行ったとしても、中心軸を作る脊柱を重力から解放することは困難です。私自身、脊柱の状態については理想的な状態を保っているとはいえず、さまざまな方法を試行錯誤中なのです。

そういった難問を解決する一つの手段が、この書籍に紹介された一連のプログラムです。
「コア」の基礎知識から「コア・リセット」の実践。その後の筋の「再教育」。さらに、各スポーツ向けのコアトレのプログラム処方が紹介されています。
「コア」というと、ずっと昔からいろいろなことが言われ続けていますが、非常に漠然として曖昧です。しかし、この書籍では著者の有吉先生なりのコアを(というふうに、きちんとことわっていらっしゃるところがすばらしいと思う)、非常に具体的に、解剖学的な基礎知識も含めて解説されているのです。個々の筋肉にふれたものは多いのですが、よく見ると、それらの筋肉の連携についてまで言及されているではありませんか。ちまたにはさまざまな身体運動の本があり、私も大変参考にしてはいるのですが、あまりにも曖昧すぎてどうにでも解釈ができるため、煮え切らない気持ちになることが多々あります。しかし、この書籍は一般の人やアスリートに対する情報の「透明度」が高いと思います。つまり、「客観的に再現できる形」で伝わる、ということです。

私が特に興味を持ったのは、コアの「リセット」(本来あるべき姿に戻す)の部分です。この方法で紹介されているストレッチポールを使うなら、確かに脊柱を重力から解放できることでしょう。私が、空手や中国武術を習っていた当時にこの方法を知っていたら、おそらく脱力と筋の使い方の再学習効果はずっと高まっていたと私は思います。

有吉先生の書籍については、さらに読んでみたいと思いました。

誰でもたちまち130キロが打てる武術打法

イヤホン、親指シフトの紹介が続いてきたので、ここらで運動系の書籍に戻しましょう。
こちらは、最近はやりの「武術の動きをスポーツに生かそう」というテーマの書籍です。このテーマの書籍は結構難しいものが多く、「本当に応用できるの?」と疑ったままで終わることも多いのですが、この書籍はずばり、その意識の仕方と動作の仕方そのものが紹介されています。ほかの書籍のように「なぜ、そうなるのか」という解説が主ではないんですね。ですから、そこに紹介されている「コツ」をすぐに試すことができます。実際に体を動かしてみると、以外にあっさりできる、という人も多いのではないでしょうか? もちろん、それが本当に競技(この書籍では野球のバッティング)に役立つか、ということは野球の専門家ではない私には断言できません。しかし、たとえば空手などの武道に応用するのであれば、この書籍に紹介されたコツは、これから武術というものを習得していくのに非常に有益だと私は思います。
全部を試したわけではありませんが、私がもともと理解していたコツと一致するものもかなり含まれます。こういったコツを改めてわかりやすく言葉で表現している点は評価できますね。

ただ、この書籍に出てくる、このような方法が「科学的だ」という主張については、まだちょっと違和感があります。この表現は宇城先生の技術・技能表現に対する著者の感想だと思いますが、この方法が客観的に再現可能な方法として認められると判断して、このような表現をしたのでしょう。しかし、このようなコツは人によってかなりばらつきがあります。
もっと基本的なことでいえば、この書籍は野球のバッティングをテーマにしていますが、バッティングには長い年月を経て確立された技術が存在します。それらの技術とこの武術打法に乖離があり、武術打法より従来のバッティング技術のほうが成績を上げられる、というようなことがあれば(私はその可能性のほうが高いと思っているのですが)、そうなると武術打法は科学というより、意見というレベルになってしまうと思います。

FNCバランスコンディショニング―Sports & Fitness

これまでボール(バルーン)に特化した書籍をいくつか紹介してきましたが、そのバルーンを表紙に持ってきたこの書籍はその中でも最も完成度が高いものといえると思います。
もちろん、書籍のタイトルが示すとおり、ボールだけに特化されたものではなくさまざまな器具を使って身体バランスを高めていくための理論と種目の行い方、そして目的別のプログラムを紹介しています。
ただ、たとえばボールですが、実際にボールを使い始めるとき、基底面と身体重心、体軸を作り上げていくイメージを伝えてあげれば(ちょっと飛躍はしますが、高岡英夫先生の「センター」とか「丹田」とかのつくりかたみたいな)、もう少しおもしろみが増すのかな、と感じました。実際、ボールに座って力を抜くだけでも、あるいはそのまま軽く上下に振動させるだけでも、今まで見えなかった体の中の感覚とか、その意識とかに気づかされることがあります。正しく行ったときにどんな感じがするのか、たとえばいつ、いかなる時でも安定しているような心地よさとか、天井から頭頂部をつり上げられているような感覚とか。

