【退役】Scott Ransom 40 (2007) Mサイズ

Scott Ransom 40 吊しの状態
Scott Ransom 40 吊しの状態

常設コースでのProphetに一時期不満を持っていた私は、先輩ライダーに相談して、世田谷のMTBショップを紹介していただきました。このときは、常設コースようにダウンヒルバイクが欲しい、と思っていました。

ショップで紹介していただいたのは、セール品のターナーのDHフレーム。リアサスがFOX Racing Shox DHX5.0 Airに換装されていて、リアハブ付き。ショップオーナーさんが「これなら先輩ライダーにおいて行かれることもないと思いますヨ」と背中を押します。このときは臨時収入の50万円を上限としていたのですが、このフレームですべてを組むと軽くそれを超えそうな感じでした。

そこで先輩ライダーが「こんなのもあるよ」と指さしたのがScott Ransom 40でした。さっきから気になってはいたのですが、Prophetと同じオールマウンテンというジャンルに類されるバイクです。見ないようにしていたのに、一気に欲しくなってしまいました。私はその前年モデルのカーボンのほうに興味があったのですが、先輩ライダーが「すぐ壊しちゃうよ」というので、Alloy 6061のRansom 40購入と相成りました。まあ、これだとDH用途以外にも使えそうですね。

このバイクを受け取ったのが2006年12月24日。クリスマスイブでしたね。自分へのクリスマス・プレゼントというところでしょうか。

ほぼ買ったままの仕様で高峰山でシェイクダウンしたのですが、路面状況が悪かったこともあり、フォークに泥が詰まってアウターの内側が傷だらけです。リアも泥詰まりしてブレーキになってしまい後輪が完全にロック。激坂すら下れなくなりました。

2度目、天気がいいときに高峰山に持ち込んだときにも、ちょっといまいちな感じです。特にフロントフォークが…。その後フォークをFOX FORX 36 TALAS R(2008)に変更して、とあるレース会場を試走してみたところ、なんとすばらしいことか。余裕を持って下りを楽しむことができました。

FOX FORX TALAS RC
FOX FORX TALAS R (2008)

その後富士見パノラマにも持ち込みましたが、Prophet号が苦戦したCコースの下りを余裕を持って先輩ライダーについて行けるようになりました。八海山の、メロンのような石がゴロゴロしている斜度30度の斜面もこれなら比較的安定して下りることができ、ダウンヒルバイクのJudge号に迫るダウンヒル性能に感心したものです。さすがに富士見Aコースの後半部分は少し辛いような気がしましたけどね。

しかし、その後Judge号を購入したことで、ダウンヒルだとJudgeのほうが性能が高いし、その後フォークの交換で復活したProphet号がRansom号に迫る下り性能を見せるようになってくると、Ransom号の存在が宙に浮き始めます。

2009年の野沢ダウンヒルマラソンに、最強バイクのProphet号を友人に貸した関係で私はこのRansom号で出場しました。タイヤチョイスには苦労をしましたけど、下りだけで言えばこのバイクは非常に安定していたと思います。軽量化は図ったのですが、上りはかなり辛かったですね。12kgを割るProphet号に対して、Ransomは14kg以上ありましたので。Ransom号で大きな活動をしたのは、これが最後となりました。

私のうちが山の中にあって、倉庫とかを持っていれば確実に「ビッグマウンテン系」として所持しておきたいアイテムでしたが、最終的にはMTBerの先輩経由で私の手元を離れました。

Scott Ransom 40 最後の姿
Scott Ransom 40 最後の姿
フレーム Scott Ransom Concept monocoque 6061 D.B. Alloy 6061 D.B. swingarm IDS Interchangeable Dropout 165mm rear travel
フォーク Marzocchi AllMountain 4 160mm travel / coil spring /air adj. 20mm Axle / Red. Adj. → FOX FORX 36 VAN R 160mm 2006
リアショック Scott Equalizer TC LO-TC-AT / Traction mode IRV intelligent rebound valve Power stabilizer on-off reb. Adj. / remote control
ヘッドセット FSA Nr. 9
リアディレーラー SRAM X-O
フロントディレーラー Shimano Deore 530
シフター SRAM X9 / Shimano LX Rapidfire Plus 2 w/gear indicator
ブレーキ Avid Juicy 3 203/F and 185/R mm rotor
クランクセット Truvativ Firex 2.0 AM Giga X Pipe 36×24 T / alloy quard
チェーンガイド Blackspire Stinger / ISCG
ボトムブラケット Truvativ GXP
ハンドルバー Scott EC Pro 7075 Alloy / 26mm rise / 670mm → EASTON Monkey Lite XC CNT Low Riser Bar
ステム Scott EC 8° rize / 31.8mm
ペダル Shimano PD-M424 Clipless pedal → その時々の気分で変更します
シートポスト Scott RC 03-06 → Crankbrothers Joplin 4 (その時々の気分で変更します)
シート fi’zi:k GOBI XM CARBON BRAIDED RAIL 199G → Scott Ransom (その時々の気分で変更します)
ハブ フロント Scott EC / 20mm thru axle
ハブ リア Shimano 525 Disc black
チェーン Shimano XTR
カセット SRAM PG-990, 11-34
スポーク DT Swiss black
リム Sun S.O.S P1 Disc 28mm wide / eyelets
タイヤ KENDA BLUE GROOVE 2.35 → Schwalbe Nobby Nic 2.25 (フィールドによって変更します)