Rizeにも慣れてきました

Rizeの設定を詰めながら走ること3日目。おそらくこのバイクにも慣れ始めたのでしょう。Prophetとの微妙な違いも感じられるようになってきました。パーツを流用しているので、純粋にフレームの違い、といってもいいのですが、一番違うかな、と思うのは旋回性能かな…? 思えばSサイズのときもそうでしたが、Prophetより旋回性能が高い気がします。前後の長さが明らかに短くなること、ヘッドチューブの角度からすれば妥当かもしれません。

Cannondale Rize 1 Carbon 2009
Cannondale Rize 1 Carbon 2009

またヘッドチューブが立っている割には下りも怖く感じません。Rize 2009のヘッドチューブ角は68.5度ですが、これはLefty Max 130 PBRを装着する想定だったからだと思います。RZ 2010においては、Lefty Max 140 PBRの装着が前提だったからと思いますが、ヘッドチューブ角は68.0度となっています。私のRize 1 2009も、Lefty Max 140 XLRで組みましたので、おそらく68度くらいと思われます。急な下りでもFRポジションのProphet号とさほど差を感じないのは、そんな事情もあるのかもしれません。

また、車重が少し軽いようであり、その分舗装路や平地の走りは軽くなったような気がします。段差でリアサスの余裕が残せるのも、Prophetより有利な点かもしれません。Prophetも初期セットのManitou Swingerならまた違うのかもしれませんが。

さて、今日は久々にNikon D600TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD A010Nの組み合わせになります。

フルサイズの300mmは
フルサイズの300mmは(トリミング済み)

APS-Cの300mmだと、35mm換算450-480mmということで、もう少し寄れるのですが、さすがにフルサイズの300mmだとまだまだ遠い感じがします。

怖い
怖い(トリミング済み)

今日はカワセミちゃんの怖い顔が撮れたので載せてみました。ほぼ同じコンディションで撮っても、Nikon D600TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD A010NのほうがCanon EOS 7D Mark II + 各種レンズよりきれいな色で撮れる印象がありますね。

今日のカワセミちゃんはJudge-Sさん、Mさん、Trail-Sさんの3人で見守りましたよ。

止まりものは
止まりものは(トリミング済み)

止まりものはNikon D600TAMRON 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD A010Nではかなり遠いものの、ギリギリ撮れる感じでしょうか。ただ、動き出すとすぐにピントが迷い始めます。どの写真をみても、色はやはり D600TAMRONのほうがキレイです。

フレームの白もD600 + Tamronのほうが自然かも
フレームの白もD600 + Tamronのほうが自然かも

こちらは陽当たりもあるんですけど、白フレームについてはキレイに表現できているように見えます。黒い模様との間に少しだけ偽色が発生していたので、Lightroomで除去してみました。Capture NX-Dも試してみたんですけど、まだ使い方が今一つよく分からないです。Rize 1 2009も、D600TAMRONを使えばキレイに撮れるかも。

ムクドリ
ムクドリ(トリミング済み)

ムクドリはもう少し寄れそうだったのですけど、ムクドリの近くのベンチには他の方もいたので、後ろからこっそりと。

ツグミは人なつこい?
ツグミは人なつこい?

このツグミは人なつこいというか、逃げませんね。むしろ、カメラを構えたら向こうからこちらに向かって近づいて来たくらい。

向こうからぴょんぴょんと寄ってきたあと
向こうからぴょんぴょんと寄ってきたあと

近づいて来てくれたのはいいですが、保護色でほとんど見えませんね(苦笑。

オナガの水浴び
オナガの水浴び(トリミング)

Judge-Sさんがオナガが水浴びをしているのを見つけてくれたので、ちょっと遠いですけど撮影を試みました。さすがに遠いですね…。

久々にアオサギらしき個体も
久々にアオサギらしき個体も(トリミング)

久々にアオサギらしき個体も見かけたのですが、やはり遠い。この左側にはダイサギもいました。

公園内ショップ
公園内ショップ

池を挟んで武蔵野園さんの反対側にあるお店。一度次男と訪ねたことがあるんですが、閉店時間ギリギリとのことで諦めたことがあります。テラスりばぁさいどと言うんですね。

今日も一日楽しいポタリングでした
今日も一日楽しいポタリングでした

望遠側が足りないこともあると思い、コンデジも持っていったんですけど出番はなかったです(存在を忘れていた)。D600用に長いレンズがほしい…いやいや、そこはCanon EOS 7D Mark IIで!

“Rizeにも慣れてきました” への2件の返信

  1. こんばんは。
    最近、自前のMTB写真を撮って無いので・・コチラで楽しんでおります(笑。
    どれもバシッと決められているので、見応えありますよ。やはり、フルサイズ機はイイな…。
    思ったほど白飛びもしていないようですし、D600とTAMRONの組み合わせは良いみたいですねぇ。
    現像ソフトやモニターにもよるので、一概には言えませんが…自前のiMACだと綺麗ですよ。
    (反面、Win機だとあっさり気味になるようですが…)

    カワセミ君の捕食シーン=うーん、可愛いだけじゃ無かったか・・。
    やはり、野生の凄みがあったんですねぇ! ちょっと怖いくらいで、迫力あるなぁ…。
    ソチラのつぐみん、エラくカメラ目線がイイなぁ〜(苦笑。羨ましい…)
    地面だと、完全に迷彩服ですな。老眼’Sにはちょっとツラいシーンですよ。
    オナガは初見ですねぇ・・綺麗なブルーですが、団体さんですか。凄い・・。
    色々楽しめて、良い公園だなぁ。う〜ん、私も色々と開拓せねば・・。

    1. おっと。sadaさん。激速コメ、ありがとうございます!
      写真にはちょっと難しいフレームですが、D600だと多少余裕があるように感じました。Tamronについては余り調べずに決めたのですが、昨日某評価サイトの書き込みを見たら、高倍率としてはかなり評判がいいレンズなんですね。望遠端はF11にすると最強らしいのですが、さすがにカワセミポイントでは使えない絞りです。
      そういえばあまりWin機では確認していませんね。彩度もほぼカメラにおまかせなのですが、現像で少し考えた方がいいのかな? 今度Win機でも見てみます。

      カワセミは、エビとかは枝などに打ち付けて気絶させたりするみたいですね。この写真が捉えた瞬間もそういうシーンだったのかなあ?
      最近は、つぐみんがお気に入りです。目が大きくてかわいいし、なぜかギリギリまで逃げないでいてくれるのが嬉しかったりします。今日もランナーさんが近くを通過するまではじっとしていたし。
      オナガは私も初めて見ました。明日は悪天候かもしれないけど、まだいてくれるかなあ…? APS-Cの7D Mk IIだったらもう少し寄れたのかと思うとちょっと惜しまれます。

コメントは受け付けていません。