この書籍で紹介されているソフトギムは、関連書籍や講習会などで知ってはいるのですが、実はまだ使ったことがありません。今後、取り回しのよいこのボールを使ったエクササイズ・プログラムを考えてみようと思っています。

本当のナンバ 常歩(なみあし)

陸上の末次選手の活躍で「ナンバ」という言葉がはやりだしたころに購入した一冊です。ただ、その「ナンバ」の解釈というのが正直なところ私には受け入れられないでいました。
というのは、身体運動学などを少しでも勉強されたことがある人ならお分かりになるのではないかと思いますが、多くの書籍に書かれている「ナンバ」をその書籍の解説だけで実際に再現しようとしたらそれは不自然極まりないものになるからです。それが本当に有益で、現代のスポーツ選手の合理的な「歩き方」に取って代わるものであるのなら、身体運動学的な観点からももっと優れているんだ、ということを明確にすべきだったと思います。現代ウォーキングの理論に伴うフォームから解釈すれば、人間の足になぜ縦横のアーチがあるのかという体の構造に納得することができます。しかし、「昔の人間は(きっと)やっていた(はず)」というレベルでの「ナンバ」理論からはそのような関連性は浮かび上がりません。実際、2カ月ほどは常に練習してみましたが、体調が崩れるのが先でした(笑)。

そこで目に留まったのが「本当のナンバ」と銘打ったこの本でした。果たして「ナンバ」という言葉自体が、「工夫のある歩き方」に適用されていいものか、という疑問はありますが、別に「常歩」(なみあし)という新しい名前で紹介されているところに、著者の自信をかいま見た気がし、また分解写真で木寺先生の分解写真を見て相当期待できるということで購入することにしたのでした。

まず、中心軸と二軸に関する記述は大変興味深く読みました。ただ、私自身はこれほど中心軸感覚と二軸感覚をきっぱり分ける手法には疑問が湧いたのも事実です。私が過去に練習した武術では、ここでいう中心軸という感覚も、二軸という感覚も動作の中で確実に感じ取られるものであり、常にシフトし合う感覚でした。
現代ウォーキングが一軸ということについては、確かに、感覚としては体の中心に縦に走る軸のほうが強く感じられます。しかし、実際の動作中に重心線を下ろしてみると確実にそれが左右にシフトしていることが見て取れると思います。ですから、きっぱり一軸といってしまっていいものかとも思うのです。ただ、著者の紹介する「常歩」は明らかにフォームが異なり、より軸の移動が明確ですから、「一軸」「二軸」と分類してしまったほうが分かりやすいと判断されたのかもしれません。
もちろん、これは「常歩」についての書籍ですから、どうしても従来のフォーム(中心軸感覚)に対する優位性の解説が多くなってしまいます。多分、真っ白な人は「なるほど。すごい」と受け入れられるのかもしれませんが、私などは逆の観点から「その歩き方で足のアーチの構造を活かせるのか」「なぜ私たちの足にアーチがあるのか」というような疑問を持っています(おっと、私の足にはアーチがほとんどなかったりして)。私たちの体は私たちの長年の行動様式にあわせて適応してきたのではないかと。それを変えることにメリットはあるのかと。赤ちゃんが二軸歩行なのはわかっても、大人とは体型も大きく異なるし、骨格もまるで別物です。赤ちゃんの骨盤は腸骨、座骨、恥骨が分かれているし、仙骨もまだ仙椎という形で独立しているはず。手根骨や足根骨も。大人と比べてバランス感覚が発達しておらず、転びやすい。これは子供にとって自然な身体操作でも、大人にとって自然なものなのか?
ただし、ウォーキングの本などで紹介されるちょっと大げさな腕の振り方、それに伴う上半身のねじり、踵の踏み出し方、極端な大股を紹介する不自然なフォームを見ていると、それがむしろ体に負担をかけるフォームであると紹介されても仕方がないのかも。

ここまで、理論的な面での疑問点ばかり上げてしまいましたが、よくよく考えたら指導者向きのウォーキング関連の専門の書籍や講習会から得た情報と、一般向けに書かれた読み物を比較するのはアンフェアなのではないかという気もします。
実は、この書籍に登場する小田先生が書かれた専門書『スポーツ選手なら知っておきたい「からだ」のこと』という書籍も所持しているのですが、この中では、「常歩」歩行に対し「通常」歩行ではエネルギーのロスが多い、という証拠となるようなデータも掲示されているのです。この書籍についても、いずれここで紹介させていただくことにしましょう。

また、頭では相当に疑問が残っている部分もあるのですが、感覚的には実は非常に共感できる部分が多くて、この書籍の記述が実際の自分の動きを確認するのに役立った面が多々あります。上記したの軸の移動、その軸を通る胴体部分が脱力して沈み込むような感覚、踵を踏んで拇指球側が「浮くような」感覚と押し出されるような前進、外足感覚など、「言葉ではこう表現するのか」と感心することしきりです。私にはまだまだわかっていないことも多いので、本当にそのことを指しているのか、一致しているのかわからない部分も相当にありますが、自分が過去に練習してきた武道をひもとく上で非常に重宝しています。
もう一つ、短距離選手の練習法とフォームの比較についての解説とデータはとても分かりやすく、とても参考になりました。

ちょっと長くなってしまいましたが、私がどれだけ興味を持ってこの本を読んだかが一目瞭然ですね。

コアビリティトレーニング

「必要だと思っていた筋肉が」「いらなかった」というような表現を見ると、筋量・筋力を増せばパフォーマンスが高まるという古い考え方へのアンチテーゼとなるトレーニング法を紹介したものであることがすぐにわかります。
この書籍が紹介するコアビリティトレーニングは身体操作にとどまらず、トレーニングプログラム全体について紹介したものですが、上記のような理由から今はやりの身体操作法と共通する部分が多く、あえてこのカテゴリに登録してみました。実際、股関節や大腰筋に注目していることも、他の身体操作法やそのトレーニングとコンセプトが似ています。
この書籍に関してはさほど情報量が多いわけではなく、1頁に収められる文字数も少なめで、言葉も平易です。併せてイラストもわかりやすい。プログラムの有効性を証明する例として、河口正史氏のインタビューを掲載して、読者の興味を高めています。
ただ、この方法を書籍の写真と解説だけで実践するのは難しいかも。DVD Videoでも発売されているので、実際の動作を理解したい場合はそちらのほうも併せて利用するとよいでしょう。

動く骨(コツ)—動きが劇的に変わる体幹内操法

最近のスポーツ関連本コーナーを見ると、「身体操作」「動作改善」に関する書籍が山と積まれていますね。
これらについては、私自身は「スポーツ科学の本」ではなく、ブームの渦中で生まれた「読み物」だととらえています。しかし、あまりにもセンセーショナルな扱いをされることで、一般の方々が、それらがあたかも最新のスポーツ科学を示したものであると解釈してしまうのではないかと、ちょっと心配しています。もちろん、これらが示した成果が、最新のスポーツ科学の研究のヒントとなっているケースがあることや、今後のスポーツ科学の発展に役立つ可能性があることは否定しませんが。

閑話休題。

実は、私はまだこの書籍を読了したわけではありません。技術的に細かくて、読み進むのに時間がかかるのです。細かい分、術技の荒さがとれていて、実用のところまで落とし込まれているようにも感じます。
他の書籍では、私たちの顕在意識・潜在意識と姿勢・動作について、あまりにも寓話的であったり、抽象的であったりする場合が多いです。解剖図のようなものがあったとしても、通常の解剖学や身体運動学では出てこないような用語やイメージ図だったりするので、それが単なる想像の産物なのか、いろいろなところで再現性があることが確認されたデータなのかもわからない。普通は、後者であるとは考えにくいですよね?

この書籍が述べている「体幹内操法」は骨格、骨格筋などの物理的な構造と個々の働きをふまえた上で、体の構造意識を結びつけて動作を改善できる、という手法を使っています。その構造モデルも実在する関節と結びついていますので、私のような立場の人間からもかなりイメージしやすい方法だと思います。各関節の動きを示す解剖図も豊富なので、その動きが骨格や骨格筋をどう使うものなのか、ということについては、他の方法の追随を許さないものになっていると考えます。ただし、それが正解かということについては、私にはわかりません。

現状はいろいろな研究者が、あまり横方向にリンクすることもなく自分の方法として発表している段階に過ぎず、どれが「人間」にとって正しい方法なのか、それとも適性があってそれぞれ大きく異なる処方が必要なのか、というようなこともはっきりしていません。ただ、どの方法も「人間」の機能を高めるために研究されているものであることは間違いないと思います。いくつかの「流派」に分かれることは仕方がないとして、横のつながりから芯のようなものが見えてくることを期待してしまいます。

運動科学—アスリートのサイエンス

 京大人気講義シリーズと名付けられた一連の書籍の中の一つですが、その名の通り、講義の内容を書籍化した、という体裁を取っています。
 この書籍は通常の運動科学の本の枠を超え、スポーツ科学の最新の知見や研究途上の二軸動作などについても言及されているところで価値を高めています。
 以前、八田先生の『エネルギー代謝を活かしたスポーツトレーニング』をこのコーナーで紹介しましたが、この『運動科学−アスリートのサイエンス』にも八田先生が登場して持論を展開されています。この部分については、私も言いたいことはよくわかるのですが、私は「有酸素運動」という言葉が悪いのではないかと考えています。これが前提にあっての八田先生の主張なのか、それとも本当に「100メートル走とマラソンを一つのカテゴリに含めたいのか」はっきりしません。文面を読む限り後者ではなさそうですが、そうなら新しい運動のタイプの分類法を提示するくらいのことが必要なのでは、と切に感じる次第です。

 さて、著者の小田先生の記述ですが、こちらも大変に示唆に富んでいておもしろいです。いや、おもしろすぎます。二軸理論を中心に置いた「走」の分析は、少年時代に足が遅かった私にとっては大変興味深く読みました。
 私の子供時代の思いはさせたくないと、長男には「走」動作の基本をいろいろと教え込みましたが、この書籍に記述されていた分析もかなり盛り込んでいます。現在小学校5年生の私の息子は50m走を最高7秒6のスピードで走り、現在は学年一の速さを誇っていますが、恥ずかしながらこの記録は私の高校2年生のときくらいの記録ではないかと思います(汗)。もちろん、現在はこの長男より私のほうがはるかに速く50mを駆け抜けられますから、私のほうも高校時代よりずっと速く走れるようになっています。

 ただ、二軸理論については私の理解が浅いのかもしれませんが、それだけで説明するのは少々乱暴な気もしています。一軸と二軸は多分に関係し合うもので、それらは動きの局面において一軸が優位になったり、二軸が優位になったりするものではないかと思うんですね。乳幼児の歩きが二軸なのだそうですが、その乳幼児の歩きは理想なのでしょうか? もう少し研究が進むとよりおもしろい成果を期待できそうです。

ホリスティックコンディショニング〈NO.1〉

「パーソナル・トレーナーズ・バイブル」をさらにグレードアップしたような書籍で、かの書の監修者が著作を行っています。内容がある分、高価ですが。
 ホリスティック=総合的・包括的なアプローチとして、この第1弾では神経-筋のコンディショニングについて詳細に解説しています。
 私は仕事柄PNFの専門書も何冊か所持していますし、講習も受けていますが、この書籍の解説のほうが写真の大きさやまとめ方のうまさからか、ずっとわかりやすく仕上がっていると思います。実際の動きは指導者の動きを直接観察したり、DVDのような動画の教材を見ないとわかりにくいのですが、そういった動きを学習したことがある人が復習をしたり、知らない手法を応用したりするのにはとても役立つことでしょう。
 内容が濃くて、私も全然学習し切れていないのですが、これはシリーズ本となる予定で、2,3,4と続くはず?です。私は早く2を読みたいと実は考えていたりします。以前、健康指導士講習会で受けた松本義光先生の「身体改善法」や、及川雅登先生の「関節ニュートラル整体」のイメージしにくい部分をスポーツ科学的に紹介してくれるのではないかという期待と、相違する点、リンクする点を照らし合わせてみたいという希望があるからです。関節にゆとりを持たせて(配列を正して)、機能を高める、という面では高岡英夫先生の「ゆる体操」とリンクする部分もあるかも。

 これは明らかにトレーナー向けの本ですが、コンディショニングの基礎知識を得たいと考えているスポーツ選手や、トレーナーとのコミュニケーションを高めて、自身のコンディショニングを最適化したいと考えている選手にも役立つ書籍かもしれません。

技アリの身体になる

 数年前から、古武術における身体操作への興味が高まっているようです。
 その一翼を担ってこられたのが、甲野善紀師範だと思います。師範の著作、関連本などには古武術的な身体操作の方法とその特長が紹介され、現代体育と対比させてみたり、試してみたりすることは私にとっての日課のようなものにもなっています。
 しかし、正直な感想を述べさせていただくと、それらの書籍の記述は私を含めた一般人には表現が非常に曖昧な感じがします。たとえば、「ねじらず、うねらず」「井桁崩し」「体を割る」「膝を抜く」と言われて、パッとイメージがわくでしょうか? このような表現では、概念的なことはつかめても、そこから具体的なイメージや練習法を導き出して実践できる人はほんの一握りだと思います。
 ここでおすすめなのが、この書籍です。甲野師範の弟子である中島章夫氏が稽古会のために作成したテキストなどをもとに、甲野師範の書籍の何冊かの本の著者、田中聡氏がまとめたものですが、基本的な予備体操から一人稽古の方法まで、平易なイラスト入りで紹介されています。
 武術を解説する書籍だと、通常は「相手がこう突いてきたら、こうよけて、こう返す」みたいな分解写真を掲載しているのが常ですが、それを武術として活かすためには、どういうからだの使い方をしてそれを実現しているか、ということが大切です。そうでなければ、そのような動きはとうてい不可能ですから。私たちが自然に得てきた体の操作法では、自分を全力で倒そうとする相手に対して、分解写真のような動きでそれをさばけるとは、とても考えられません。
 この書籍ではそういった分解写真に至る前の、もっと基礎の「体の使い方」を段階的に錬っていける一つのカリキュラムが提案されています。すべての種目がこの書籍だけで理解できるとはいいませんが、練習によっては書籍で意図された感覚を味わうことも可能だと思います。
 また、そういった感覚は本来試行錯誤しながら理解していくものですから、段階によっても感覚は変わるでしょうし、またその過程=進歩を楽しんでいくこともできると思います。

 あとは、私の経験からの注意点を。新しい運動法を試すときは、できる限り本に書いてある説明・図解を再現できるようにすることです。私の場合、仕事柄いろんな動きをいろんな形に試してみることで、調子がよくなるどころか逆に悪くなる、という体験もたくさんしています。やっていて極端に不快な感じ、たとえば頭痛や吐き気がしてくるような場合はどこか間違っているはず。そのような場合はその種目の採用をやめるか、解説本を見直して、何が間違っているかを確認する必要があるでしょう。一番よいのは、実際に指導されている練習場を訪ねてみることですが。

動体姿勢—STRENGTH & CONDITIONING

 個別の筋肉の状態と姿勢の関連が非常に分かりやすく解説されている書籍です。
 似たような働きをする筋肉のうち、その姿勢に強く関与しているのはどの筋肉なのか、というようなレベルになると、複数のページを照らし合わせて研究する必要があり、明確な回答が得られるとは限りませんが、非常に参考になります。
 この書籍は極真会館館長の松井章圭氏、ドクター・オブ・カイロプラクティックの山根悟氏の共著となっていますが、その関係で空手の実技との照らし合わせが非常に興味深い内容となっています。松井館長の非常に美しい姿勢には感銘を覚えます。

 筋肉と姿勢の関連、空手のフォームという組み合わせが私にとってはとても魅力的な書籍であるため、なぜか2冊所持しています。